パートナーとうまくいっている女性がしていること

パートナーとうまくいっている女性とうまくいきにくい女性の違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

今日は私の経験やカウンセリングを通して、わかったことをお伝えしていきますね〜。

本日アップされたアメブロ「恋愛テクニック」です。

1238124039578[1]


パートナーとうまくいきやすい女性とは?

パートナーとうまくいきやすい女性とうまくいきにくい女性、一体何が違うのでしょうか?

8年ほどカウンセリングのお仕事をしてきて、また私自身が夫と向き合ってきて、気づいたことがあります。

それは、パートナーに

自己重要感

を満たしてあげているかいないか、ここに差が出てくるなぁと。

前回のアメブロ記事でもお伝えしましたが、男性は大切な人を幸せにしたいと思っています。

喜ばせたいと思っています。

役に立ってあげたいと思っています。

「自分が存在する意味」を知りたい、、そう思うようです。

だから、「あなたの存在はこんなにも意味のあるものなんだよ〜」

「あなたの存在はこんなにもありがたいものなんだよ!」

と、女性のあなたが伝えてあげると、

「僕はここにいていいんだ」

と安心感を感じるようです。

そして、

「僕は役に立っている」

 

と達成感を感じるようですよ。

スクリーンショット 2020-07-15 11.14.41

昔、息子がまだ小学2年生のころ。

一緒にスーパーにお買い物に行った帰り。

あまり重くないポテチや納豆などをちょこっと入れて、スーパーの袋を持ってもらったことがありました。

「ケンケン(息子のこと)がお荷物持ってくれて、ママ、本当〜に大助かりだわ〜」

と伝えると、

「ママ、僕まだ持てるよ。もう1個スーパーの袋持たせて!」

と、ありがたいお申し出が!!

僕はこんなに力があるんだよ!

僕ってすごいよね?

僕はママの役に立てるんだよ!

そんな一生懸命な気持ちに触れた経験がある、特に息子さんを持つお母さんは少なくないんじゃないかな。

一生懸命荷物を家まで運んでくれた息子は、本当に満足した表情でした。

「ケンケン、すごい力持ちだねー。ママ大助かりだよー」

「またいつでも言って!」
と満足そうに買ってきたアイスを食べながら、ドヤ顔で答えた息子の顔は今でもよく覚えています。

男の子は、子供の頃から「お役に立ちたい」という気持ちを持っているのですね。

ワガママ女と思われるんじゃ、、?

以前の私は、彼に何かを頼むと

「ワガママな女だなー」

「迷惑なやつだなー」

と思われるんじゃないか?と怖くて、頼み事ってできなかったのです。

とにかくワガママ言わない、めんどくさくない女、を目指そうとしていました。

でも、、そうすると、我慢が多かったわけです。

お誕生日には、ちょっとお洒落なレストランでお祝いして欲しいな、と思っていても、それを素直に言えず。

結局、ふつーのデートで終っちゃったことがありました。

2019-07-03_112528

私は内心、

「きっと彼はそこまで私のこと、好きじゃないんだ、、」と決めつけてしまい、

「もう、私たち別れた方がいいと思う」なんて、彼の愛情を確かめようとした発言をしてしまい、結果、別れることになっちゃったり。

別の男性とハワイに旅行に行ったことがありましたが、「こんな私と一緒に旅行してくれるなんて申し訳ない」みたいな気持ちから旅行の手配は全部私がやり。

ホテルのポーターさんに渡すチップも、私が渡したり。

現地でレストランの予約もぜーんぶ私がやっていました。

「どう?私って足手まといにならないでしょ?」を示したかったのだと思います。

でも、旅行後言われた言葉は

「一緒にいると、なんか疲れる」という衝撃な言葉!!

役に立てない自分をずっと見せつけられている気がして、疲れたのだそう。

結局、この彼にも振られました。

実は、私は「男性の役に立ちたい願望」を潰しまくっていたのです。

もっと言うと、「あなたは私より出来が悪い」というメッセージを悪気なく伝えていたわけです。

そんなつもりは、私はもちろんなかったのですが。

ワガママとお願いの違いとは?

でも、何かお願いすると、「ワガママで嫌だなー」と思われるんじゃないか?という恐れはなかなか消えにくいかもしれませんね。

2019-06-27_093812

ワガママとお願いの違いは、2つあるかな、と思います。

1つは、あなたが全ての場面で依存になっていないかどうか。

例えば私の夫は夜、「みえぽん、肩揉みしてあげるよ!ここに座って!」と肩揉みをよくしてくれます。(← めっちゃ至福の時間、、)

でもそれは夫のために料理をし(自立)、家の掃除をして夫が生活する環境を整える(自立)ことをしているから、なんじゃないかな、と思います。

特にコロナ禍になって、夫はずっと在宅勤務になったので、家でのご飯ばかりになりましたし。

これが、ご飯も彼が作り、掃除もやり、自分の仕事もやり、その上で、「肩揉んで〜」と私がお願いしたら、それは「ワガママ」になるんじゃないかな?と思うのです。

もう一つは、「やってもらって当然!」とあなたが思っているかどうか。

この気持ちがあると、まず感謝の気持ちは生まれませんから、

「わぁ、嬉しい!助かった!ありがとう〜!」

というセリフは出てこないでしょう。

そして、もし彼がやってくれないと、あなたは不機嫌になるんじゃないかな、、と思うのです。

「なんでやってくれないの?フツーやるでしょ?」

彼を責めるセリフが出てきやすくなります

こうなると、「メンドクセー女」「ワガママ女」のレッテルが貼られがち。

この2つの点に気をつけられたら、大丈夫。

彼に、どんどん「自己重要感」を感じてもらうために、あなたの役に立たせてあげてくださいね。

あなたのもとに素敵なパートナーシップが、1日でも早くやってきますように。ラブラブ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる