追わせるテク!?【アメブロ「大人の恋愛術」より】

恋に駆け引きは必要?
だって男は追いかけちゃダメ、追わせなきゃって恋愛サイトに
書いてあった。

あ、私のブログも恋愛サイトだ(汗)

隔週金曜日に執筆中の「大人の恋愛術」
29日深夜の記事はこちらです☆1238124039578[1]

   

「恋は駆け引きが必要。
恋愛サイトにそう書いてあったし。
男は追わせてなんぼだって。
だって男は昔々、狩りをして食料を確保していたのでしょう?
その名残で”追うこと”が男の本能らしい。」
なんて声が聞こえてきそう。
フムフム、な~るほど。

皆恋愛に関して勉強熱心だなぁ。すごい!

(本当に皆さますごいです!カウンセリング受けられる方も

下調べしている方が本当に多い!)


 

じゃあ恋の駆け引きって具体的にどんなことをすると思いますか?
  
彼からライン来ないかなぁ。
スマホの画面眺めては、ため息をついてスマホをテーブルの上に戻す。2016-07-28_234355
パソコンに向かって仕事続けるけれど、
スマホが気になって仕方がない。
思い切って私からラインしちゃおうか。
いやいや、ダメダメ。
だって私から追うのはダメなんだもん。
追わせなきゃ。
悶々としながら、仕事を続ける。
すると、スマホが「ぶるっ!」と着信を知らせる。
「きたぁ!」
画面にラインメッセージの表示。
見たい見たい見たい!
いやいやでもでも、すぐに既読にしちゃったら、
「待ってましたぁ!」と言うのがバレバレ。
ここはグッと我慢しなくっちゃ。
でもどれくらい放置したら、彼が「あれ?僕に気がないのかな?」
って焦ってくれるかな?
1時間?2時間?半日?
===その日の夜===
そろそろいいかな。これだけ待たせればやきもきしたかな?
(結局8時間待たせた!)
見てみよう。
え?今度の週末のデートのお誘い?
やったぁ~!
あ、でもほいほい乗ると、私が好きだってばれちゃって、
彼が私との関係に安心されるのもいやだな。
釣った魚にエサはやらないっていうし。
ここは小細工、小細工♪
「ごめん、その日は○○君がご飯でも!って声をかけてくれちゃっているの。
うーん、どうしようかなぁ?」
送信、っと。
あ、既読になった。
きっと「とられちゃう~!」って焦って私を追いかけてくれるに違いない☆
なんて返事来るかなぁ~?
ところが待てど暮らせど返事無し。
どうやら私、また振られたらしい?
  
例えばのお話を書かせてもらいましたが、
こういう恋愛は正直、幸せ感よりも常に「疲れる」気分
なんじゃないかと思うのです。
常にテクニックで追わせることばかりを考えているから。
(実は過去の私なんですよ、コレ!ラインこそありませんでしたが・・・)
じゃあどうして追わせたいのでしょうか?
「惚れたもの負け」
という思い込みがあるのでは?
じゃあなぜ惚れたものは負けなの?
それは、大好きになっちゃうと
連絡が来なかったり
デートに誘っても「その日は無理」と言われたり、
色々なことで、傷つくから、、、ではないでしょうか?
もう傷つきたくない。
絶対に。
だから相手をコントロールしたい。
自分を追いかけさせるために。
ではあなたが思わず追いかけたくなるパートナーって
いったいどんな人?
  
人それぞれ、好みはまちまちだと思うのですが、
少なくとも自分自身をコントロールしてくる人が好きって
あまりいないと思うのです。
男性は
「自分を応援してほしい」
「自分をほめてほしい」
「自分のことを理解してほしい」
「自分のことを大切にしてほしい」
という欲求が心の中にあり、
競争心、リーダーシップ力に影響を与える男性性を伸ばして
くれる女性に惹かれることが多いです。
女性は
「愛されたい」
「守られたい」
「私のこと、わかってほしい」
「私の全部を受け入れて!」
といった欲求が心の中にあります、よね?(あれ?私だけかな?)
もしもあなたが、この欲求を十分満たせて
あげられる人ならば、
きっとお相手は追いかけてくるのではないでしょうか?
たとえ駆け引きをしなくても。
「自分のことを大切にしてほしい」
と欲求のある男性達に、
ラインはわざと放置。
他の男友達とご飯の約束をわざと伝える。
が、自殺的な行為ってわかります?(笑)
私と同じ過ちはしないで欲しいです。

 間もなく東京カウンセラーズフェスタ! 

日時:8/6(土)10:00~18:05
会場三田・機械工具会館
交通:JR田町駅より徒歩7分 / 都営浅草線三田駅より徒歩5分 / 都営三田線三田駅より徒歩7分
料金:¥3,240- (出入り自由のフリーパスです)

 >>>カウンセラーズフェスタお申込みはこちらから<<<

沼田の講演は
11:30 ~12:00  「結婚前まで振られ続け、結婚後にもつまずいた!
じゃあなぜ今ラブラブ世界の住人か?」

お待ちしておりますね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる