誘うことも本当に勇気がいりますよね

私といてもきっとつまらないと思うんです。
私と話しても、きっと退屈しちゃうだろうなぁ。

誘っても楽しい時間をきっと提供できない・・。

そもそも誘っても、断られたらこれまた傷つくし。

だから誘わない。 

誘われなくて傷ついちゃう人も多いとコメントをいただいて、あらためて実感しましたが、
誘うことにも「傷つくこと」ってありますよね。

特に誘って断られた時。

「仲間外れ?って傷ついちゃったとき」へのコメント頂きました。

 よくあります(笑)
私は自分で企画するのが本当に下手で、頑張ってもあまり参加してくれた
人たちは楽しそうでなく、私は上手くいかないのでキレそうになったり、
怒ってしまったり。

誘ってもらえない件については
「興味なさそうに見える」
と言われたことがあり、そうなのかな、と思います。
私といても楽しくない人がほとんどだというのは事実だと思うので、
仕方がないとは思うのですが、「また誘ってもらえなかった」と思って
いちいち傷ついてしまうのがバカみたいです。

 こんにちは。  今日のお話私にとっても旬!です。
今までは→→ 

 ”なんで私誘われないのに自分から誘わないといけないの? 
誘われないのは私が暗くて社交下手だからという理由があるからで、
そんな嫌われる理由のありすぎる私が誘っても 誰も来ないわ! 
お金でも渡したら来るかな??

→ていうか、誘われなくっていいし。一人で淋しさ抱えてる方がいいし!  
と強がりモードに入っていく・・  のが私のなじんだ道やわぁ・・・と思いました。  
こういった昔はなしの「泣いた赤鬼」 みたいな流れが大好きです。 
私のフレンドシップはずたぼろかもしれません。まだ向き合いたくないな・・。 
友達いなくてももう大人やし、平気やもん、って思ってます。

頂いたコメントの内、お二方のコメントをご紹介しました。
コメントを今回も沢山いただきました。

本当にありがとうございます。

もしも「私といても楽しくないって思っている?」
と心配だとしたら・・。

複数の人数に声をかけると、勝手に皆で盛り上がってくれ、
「○○さんの企画した飲み会は楽しかった」
と思ってくれるかもしれないですよね。

誘う、誘われる。

どちらも「人気度」が思い知らされる状況ですが、

誘うから人気が出る。
誘うからその人の心にあなたの印象がよいものとして付いていくように思います。

もちろん、断られることもありますよね。

日程が合わなかったり。
体調が悪かったり。
なんとなく行きたくない時もあるかも。
来るメンバーに苦手な人がいるから。
私が嫌いだから。 

色々な理由があると思うのですが、
どうしても
「私が嫌いだからだ、きっと」

っと思いがちなんですよね、私たちって。

(本当に思い込みが好きなんですよねー、我々は!
それも、悪い方の思い込みだけ

良い方の思い込みって、なーーんでしないのでしょう?)

でも、「声をかけてもらえた」ってみんな嬉しい気持ちはあるのではないかって
思うんです。
「選んでもらえた、という嬉しさ」です。

誘い上手な人って、きっと「断られても凹まない人」なのかもしれませんね。

人間をやっているうえで、どうしても
「誘う、誘われる」
はどの世界でもついて回るもの。
避けては通れない事だと思うのです。

それならば、傷ついたり凹んだり振りまわされないように出来たら、
ホント、楽ですよね。 

それには
「私はどうせつまらない人間」
「どうせ嫌われてる人間」
という所から
「結構自分、いいじゃない??」
「なかなか、私、がんばってるもん。良いところもあるじゃん?」
と思える、自己価値を上げることが、何よりも大事、だと思うんです。 

これ、私も取り組んでいる課題ですけれどね。(汗) 
 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

年間有料電話カウンセリング指名本数で、2位を1回3位を4回弊社で表彰された実績を持つ。

目次
閉じる