なぜあの時、いつもいつも振られ続けていたのか?

私が若かりし頃のお話なのですが、
付き合う人付き合う人、いつも1年たたないうちに

「彼がほかの女性と付き合いだす」

という状況に陥っていました。

今は、おかげさまで本当に夫婦関係が穏やかで、愛されていると実感できて、
私の愛もちゃんと受け取ってもらえている。
でも、どうしてあの時、1年に満たないうちに振られちゃっていたのか。

考えてみると、今と大きく違うのが
「自己価値の低さ」
「自信のなさ」
でした。

2015-12-11_094352

付き合いだしても
「今回はどんだけもつのかなぁ」
「またスキスキ~~っとなって、重たい女って思われちゃうのかな。
だとしたら、今回はドライな女性を演じきろう」
なんて、色々と計算が 働いていました。

WITHやMOREといった雑誌の恋愛ノウハウのページは、毎月必ずチェックして、

「彼を追いかけさせるにはどうしたらいいか?」

ばかりを考え、電話はこちらからなるべくかけない
とか、
予定をきかれても、即答せず、「予定が決まったら連絡するね」
などと焦らそう作戦を試みたり・・。

ノウハウとしては間違っていなかったけれど、
会いたいのに会いたくない素振りをわざとしたり、 
声を聴きたいのに、「昨日私から電話しちゃったから、ここは我慢して
相手からの電話をまとう」
などと自分の感情を抑えたりしても、
結局一日中彼のことばっかり考えている・・。

そんな状況は本当に苦しかったです。

自分が嫌われないように・・・

そんな「怖れ」からの行動ばかり。

今から思うと、私に必要だったのはただただ
「自信」
だったと今ならわかります。

でも当時は自信なんて全くありませんでした。
事実、毎度振られていたわけですし・・。

だから彼に何でも合わせようとしていたし。
別れる時には
「お願い、もう一度チャンスを頂戴!
悪いところ、直すから!」
なんてよくすがっていました・・・。

自信をつけるにはどうしたらいいのか?

ここが悩み所ですよね。
自信が付けられれば苦労はしない。

私は以前ずっとそう感じていました。
どうすれば自信はつくの?って。

私が恋愛で自信をつけた方法はこれ>>>

本当に、こんな潜在意識を使った怪しいことも大きなきっかけですが、
その後、結婚してから夫婦関係がぎくしゃくして、自分自身がひどく女性として
自信喪失したときには、

「周りの人から魅力を伝えてもらう」

ということで自信を取り戻していきました。

これ、結構パワフルですよ。

カウンセリングサービスの感謝祭では、
「私のいいところどこですか?」
の紙にカウンセラーが思い思いに「その方の魅力」
を書かせていただきますが、
そんなメッセージを読み返すことも大きい効果があると思います。

もしも、自信をつけたいなぁ~と感じたら、
是非ご連絡ください。
たーーくさんの魅力をお伝えいたします☆

===12月カウンセリングのお知らせ===(12月12日(土)更新)

面談カウンセリング

ご予約可能枠は

12月13日(日)  19時
12月18日(金)  10時    16時    19時
12月20日(日)  10時    13時    16時    

の残り7枠のみとなりました。

電話カウンセリング

現在のご予約可能枠は      
12月22日(火)  10時  


の残り枠のみとなりました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる