【Q&A】恥ずかしがり屋の私は、なかなか行動できません(泣!)

先日の心理学講座「罪悪感と無価値感〜幸せに生きるためにめっちゃ大切な心の仕組み〜」で、ご質問をいくつか頂いておりますので、ブログ上で解説していきますね。

今日が最後のQ&Aとなります。
いつもありがとうございます、カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

私よりも両親が恥ずかしがりで照れ屋なのは理解(自覚)していましたが、講座を聴いていて両方の祖父母も両親の倍、照れ屋で恥ずかしがりなのを気付いたのですが、恥ずかしくて言えなかった、行動できなかった事での無価値感や罪悪感はどう向き合えば良いでしょうか。

目次

何を私たちは隠したいのだろう?

今日のご質問者さんは、秋のお花、コスモスさんです。

コスモスさん、ご質問をありがとうございます。
コスモス家は、歴代「恥ずかしがり屋さん」が受け継がれているのですね。

実はこのような現象は決して珍しいことではなく、心理学的にみていくと「当たり前」だったりします。

DNAの話というよりは、親の子供への接し方が子供の人格形成に影響を与えるので、環境的に「そうなる」と言えるのです。
なのでカウンセリングでは、多くのケースで親子関係の話を伺うのですね。

さてさて。

恥ずかしくて言えなかった、行動できなかった、、というのは恋愛によく見られるシーンですよね。

「恥ずかしさ」を人はなぜ感じるか、というと、「私の中にある隠したい部分を見られたらどうしよう!?」という気持ちがあるからなのです。

隠したい部分というのは、自分が嫌っている部分のこと。

例えばあなたがランチで、ミートソースパスタを食べたとします。

その時、うっかり真っ白なブラウスにパスタを落としちゃいました!

慌てておしぼりで拭き取るも、トマトソースの色は無惨にも残ってしまって、明らかに真っ白なブラウスなので目立っています。

レストランを出た後、あなたは堂々と胸をはって歩けます?

それとも持っている鞄で何気にシミを隠して歩きます?

おそらく多くの方は隠すのではないでしょうか?

だって恥ずかしいから。

「この人、こんなに汚れた服着てて平気ってどんな精神構造してるの?」なんて思われやしないか?

「食事でこんなに汚すなんて、子供みたい」なんてバカにされるかも?

そんな気持ちを感じるかも、ですよね。

つまり、「この私が嫌だと感じる部分を見て、周りは私を受け入れてくれないし、バカにするだろうから隠したい」気持ちが「恥ずかしい」の原点なのです。

こんなに魅力がなくて

可愛くなくて

話も面白くない私が、

大好きなあの人が受け入れてくれるはずがない。

この私の「好き」という気持ちがバレたら、絶対に「はぁ〜!?どの面下げて」って思われるに違いない!!

それくらい自分自身を「ダメなもの」と思い込んでいる度合いだけ、恥ずかしさは大きくなっていきます

自分の魅力を知ろう!

恥ずかしくて言えなかった、行動できなかった事での無価値感や罪悪感はどう向き合えば良いでしょうか。

こんな時、きっと「あぁ、また私、言えなかったぁ〜。もう私のバカバカ〜っ!!」と自分自身を責めちゃうことをしちゃうんじゃないかな。

私も結構自分責め、しちゃいがちなので、やちゃう人のお気持ちはよーーくわかります。

そんな時には、なんでもかんでもまずは「自分はぐはぐ」です。

いやいや、恥ずかしかったんだもんねぇ。
彼はそれだけ素敵なんだし。

ドキドキしちゃうよね。
わかる!わかるよーっ!!

そんな感じで、まずは恥ずかしがり屋の自分を「自分で自分をハグ」して受け入れてあげることからスタートです。

自分責めをしていた私も、今では「しゃーない、しゃーない。人間だもん、恥ずかしい〜っ!だから言えなーい!ってなるよね。」って開きなおることがだいぶ増えてきました。

でも、やっぱり実際に行動できたり、自分の言葉で伝えられる方が、人生を前に進めるには大切なことではあるのです。

じゃあどうしたら良いのか?

先ほどもお伝えしまいたが、「隠したい自分」がいるから、恥ずかしい気持ちを感じます。

でも、「自分が良いもの」だと感じられたら。

「隠したい」よりも「見せたい」に変わると思いませんか?

私、ひどい音痴なのでカラオケでは基本、盛り上げ役に徹し、絶対に歌わないのですが。(音痴な私を隠したいのです)

歌が上手な人って、バンバンみんなの前で歌いますよね?

だって自分の歌を聞いて欲しいから。(歌が上手い私を見せたいから)

歌があんなに上手かったら、さぞかし楽しいんだろうなぁ〜って、いつも私はタンバリン片手に羨ましい目で眺めておりました。(タンバリンは盛り上げ役必須アイテムです)

つまり、どれだけ自分は良いものだと思えるようになるか、がカギです。

そんなこと言ったって、こんな私良いところなんかないですー、なんて言いたくなっちゃいます??

「自分がいいものだ、と思えていたら、罪悪感と無価値感の心理学講座なんかに出席しないよ!」なんて言われそう、、(滝汗)

私、沢山の方とカウンセリングなどで関わらせて頂いていますが、本当に魅力がない人ってゼロ!ですよ、ゼロ!!

コスモスさんはもちろんのこと、このブログを読んでくださっているあなたにも必ず魅力はあります。

仲の良い人に「ねぇねぇ、私の良いところってどこかな。あなたの魅力もお伝えするね!」とLINEなどすると、自分の魅力いも知れるし、きっときっと繋がりも深まるかもしれませんよ!

心理学を学んでいる仲間がいたら、もっといいかも。心理学を学んでいる人たちは、魅力を伝え合うことが大好きですから。

もしも身近にいらっしゃらなければ、ぜひカウンセリングも使ってみてくださいね。
私たちカウンセラーが、じゃんじゃんお伝えしますから。

コスモスさん、素敵なご質問をどうもありがとうございました。
これからも応援していますね!

以下の記事もご参考までに。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる