男女の喧嘩を避ける方法【アメブロ「大人の恋愛術」より】

男女の喧嘩はなぜ起こるのか?
それは「考え方が全く違う」のに、

こう思うだろう
こうしてくれるだろう

という期待をしてしまい、それが見事に裏切られて
怒りの感情がでてくるから、なのですね。

隔週金曜日のアメブロ、大人の恋愛術の記事です。
 1238124039578[1]

紅葉  紅葉

ある夫婦の会話。

女性「ねぇ、今度のとも君のお誕生会、幼稚園の
  お友達をよんでやる予定なんだけれど、
  ケーキ焼いたリ、お持ち帰りのパーティバックを
  用意したり、もう本当に大変なのよぉ~!」

パパ「だったらケーキは店で注文したらいいじゃない。
  外で頼んでも味は同じでしょ?」

女性「自分で作ることに意味があるのよ!
  ママの気持ちがこもっているでしょう?
  なんでわからないのよ!(怒)」

パパ「だったら愚痴るなよ。
  君が好きでやっているんだろう?
  自己満足じゃないか?」

女性「なんですって?
  そもそも、私がどれだけママ友との付き合い、
  頑張っているか知ってる?

  とも君のために、私がどれだけ我慢してママ友と
  うまくやろうとしているのか、
  あなたに何がわかるのよ?」

パパ「それは君の仕事だろう?
  何かい?俺がとものママ友とうまくやれっていうの?
  そんなこと無理だし、第一もしも仲良くなんかしたら、
  今度は浮気だ不倫だって、どうせ君は騒ぐんだろ?」

女性「なんなのよ!その言い方!
  もういいっ!」
  (泣きながら寝室にこもる)

紅葉  紅葉

あちゃぁ~、ですね。

私も、心理学を学ぶ前までは、
よくこの手の言い争い、したことがありました。

でも今は、ほぼゼロ!です。
なぜか?

それは男性と女性は「違うもの」と
理解しているからです。

なぜ、男女ってけんかやすれ違いが多く起こるのでしょうか?

 

それは、自分だったらこうするのに、
なんでできないの?

なんで自分が期待することをやってくれないの?

と「期待が裏切られる」から
心に怒りが生まれるのですよね。

でも、男性と女性は「同じ人間」という解釈から

「人間という生きものの分類だけれど、
 猫と犬くらい違う。
 同じ4足歩行の哺乳類だけれどね。」

という解釈に変えた方が良いですよ☆

女性はプロセスを大事にします。

だから

息子のとも君のお誕生会の心を込めた手作りケーキを
作ったり、パーティバックを準備した過程(プロセス)を

ねぎらって評価してほしい!!

ママ友との仲も、一生懸命頑張っている!
そこを認めて!

というニーズ(欲求)があったのですよね。

なので、

「ケーキ作り、そりゃあ大変だよねぇ。
でも君はよく頑張っているよ。
本当に良いママだと思うよ。
ママ友とも上手くやっているよね。すごいよ。」

と言ってほしかった。

でも、男性である夫は
解決脳であるため、

ケーキを作ることが大変
  ↓
ならば、解決策として「外注にすれば時間も手間も省ける」
  ↓
それを妻に提案してあげよう

と考え、

「だったら店で注文したらどう?」

と提案。

この提案を評価してほしいから

「そうね、あなたの言う通り。
その方が他のことにエネルギーも時間も使えるし、
プロが作るほうがおいしいもんね。

あなたに相談すると、本当に問題が解決できて
頼りになるダーリンだわ~。
ありがとう~」

なんて言葉を、きっと夫は期待していたのでしょう。

でも、「でも私の大変さ、わかってよ!(怒!)」
の気持ちはどうすりゃあいいのさっ?

ですよね。

なので、それを伝えます。

あ、ドスをきかせて、脅しながら
「私の大変さ、わかってよ!」
なんて言わないでくださいね。(笑)

「あなたの言う通り、ケーキを買ってくるのが良い案なのは
納得だよ~。

でもさ、「よくやってるじゃん。
手作りケーキって大変だもんね。」

って言ってもらえると、頑張れるのよ。
女性って共感してほしい生きものだからさぁ~」

と私なら「こうしてほしい」を具体的に伝えるかな。

すると、

「あ、ただ共感してほしいだけなんだ。
そうするとうれしいんだ。」

とわかり、
「へぇ、頑張ってるんだねぇ」

と言ってくれるようになるのではないかな?

と思います。

(実際、わが夫はかなーリ調教されました)

でも、すんなり共感してくれる男性ばかりではありません。
解決策しか対応できない男性も少なからず、いるでしょう。

「ほほぅ~。夫はやっぱり男性なんだなぁ。
いやぁ、同じ人間なのに男女ってやっぱりブログの通り
違うんだなぁ~」

 

と男性心理の知識のストックを増やす。
ママ友との話のネタのする。

というとらえ方ができたらいいかな、と思いますよ。

 

こちらの記事の我が家の「おたふくソースで喧嘩した男女のとらえ方の違い」

の男女あるあるを読まれると

男女の違いって喧嘩にしないで、
ネタにしたらイライラもなくなるかも?

ととらえ方が変わると思いますよ!

 カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

直近の面談カウンセリングは以下の日程が待機枠予定です。
空き時間に関しましては、お電話でお問い合わせください。
11月20日(日)    10時   13時   16時   19時
11月23日(水祝)   13時   16時   19時
11月25日(金)    10時   13時   16時   19時

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる