ツイテいない時の過ごし方

今年も残すところ後3日となりましたね。今日29日から来月1月4日(月)までカウンセリング予約センターはお休みです。

予約センターは1月5日(火)より始まります。

私も今年のカウンセリング活動を全て終え、年末年始は家の掃除などプライベートなことにガッツリ取り組もうかと思っています。

今年、ご縁を持ってくださいましたクライアント様や講演や講座を視聴してくださった方々、またこうしてブログにご訪問してくださる方々にはありがとうの気持ちでいっぱいです。

いつもありがとうございます、カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

目次

どんな人にも人生のバイオリズムはある

この時期になると、来年の運勢が書かれている本やサイトを目にすることもあるのではないでしょうか?

九星気学で見ると、私は五黄土星に属するようなのですが、今年2月までの3年間はどん底の運勢だったようです。

確かに仕事の面では大変なこともありましたが、落ち込んだ気持ちを前向きにしようと始めたフィールサイクル(暗闇バイクフィットネスジム)にめちゃハマり、移動時間やシャワーを浴びたりの時間を含めると、毎日3時間フィールサイクルに費やすくらい、時間とエネルギーを使うことになりました。

まぁ最初はそれくらい、頭の中を「無」にしたい心境だったのかもしれません。

でも今ではそこで毎朝会う仲間との、ささやかなおしゃべりでその日1日の元気をもらったり。

沢山の汗をかいてシャワーを浴びて自転車で帰宅する途中、川沿いを走るのですが、色々な生き物がいることがわかり、家の近くの自然に癒されている毎日。

アオサギも早朝にはよく見かけます
ボラがのんびりと泳いでいたり。

バイオリズムが低迷している時期にも、何か光はないかなぁ、、と見ていくと、ささやかな光かもしれないけれど、真っ暗闇ではないことに気がつかされます。

でも、このささやかな光さえも全く無い気がするからこそ、人はどん底にいるようで、もうどうしたらいいのか途方にくれることもあるんじゃないかと思うのです。

物事の捉え方を変える目を持つことができると、必ず抜けられる

例えば失恋。

結婚を考えていた人に振られてしまうと、もう人生終わった気持ちになることもあるかもしれません。もう、あんなに素晴らしい人には出会えない。もう私には結婚するチャンスは巡ってこない。そんな気持ち。

こんな状況の時にカウンセリングに来られる方は少なくないのですが、この状態から幸せになった方(例えば結婚した方)は少なくないのですよ。

その方々に共通しているのは、

異性の心理を学ぶこと

自分の強みを伸ばすこと(自分の魅力を知って表現すること)

の2つに取り組んだこと。

そんなことに取り組める素晴らしいチャンスと、失恋から次のパートナーに出会う時間を捉えた方達

例えばの話。

職場を人間関係のことでやめざるを得ない状況に追い込まれた方もいました。(この方は講演で話しても良い許可をいただいていますので、このブログで今こうしてご紹介しています)

今までずっとずっと仕事仕事中心で、受験生だった娘さんと夫とこれまでなかなか向き合ってこなかったので、娘さんや夫婦での時間を大事にする時間と捉えることにしました。

この方は家族の絆やありがたみを再認識でき、そしてもっと職場環境の良い仕事に転職ができました。

この休息の時間がなければ、夫婦は今のような良い状況を手にすることができていたかはわかりません。

なのであくまで結果論ですが、この方には「仕事をやめさせられた、そして転職までの休息期間」が必要だったかもしれないのです。あの当時は、本当に悔しい思いをしましたけれども。

でも捉え方を変えると、必ず前に進めるものです。

しかも怒りではなく、感謝を感じながら。

あなたにも問題を切り抜ける力はありますよ。それは確かなことです。

だからこそ、「辛いな」と思う時期をどう過ごすか、どう捉えるかは本当に大切だと私は思っています。

2021年があなたにとって、より幸せに感じる1年となりますように。

「50・60よろこんで!〜いくつになっても素敵なあなたでいる方法教えます〜」

日時:2021年1月30日(土) 13:30~15:30
参加費:3,300円
会場:ZOOM


>>講座の詳細はこちら<<

>>お申し込みはこちら<<

どうしたら50代や60代になってもやりたいことに邁進したり、見た目も年齢よりも若く見れれる状態になるのか?などなど質問大募集!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる