旦那様を見る目、偏ってはいませんか?

「うちの夫は全然家事を手伝ってくれない。
「私の旦那は、ゴルフにはどんどん出かけるくせに、家族で出かけてくれない。」
「自分は好きなもの買ってるのに、私には何も買ってこない。」

「○○してくれない!」

というところはすーーぐ目に付くのに、

「○○してくれる!ありがたいわぁ~」

というところはなかなか見つからない。

いつも偏った見方をしてはいませんか?

カウンセラーをしていると、クライアント様の
「才能」や「魅力」など、良いところさがしを常にしていますので、
ありがたいことに「良いところさがし」の癖がついちゃいます。(職業病??)

「あなたがOK!と言ってくれたこのマンション、本当に住み心地がいいよ!
あなたが不動産屋さんに行ってくれたからみつかったんだよね~。」
「あなたがみえぽん、これ買ったら?と言ってくれた紫のスニーカー、おかげで軽くて歩きやすいよ☆」 
「あなたが重いもの持ってくれたから、本当に助かる!」

「もう、あなたと結婚できた私はちょー幸せ!」(≧▽≦)
このセリフを言った時の夫の「ドヤ顔」が面白くってね。 (´▽`)

以前の私は、こんなことを言う人ではありませんでした。
むしろ、毎日毎日文句ばかり。

「またゴルフ?」
「ここかたずけてよ!」
「また帰り遅いの!?」
「いつまで寝てるのよ!」ヽ(#`Д´)ノ

不思議なのですが、心理学を学んでから、
「偏った見方を改めよう」
とチャレンジし、私の言動が変わると、夫もものすごく変わったんですよね~。 

そんな夫との平凡な最近の日常のお話はこちら>> 

上記のブログの痛いスニーカーはこれです。(≡ω≡.)
DSC_0081 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる