将来の確約が欲しくなってしまう時【アメブロ「大人の恋愛術」より】

将来の結婚の約束が欲しい。
そう思う女性は多いと思います。

もしも途中で別れちゃったら、
その恋愛は時間の無駄!
大事な時間、労力、返してよ! 
なんて思ってしまうかも?

隔週金曜に執筆中の「大人の恋愛術」。
15日にUPされた記事です。

1238124039578[1]          

  
 

今お付き合い中の彼にきいてみた。
「私達って今付き合っているの?」
「うん、そうなんじゃないかな。」
「じゃあ、将来のことも考えてくれてる?」
「うーん、どうかなぁ?それはちょっと今即答できない。」
「えー、なんで?私、もうすぐ40になるんだよ!」
(まじか、じゃあ今までの時間返してよ!
どうしてくれるのよ?
私をだましてたの?
何なのよ、無責任男!)
そんな悪態もつきたくなります。
男性ももちろんそんな方がおられますが、
女性に多いのが、将来の確約を求める行為。
将来への備えとして貯金率がダントツに多い日本ならでは、
という国民性も大いに関係しているのかもしれませんが、
将来の確約
将来の安定
を求め、
今現在に意識が向いているのではなく、
いつも「その先」を見ている。
しかも、まだ起こってもいない「悪い未来」を予測し、
 
捨てられたらどうしよう
結婚してくれなかったらどうしよう
二股かけられたらどうしよう
そんな恐怖におびえながらお付き合いをしていると、
どう考えても「今の幸せ」を実感できないでしょうし、
恋愛そのものが、
苦行
自分を傷つけるもの
になってしまいがち。
  
前回のブログ
「クレクレ星人」は、自分一人での人生は幸せではない。
彼から、「愛」や「時間」を奪って奪って
「心の空虚感」を埋めてもらおうとする。
という、精神的には「自立できない状態」で
いることがホントに多いです。
私も過去「クレクレ星人」だったので、
彼がまめに連絡をくれないから、私が不幸に感じるじゃん!
せっかくのお休みなのに、私に逢ってくれないから全然ハッピーじゃない!
なんで留守電残したのに、折り返し連絡すぐによこさない?

 

と、彼の行動次第で自分の感情がアップダウンして、
恋愛時の自分の感情は、もはや自分のものではない感じでした。
今を楽しむなんて、とてもじゃないけれどできなくて、
「将来はだめなんじゃないか」
「絶対に別れが来るんじゃないか?」
と、心がいつも不安定。
結婚したらしたで、
なんで週末は遅くまで寝ていられるの?
私は朝から育児なんだよ?
なんで、もっと私に優しくしない?
と、いつも不幸感満載。
「結婚なんかしないほうがよかったんじゃないか」
「なんだか、オンナばっかり我慢だらけじゃんか!」
と、怒り満載でした。
  
今、ブログを書きながら、
「じゃあ、どうして今はこんなにも穏やか~な関係になれたのかなぁ?」
と振り返ってみると、
私が「離婚」を決意した、あの時があったから、
だと思います。
(結局話し合って、夫婦関係再構築に話は流れましたが)
自分の貯金や、
自分の仕事の可能性や、
子供のことや、もろもろを考え、
自分で生きていこうと決意した時、
自分で自分のことは幸せにしよう。
夫からの愛情ではなく、自分で私を幸せにしてあげよう。
そう思った瞬間だったので、その日以降、
私は夫と私の間に「線引き」ができるようになりました。
(この意味は、夫に対して冷めた、というわけではないです。
お互いが個々の人間だと再認識した、という感じです。)
会社に行けば、社員の半数は女性ですし、
ゴルフ仲間にも女性はいるようですし、
例え結婚していても、
将来の確約も安定も、絶対保証ではないと、
自分の経験からもカウンセリングの現場でも実感しています。

 

それよりも大事なのは、
「今」を大事にすること、かなと思うようになりました。
明日のことはわからないけれど、
今日一緒にご飯を食べてくれたこと
今日抱きしめてくれたこと
それに感謝して、
そのことにうれしさを表現することが、
毎日毎日積み重なって、今日が明日につながって行くのかなぁ・・・
と、思えるようになっていきました。
ちょっと、厳しめに聞こえるかもしれませんが
「いつも夫に選んでもらえる自分でいることに、
責任は自分でもとう」
と思っています。
   
結婚してくれるなら、愛しますよ!
時給上げてくれるなら、仕事頑張りますよ!
絶対にプロにしてくれるのなら、練習頑張ります!
こうしてみると逆なんじゃないか?と
わかりやすいかな~と思ったのですが、
今の、日々の相手の愛情を感じるから、
いつの日か「結婚しよう」という衝動に変わるのでしょうし、
現在仕事を頑張る部下だから
「時給を上げよう」
と思ってもらえるのでしょうし、
今、練習を頑張って技術を磨くから、
将来プロとして活躍できる。
私たちは「わからないもの」に怖れを抱いて、
危険回避の本能がありますから、
どうしたって未来は「わからない」から怖れを抱きます。
ただ怖ればかりに意識が向くと、きっと恋愛は苦行になるのではないでしょうか。
苦行は
「苦しい」
「我慢」
「耐える」
なんて言葉がセット商品。
苦行は誰もが避けたいことですから、
苦行と感じる恋愛もぶち壊したくなるのでは?と思います。
恋愛がもしもうまくいかないとき、
こんな心理パターンもあるかもしれませんよ?
という一つの考え方です。
参考にしてもらえたら、嬉しいです。

スケジュールのお知らせ

  電話カウンセリングは1月27日(水)10時から

  1枠のみまだご予約いただけます!
(ご予約いただきありがとうございました)
  私自身が海外在住歴が長いため、
  海外のお客様が多いので電話枠はすぐに埋まってしまいます。
  関東地区の方は是非面談枠をよろしければご利用ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる