異性間のコミュニケーションで失敗しない方法

彼から最近、ラインがなかなか来ない感じ。
こっちからラインしても、スグに返事が来ない。
きても、
OK
とか、
そっか、とか。
既読スルーも多い。
なんだかそっけない気もする。

もしかしたら 新しい彼女ができたのかな?
もう、私のこと興味なくなっちゃったのかな~?

「ラインしてよ!」
って送ってもいいのかな? 
それとも「重たい」と思われるかな?と、なんか躊躇しちゃう。
嫌われたらどうしよう?と怖いしな。2016-11-08_093909

~~~~~~~~~~~~~

恋愛あるある、ですよね~。
こうなると不安で不安で、もう、ラインで
「お願い、返事頂戴~!」

って送りたくなる気持ちもわかるわかる。

でも、なんでそんなにラインメッセージが欲しいのでしょうか?

え?ラインがくると安心する?
なんで安心するの?

え?とりあえず私のこと、思ってくれているかなって確認できるから。
その瞬間繋がっている~と思えるから。
ほぉ~、なるほど。

じゃあ、彼の心を確認したくなるのはなんで?
え?どう彼が私のこと好きかどうか不安だから?
だからラインがくると、とりあえず安心する?

ふむふむ、なるほど。

じゃあラインが来ないと、
誰かの事が好きになっちゃったんじゃないか?と不安でたまらなくなっちゃうってこと?

だってそれだけ、彼が好きだから。
だからラインがくると
「あ~、愛されているんだ~」と安心できる。

ってことかな?

(うんうんって頷いている)

じゃあ、そうメールしてみたらいいのに。

ラインだとずらずら文章が長ーくなるから読みにくい。
こういう気持ちを伝えるのはメールの方が良いかもね。

「ラインしてよ!」

っとメッセージ送っても、

「今ランチ中」
とか
「今帰りの電車~」
なんてラインもらっても、ちぃ~っともうれしくないんじゃないかな?

それより、
「あなたがどう思っているから不安だから
だからラインがくると、とりあえず安心するの。

でもラインが来ないと、
誰かの事が好きになっちゃったんじゃないか?って不安でたまらなくなっちゃうの。

だってそれだけ、あなたが好きなんだよね。
ほんと、悔しいけれど私、やっぱり好きなんだよねぇ~♡
だからラインがくると
「あ~、愛されているんだ~」と安心できるの。

ライン、もし時間が出来たら送ってもらってもいい?
そのメッセージで、私、安心できるんだよ。
元気が出てきて、何でもできちゃう感じ☆」

と、あなたがどう思うか、をメインに伝えてみる。

この「感情を伝える」というコミュニケーションは、実はちょっと怖い気持ちが
出てくるかと思います。

こんなこと言っちゃって、それでも拒絶されたらどうしよう?

って思ってしまうでしょうし。もう拒否られたら、立ち直れない!と
怖くなりますよね。

感情を伝えることは、心の一番柔らかい所をさらけ出す感じがして、
とても負けた感覚になるのですよね~。

でもね、感情を伝えると、相手の感情も動きやすいのですよ。

一番欲しいのは、彼からのラインじゃなくて、
彼からの愛なんじゃないかな。

その愛を感じたいから、ラインというツールで連絡が欲しいわけで・・。

でも、きっとラインが来てもまた次の日には
「本当に彼は私のこと、好き?」
って不安になっちゃうんじゃないかな、と思うのですがどうでしょうか。

だから、あなたに一番必要なのは
「自信」だよね。
「自信をつけること」がきっと何よりも必要なことだと思う。

その自信の付け方は色々あるけれど、
例えば「彼はあなたのどこに魅力を感じたと思う?
30個書いてみましょうかね?」
なんて課題を出したりします。

あなたの魅力を沢山掘り起こしていくと、自信をつけること、できるけれど、
もっとほかのやり方を試してみたいとしたら、
カウンセリングも使ってみてくださいね。

あなたの自信、つけるのは今じゃないですか?
最強のパートナーシップを作ること、全力でバックアップしますよ☆

==== 

予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

直近の面談カウンセリングは以下の時間が予約可能です。

11月11日(金)    19時~
11月12日(土)    16時~   19時~
11月13日(日)    10時~   13時~   16時~   19時~
11月16日(水)    10時~  

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる