女性がもっと豊かになりたければ、、男性がもっと成功したいなら、、

私が国際線のCAをしていたころ。
お給料は結構いい額をもらえていました。時代はバブルでしたし。

なのでアラフォーの先輩CA達は大抵不動産(マンションが多かったです)を自分で買っていましたし、女の私でさえ憧れてしまうくらい、いくつになっても美人で性格もいい方が多かったのです。

が、しかし!!
独身の先輩たちは皆さま「こんなはずではなかった、、」とおっしゃっていました。

仕事では世界中に行け、美味しいものを食べることができ、結構いい収入の仕事についていたのに、です。

女性って仕事の成功だけじゃ、ダメなのかも、、。

やっとあこがれの仕事につけて意気揚々としていた20そこそこの私にとって、衝撃的にその先輩たちの言葉を受け止めていました。

カウンセリングを通しても女性にとって、やはり人生の最重要案件はパートナーシップであることが本当に多いなぁ~と感じます。
もちろん、パートナーシップはいらない!仕事さえあれば!という女性もいらっしゃいます。
その生き方も素晴らしいと思います。

ただ、多くの女性の方は「仕事も確かに大事かもしれないけれど、でもパートナーシップが欲しい!」と思っているのではないでしょうか?

これは私の周りの人を見ていて感じるのですが、女性は小さなことを積み重ねていくことはできるのですが、男性は長く小さなことを積み重ねていく、、というよりは、普段はテキトーにしていて、ここ一番!という時にドカンと爆発力がある気がします。
2018-11-21_163357

どちらが優れている、という話ではなく、何と言いますか、役割が違うんだなぁ、、と思うわけです。で、この役割を上手に使えている人は、パートナーシップを組むことで女性は自分一人で頑張るよりもより豊かさが手に入り。

そして男性は一人で成功に向けて頑張るよりも、誰かに応援されて頼られて、「あなたのおかげで私は幸せだ!」と伝えてくれる人がいる方が、より稼ぐし、成功するように思います。

一人で頑張ると、燃え尽きちゃうんですよね。
だってエネルギーがチャージできないから。
男性は体の構造上でも、生命エネルギーを作り出す臓器は体に中にないんです。
だから女性からチャージされる必要がある。

自分が頑張ることで、誰かが笑顔になって幸せそうに人生を楽しんで、「本当にありがとう☆」と感謝されると、自分の存在価値を実感でき、男性性スイッチががちっ!!と入るんですよ!
この男性性のエネルギーは、成功、稼ぐエネルギーです。

私が知っている男性の成功者達は大抵、家庭が円満、またはパートナーシップが上手くいっている方がほとんどです。

女性性の力が、成功を手に入れるなら必要だな、、と私は実感しています。

それぞれの役割、才能を担う2人が手を組んだら、めちゃ最強だと思いませんか?

私は兄弟が弟2人でオトコしかいませんし、今の家族も夫&息子2人のオトコばかりなんです。
だから、「男性の喜びポイント」や「男性性スイッチの入れ方」「男性のすばらしさ」がよくわかります。

ほんと、男性を味方にできたら女性は最強よ!
私、男性の力のおかげで今本当に幸せだから。

でも男に媚びる必要はない。
女性のあなたが男性より力がないと思う必要はないです。
そこは間違わないで。絶対に媚びないで。犠牲的に尽くさないでね、我慢はしないでね

そして男性たちは、是非女性を味方につけて欲しい。
そうしたら、男性のあなたは成功しますよ。自分の夢に近づけます。

私に関わる男性、皆が現実に見せてくれたから自信をもって言えますよ!

だいじょうぶ、だいじょうぶ、
あなたならできますよ。自信もってね。

↓ 早くも申し込み、続々頂いています! 本当にいつもありがとうございます! 女性として私と一緒に輝こう!! ↓

 沼田みえ子の心理学ワークショップ 

「年齢なんか怖くない!いくつになっても素敵なあなたでいるヒミツ、教えます☆」

日時:2019年1月19日(土) 13:30~15:30
料金:3240円
会場:TKP上野駅前ビジネスセンター(⇒MAP
交通:JR上野駅広小路駅口から徒歩2分、東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅2番、3番出口から徒歩1分。
参加条件:18歳以上の方。ただし2歳未満のお子様に限り同伴可能です。

>>お申し込みフォームはこちら<<
>>講座の詳細はこちら<<

vOrMPkg_clL6iFi1541976647_1541979012

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる