あなたの当たり前の魅力を知ろう!

今日、面談カウンセリングに向かう電車の中のこと。

ちょっとイケメンの栗色の髪の毛の
青い目の男性が、電車に座っていました。
スマホで英語がびっしり書かれた画面を見ていたので、英語圏の方かな?と思います。
2016-06-19_083422

長男は生まれたのは香港でアジアでしたが、1歳でドイツに引っ越し、
12歳までドイツ、ロシア、イギリスとずーーーとヨーロッパで過ごしました。

全部白人の国。
そしてマイノリティのアジア人。
そして4か国を12歳まで転勤ばっかりでしたので、帰国子女という立場ですが、
英語がなかなか苦手ちゃんでした。
すべて生活言語がドイツ語、ロシア語、英語とバラバラだったからです。

10歳を過ぎる頃、イギリス人は、本当に男女ともに大人っぽくなります。
だからこそ、長男は自分がアジア人で、見た感じもイギリス人のクラスメイトにコンプレックスを感じ、英語もネイティブのように話せない自分にずっと劣等感を感じ、
自分はダメな人間なんだ、、、と思っていたようです。

先の電車のイケメン西洋人男性。
ずっと長男が憧れていた男性像。自分が欲しかった身体を持ち、言葉を話す。

でももしもこのイケメン西洋人が、ずーーーーっと欧米にいたら。
見渡す限り、同じような栗色の髪の毛で青い目の英語を話す人間ばかり。
でも自分は学校では成績はいまいち。
家ではパパがアルコール依存症。
ママはいつもイライラしてる。

そんな環境だとしたら。
全然自分はすごいニンゲンだ!なんて思わないでしょう、、。
誰かが憧れる存在だなんて、1ミクロンも思わないだろうな。

英語を話すことも当たり前だし。
白人も当たり前かもしれない。

もちろん、ヨーロッパの国では難民を受け入れている国もあります。
少数である場合もありますが、アジア人、アフリカ系、イスラム系、います。
でも少数派だと思いました。私が住む地域は田舎だったせいもあるかも、、ですが。

自分が当たり前だと感じることには、さしてその魅力には気が付かないものです。

例えば、、
幼稚園のママ友といつもお茶会をするママにとっては、
「結婚できること」は全く意味のないこと、と感じることがあるんじゃないかな。

自分が知る人は、ママ友。
つまり結婚している人ばかり。
その中で、色々とママ友との人間関係に悩むんですよね。

子供がのけ者になっているんじゃ??とか、
子供の小学校受験、または中学受験、どう突破したら!?と心から悩むのです。

婚活で苦労するとか、
結婚できないのでは!?なんて悩む人は、世界にいないと感じるかもしれない。

しかしながら、見方によってはママでいることが、すでに素晴らしいことなんです。
婚活に頑張る方や、妊活に多大なお金を投資する方にとっては、、あこがれの世界かもしれない。

XXXX

あなたにとって当たり前、、ということ。
それは実はすんごいことなんじゃないでしょうか?

あなたが料理できること
あなたに子供がいること
あなたに仕事があること
あなたがエクセル使えること
あなたが車運転できること
あなたが日本語話せること
あなたが歩けること
あなたの目が見えること
あなたが生きていること

大切な人を失った人にとっては
あなたが生きていることだけで、それだけですごいこと、、なんだと思います。

自然災害がいつもとなりあわせな日本。

生きているだけで、素晴らしいはず。

私も次男が心臓疾患で、アメリカで心臓バイパスオペを受けたことがあるから、
生きることの奇跡は、心から実感します。

あなたの当たり前は、実は世間では当たり前ではないかもしれませんよ。
あなたは素晴らしい、、それを知って欲しいですし、カウンセリングで伝えたいなー。

自分を肯定出来ることで、自分の人生思うとおりになるじゃん!!ってなことが多いので。

ほんと自分好きだなー
自分よくやってるしぃ~~

と承認できると、本当に人生変わりますよ。

まずは自分のすげーーとこ、知るところから、ですよ。
そっから人生変えていきましょう!

今日は期末試験で滅多に帰ってこない長男大学生が、珍しく夕飯食べるらしいので
めっちゃ頑張ります~。

カマンベールのしょうゆ漬け、今日のあてになるかな~。

DSC_0088

カマンベールチーズ、お醤油に漬けて1週間。
めちゃウマになるみたいですー。クックパッド先生の教わりましたですよ。

楽しみ!!うきっ!
今日もワイン、家族で飲もうかな。

生ハムもあるし。
今日は居酒屋ちょい飲みメニューになりそう、。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる