【Q&A】年下上司にアドバイスしたら、拒否られた!〜あなたの男性パートナーも同じ気持ちかも〜

先日の心理学講座「罪悪感と無価値感〜幸せに生きるためにめっちゃ大切な心の仕組み〜」で、ご質問をいくつか頂いておりますので、ブログ上で解説していきますね。

いつもありがとうございます。カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

年下の上司に○○したら楽に出来た事があったので、良かったらしてみてくださいって言ったら『もうしとるわ』と投げやりに言われた時はどうフォローしたら良いんですか。

目次

攻撃で反応する人の心理とは

今日のご質問者さんは、ススキさんです。
いつだったか、箱根の仙石原のススキの平原に行った時は、圧巻でした。

秋の景色も紅葉を含め、日本の素敵さを感じますよね。

ススキさん、ご質問をどうもありがとうございます。

ススキさんのせっかくのアドバイスを、投げやりな返事で返されたら、とっても悲しいやら傷つくやら、がっかりやら凹むやら、、ですよね。

お気持ち、お察しいたします。
なんか伝えた自分を拒絶されたような、否定されたような気持ちになっちゃうかな、私だったら。

このように、人のアドバイス(または好意)を受け取れない心理を見て行きましょう。

まずは「年下の上司」という点。
このような方の心情ってどんなものだと思いますか?

部下は年上、人生の先輩連中もいる状況です。

おそらく、「舐められたらいかん」と思うのが普通かと思います。

威厳を保たなきゃ。

ちゃんとしなきゃ。

偉くあらねば。

なんて気持ちになるんじゃないかな、人間の心理として。

つまりこの人の心の中には、「自分のちっぽけさが露呈したらどうしよう」と怖いのかもしれません

例えば、あなたが駅のトイレで3歳の女の子にこう言われたとします。

「あのね、トイレに行ったら手を洗った方が良いんだって!」って。

あなたは3歳の小さな女の子に「知っとるわ!」っと喧嘩腰に言います?

あぁ、お母さんにいつもそう言われているのかな、、って「かわいいなぁ、、はいはい、わかってますよー」と思いながら、微笑ましく「そっかー!あなたはちゃんと手を洗っているんだね。えらいねー!」って返してあげられるんじゃないかな。

だって、明らかに3歳児よりも自分は大人だってわかっているから。

だから余裕を持って対応できるんじゃないかって思うのです。

もしも3歳児相手に「何〜!?誰に向かって口きいてる!?」っとブチ切れるあなたなら、是非一度私がお話を伺いますよ(笑)ストレス溜まっているかもしれませんからね。

つまり、劣等感を感じている人ほど、怒りで応戦してくる事が多いのです。

自分を信頼している人ほど、謙虚に接する事ができるのですよ。

私以前30年くらい前です、CA時代に元巨人軍監督の長嶋茂雄氏とフライトをご一緒した時。

何かを頼むときにも必ず「お手隙の時で良いので、○○お願い出来ますか?」と全く上から目線ではありませんでした。
そして私たちに

「笑顔がいいですね〜」

「いやぁ、持ってきていただいて本当にありがとう」

ととにかく低姿勢なのです。全然偉ぶっていないのです。

本当に自信のある人って、こうなんだ、、と私が20代の時に学んだ一コマです。

ではフォローはどうする?

さぁ、ススキさんのご質問についてです。

「舐められたらいかん!」と頑張る年下上司。
この方は「舐められたくない」と思っているわけです。

だから武装する。「もうしとるわ」という偉ぶる行為によって。

要は敬って欲しいわけです。あなたは上司としてすごいですよ!って。
認めて欲しいわけです、あなたは上司の器がありますよ!って。

ここで、「ハァ〜めんどくせ、この上司」と思ったススキさん。

ですよね、めんどくせ、、、ですよね。

いや、私よりも人間的に出来ているススキさんはそう思わないかな?

だって、「どうフォローしたらいいですか?」と聞いてきてくれるススキさんですから・

私だったら「めんどくせ、」で終わっているかも。この会社に勤めていたら、、。
だからね、ススキさんの「愛」に気が付いてくださいね!

ススキさん、私よりも100倍すごいんだからね!
そこを私は言いたのです!

あなたの大きな愛を思い知ってください。

そしてそれはあなたの才能ですから、これからの人生でも自覚して使っていってくださいね。

で、話を具体的に戻しますね。

以上の心理を踏まえてのフォローとして。

「さすが、XX課長!(XXとしたのは、私はススキさんの方が上司よりも愛が大きく、尊重したいから。○○じゃないぞ!こうすることは私が人間としてススキさんより小さいね、やっぱり、、テヘッススキさん、やっぱりすごい!)

やっぱりやっているんですね!すごーーーい!」

で良いかな。

ここで大事なこと

さっきのトイレの3歳児だったら、私たちは余裕なわけです。
どう見ても、自分の方が経験値も上だと思えるから。

だから否定されても、「はいはい」って受け流せます。

でも、大人の世界だと、ここで「自分が否定された」という無価値感にハマる可能性があるのです。

ススキさん、ここで、「あぁ、私のアドバイスは無意味だった」とへこみませんでしたか?

自分なんかダメな存在、とダメ出ししなかった?

ここでしていたとしたら。

ススキさんがアドバイスしたことは間違っていないのです。

あ、そっか。この人、劣等感を抱えてるんだなー。
だからこんな反応なんだ〜!と思えたら良いけれど。

でも、そこで自分ダメ出しをしたとしたら。
ススキさんの人生を止めちゃうから。

相手に私のアドバイスを受け入れてもらえなかった。

それは事実です。

でもそのことと、ススキさんの思いはまた別のこと。

そのように全体を見る目を持てたら、自分へのダメ出しをしなくて済みますよ。
だってススキさん、今日も一生懸命生きていますよね。

それが大事。
そこを承認することが大事なんですよ。

あなたは今日も懸命に生きたんです。色々な思いを抱えながら生きたんですよ。

私はススキさんの思いが本当に詰まったご質問だと感じました。
これからも、その与えようとする生き方は間違っていないと思います。
でも、それでもどこかで不安に思ったら、是非「大丈夫!」と声をかけさせてくださいね。

ススキさん、ご質問本当にありがとうございました


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

年間有料電話カウンセリング指名本数で、2位を1回3位を4回弊社で表彰された実績を持つ。

目次
閉じる