彼に大切にしてもらうには?

彼に大切にしてもらえない!!

そんなお気持ちを抱えていらっしゃるあなたに向けたアメブロ記事、「恋愛テクニック」。今日アメブロでアップした記事をこちらのブログでもご紹介しますね!

XXX

私が彼にLINEをしても、1週間放置は当たり前。

デートも当日ドタキャンなんてよくあることだし。

でも私、彼のことが大好きだから、文句を言いたい気持ちを我慢して、彼に合わせてきた。

でも、どんなに合わせても彼は私を大切にしてくれないし、とても邪険にされている気がして、悲しい。

どうして私は大切にしてもらえないんだろう?

どうしたら大切にしてもらえるの?

目次

男性は罪悪感を無意識に回避する

何度も過去のブログに書いていますが、男性は罪悪感を感じやすい特徴があります。

(女性は無価値感。どうせ私なんか、や、こんな私は愛されない、を感じやすいです)

元々男性は「役に立ちたい気持ち」があるのですね。

しかもそれは「男だからこそ、役に立てること」で役に立ちたいのです。

私には2人の23歳と18歳の息子がいます。

2、3年前に家族で旅行に行った時には、重たいスーツケースを私がガラガラと引いていようものなら、

「ほらママは持たない!かして!」

と絶対に荷物を持たせないようにしてくれていました。

でもね、普段の生活では

「ママー、ご飯まだ?」

「あ、部屋掃除しといてー」

なんですよ。そこは役に立とうとはしないんだ?とツッコミたくなりました。

話が脱線しましたが、つまり、男性は男性性の力で大切な女性を守りたい、という意識が強い反面、守れない罪悪感を抱えやすいということ。

自分の力で彼女が守れていない、という状況では、「力及ばずでごめんなさい」という罪悪感を感じてしまうのですね。

でも「力及ばずごめんなさい」という気持ち、男性が感じたいと思います?

ノンノン、ですよね。

なぜなら「守れない、役に立てない無能さ」を感じちゃうから。

だから罪悪感を無意識に感じないよう、罪悪感を感じさせるものから距離を取ろうとします。

なんでも耐え忍ぶあなたを見て、感じることとは?

もしもあなたが「彼は全然私を大切にしてくれない」と悲しい気持ちを感じているとしたならば。

もしかしたらあなた自身が、「あなたを大切にしていない」可能性が高いということです。

何度もデートをすっぽかされてもなお、あなたはその彼と関係性をそのまま続けようとするならば。

苦しい状況にそのままい続けさせることを強いているのは、紛れもなくあなた、なわけです。

ちょっと厳しいこと、言っちゃっていますよね、私。

でも、そうなんじゃないかな、と私は思うのです。

デートドタキャンされても、文句を言わず我慢している。

あなたが勇気を出して送ったLINEを放置されても、我慢している。

自分の行為が誰かに我慢を強いている、という状況。

この状況は、男性は無意識に罪悪感を感じ、だからこそ罪悪感を感じさせるあなたに関わらないように、

LINE放置

デートドタキャン

につながっている可能性があるかも、なのです。

その状況は、女性から見たら男性に対して

「自分が悪い、と思うならあなたの行動自体を改めなさいよ!!」

と思うかもしれません。

私だったら、そう思っちゃいかねないから。

でも、この状況を歯を食いしばって耐えて我慢して受け入れてきたのは、あなた自身なのかもしれません。

特に、いつも似たようなパートナーシップの状態を繰り返すとしたら、「私が私を大切にしていないのかも、、?」という見方を取り入れることは、状況を変えるヒントになります。

あなたの気持ちを伝えることは、ワガママではない

子供の頃、欲しいおもちゃがあったとします。

「お母さん、XXのおもちゃが欲しい!」と伝えると、「わがまま言うんじゃありません」とお母さんが言う。

夜寝る時間がやってきた。

でももう少し、ゲームしたい。そんな時。

「あと少しだけゲームしたいんだけど」

お母さんはいいます、「わがまま言わないで」。

わがままとは?を調べると、他人や周囲の都合や事情を考えずに、自分勝手に振る舞ったり発言すること、なのだそう。

子供の頃、そこまで大人の事情って理解していました?

理解してはいなかったけれど、「ワガママね〜」と言われていたこと、もしかしたら多かったんじゃないかと思うのです。

自分の「こうしたい」を伝えることをワガママと感じてしまうことは、実は子供の頃の誤解から来ている可能性が高いのです

我慢すると褒められた子供時代。

だからパートナーシップでも、我慢しちゃうくせって、なかなか抜けないのですよね?

実は彼に大切に扱ってもらうには、あなたがあなたを大切に扱うこと、なのですよ。

嫌なことには「NO」を伝える。

こうして欲しい、を伝える。

我慢は禁物ですよ。

あなたが大切にされるパートナーシップを、手にできますように。

具体的な伝え方はこちらを参考にしてくださいねー。

カウンセリングサービス東京感謝祭2020 

日時:2020年12月19日(土)  12:30〜19:40 (再入室可能)
料金:4,400円  ※申し込み期限は12月18日(金) 15時まで
形式:ZOOMオンラインシステム


私は講演トップバッター、12:40〜13:10での講演です。

タイトルは「あなたの心に太陽を〜幸せに生きるために〜」


>>講演内容はこちら<<

>>お申し込みはこちら<<

画像をクリックすると、特設ページに飛びます

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる