あなたの「普通」が婚活の邪魔をしてるとしたら?

こんにちは!カウンセリングサービスの沼田みえ子です。
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。

女性のあなたの「普通」にこんなものはありませんか?

普通好きなら、私に会いたいよね。
普通好きなら、毎日LINEするよね。
普通好きなら、ご飯おごるよね。

普通恋愛って、オトコから告白するものだよね?
普通結婚て、オトコからプロポーズするものだよね?

普通「会いたい!」って言ったら、重たい女って思うよね?
男に追わせないと、恋愛は上手くいかないよね?
オンナが追いかけると、オトコは逃げるよね?

男性のあなたの「普通」にこんなものはありませんか?

普通女なら料理は得意だよね。
普通女なら、結婚したら家事するよね。
普通女なら、オトコを立てるよね。
普通女なら、子供好きだよね。

「はーーーい!そう思ってましたー!」という人、いるかな?

2019-06-17_123138


● 普通は、相手の普通ではない!かも!?

クライアントさま
「よく恋愛のカウンセリングで、彼がなかなか「会おう!」と言ってくれない。
でも、私、もっとデートしたいんです。」


「「私、もっと●●君と会いたいなー」とお伝えしていますか?」

クライアント様
「えー!?そんなこと言ったら『重い女』って思われるじゃないですかー?」


「え~!?全部が全部、そうじゃないですよ!言い方は大事ですけれど。
だって好きなら会いたいの、普通でしょ?」

クライアント様
「ですよね、私、変じゃないですよね?」


「全然、変じゃないですよ!」

なんてカウンセリングは本当に多いです。
でも、どこからか「恋愛本」なんかでかじってきたのか、自分流の解釈でマイルールを決めてしまっていることって結構あります。

それで、会いたいのに我慢して言わないようにして、その気持ちがどんどん心の中に溜まってきて、どっかーーーーん!と爆発しちゃう!!

「どーーーーして会ってくれないの!?」
「私の事、どーーでもいいと思ってるんでしょっ!もういいっ!」

なんてね。
で、男性は罪悪感を感じて「僕は彼女を怒らせる存在なんだ」と思い、別れを考えてしまう、、。

と言うパターン、あなたには経験ありませんか?

● 暴走するあなたの普通感

例えば。
「好きなら会いたいのが普通」
とあなたが思っているとしましょう。

そんな時、彼氏が「ごめん、ちょっと今日は会えない」と言ってきたとします。

すると、あなたは
「会いたくない(ここでは会えない、が正しい解釈ですが、多くの方は「会いたくない」と勝手に脳内変換されるケースが多いです)ということは、私の事好きじゃないんだ」
と、決めつけてしまう。

体調が悪いのかもしれないし、仕事が立て込んでいるのかもしれない。

でも、「会えない=私をすきじゃない」と答えを反射的に出してしまう、ってことありませんか。

● 普通は普通じゃない、かも!?と立ち止まる目を意識しよう!

あれ?私、今自動的に「好きじゃないんだ!」って思ったよな?
かれ、そういった?
「ごめん、ちょっと今日は会えない」って言っただけだよね?

そう思えたら、

「どしたー?疲れてるのかなー?ゆっくりできるとイイねー」

と、攻撃的ではない言い方ができると思うのです。

ここ最近、こういった「潜在的に思うことが無意識の行動に繋がって、恋愛を邪魔してしまう」記事を多く挙げていますが、本当にこの「無意識」の思い込みから恋愛を壊してしまう方がカウンセリングで多く見受けられるので、もったいないなーと思うことが多いのです。

(関連記事)
こわ!あなたのパートナーシップが上手くいかないのは、あなたの潜在意識に訳がある!?

恋愛がうまくいかない理由は、、

この思い込みをはずすと、ほんとーーーにパートナーシップは格段に上手くいきますから!

私自身も今、めっちゃおかげさまで夫婦関係は上手くいっているし、クライアント様も幸せ報告を頂いています。⇒お客様の声はこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる