自分の未来が不安だ、そんな気持ちになった時

※ 今回のブログはスピっぽいお話も含まれているので、苦手な方は今日のブログはスルーしちゃってくださいね。

例えばのお話。

4年も同棲していた彼と、つい先週別れたとしましょう。
4年もの間お付き合いしていたら、きっと私のことをわかってくれている一番の理解者、と感じていても不思議ではありません。

その喪失感は、計り知れないくらい大きなものではないでしょうか。

しかも4年という時間が無駄になった気がして、その4年分、未来の幸せを手に入れるのに「4年分、遅れを取った!」と絶望的な気持ちになるかもしれません。

いつもありがとうございます、カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

目次

プロセスは完璧、という話

4年間同棲していた彼と別れてしまったタイミングのような、「今、本当に人生大ピンチだよ!!」というタイミングでカウンセリングに来られる方は本当に多いです。

多くの場合、カウンセリングを受けると、色々と知るわけです。

この4年同棲していた彼に、こんな言葉をかければよかったのか、とか。
こんな接し方をすればよかったのか、とか。

男性心理を知り。
あなたの怒りの伝え方を、もっと上手にできる方法を知ったり。

あの時に知りたかったよ〜!!

もっと前に知りたかったよ〜!!

そんな思いを抱くかもしれません。

でも、それは「この、今に知ることに意味がある」というメッセージを受け取ると、物事がうまく回ることが多いと感じます

何か大きなものに守られてる、という”大きなもの”の存在

例えば、結婚相手との出会い。

「結婚する」ということは、双方にそれなりの決意があると思うのです。
この人と、最後まで添い遂げよう、って。
だから多くの人は「結婚相手=真実のパートナー」を求めて、婚活などをすることでしょう。

マッチングアプリをするかもしれない。
何かのセミナーに積極的に参加するかもしれない。
知り合いに「今フリーで、誰か紹介してよ!」って伝えるかもしれない。

でも、出会う偶然性は自分にはコントロールできないな、と私の経験上思うのです。

だからこそ、「宇宙のちから」とか、「神の力」とか、なんと言いますかスピ系っぽくなっちゃうかもしれませんが、
このような力がもしかしたらあるのかも?と思ったり、もしもあるとしたならば、、と興味を持つことは私は悪いことではない気がします。

私の次男の話です。
実際の話をお伝えした方が、真実が伝わるかな?と思うので、リアルなお話でお伝えしますね。

私の場合は、次男が生まれる朝に微弱な陣痛がありました。

その日は変わらず長男をドイツの幼稚園にお腹が痛いながらも送っていきました。
そして、ドイツの幼稚園で言葉で不自由な思いをさせている長男を、少しでもストレスを減らそうと幼稚園が終わった後、近くの湖に遊ばせに行きました。

湖に行ってる時点では、なんとなくお腹が痛いかな?的なレベルでした。

でも、そこでいきなり晴れているのに雨が降ってきました。
お天気雨と言われるものですね。
これが結構な雨だったのですね。

そこで私も長男もずぶ濡れ。
車で家に戻りシャワーを浴びました。

でもその段階で、急激に陣痛が激しくなり、立っていられなくなりました。

近くの日本人の友達の家に電話をすると、ラッキーなことに在宅でした。

陣痛がきて大変なことを伝えると、車で病院に連れて行ってくれることに。

その時点でかなりの痛みに襲われていました。

そして病院に到着して45分後には、次男が生まれていました。

ものすごいスピード出産。

もしもあの時雨が降らなければ。
私は誰もいない湖で次男を産んでいたのかもしれません。
激しい陣痛を感じながらの車の運転は、流石に無理ですから。

まだ携帯が今のように普及している時代では無かったので、私は当時、携帯を持っていませんでした。
19年前の一昨日が、まさにその日でした。

あぁ、この子は何かに守られているのかも、、。
そんな気がしました。

そこから、私はことあるごとに次男にこんな言葉をかけていました。

アメリカで心臓の手術の時、手術室に向かう時も「大丈夫、あなたは守られているから。」

中学編入受験の時も、選択の余地がなく、1校のみの受験でしたが、「大丈夫、あなたは守られているから。」

合格率5%の大学受験の時も、「大丈夫、あなたは守られているから。」

いつもその言葉を聞くと、次男は心から安心し、そして「僕は絶対に大丈夫」と勇気が湧いてくるのだそう。
そして実際に、彼は自分の望む現実を手に入れてきています。

未来を信頼する、してもらう

先ほどの4年間お付き合いした彼と別れてしまった時。
もうこの先、幸せなんかないのでは?っと不安になっちゃうと思うのです。

「私なんか守られていないから、こんなことが起こったんだ!」と思ってしまうかもしれません。

だからなかなか自分の未来なんか、信頼できないのも「そうだよね。なかなか信頼できなくなっちゃうよね」と、そのお気持ちはとってもわかります。

でもね、人の心の力ってすごいんですよ。

誰かに「あなたなら大丈夫。できると思うよ。」と何度も何度も言ってもらえると、「もしかしたらそうかも、、」と心は思えてくるのです。

「あなたは守られているよ」「だから大丈夫!」

そんな言葉をかけられると、「大きなもの」の存在をないものとせず、意識がそちらに向いてくるんじゃないかと思うのです。

するとね、人は行動するのですよ。
幸せに向かって。意識的にも、無意識的にも行動します。

そして全く根拠はないのですが、どういうわけか、現実があなたの見方になってくれるような事象が起こったりする。

私はカウンセラーになって、いろいろなクライアント様に関わらせて頂いて、「本当に心の力ってすごいなー」と思わされることが多いのです。

次男が生まれる前までは、そういう「見えない世界」のような非科学的なことは、私は全く信じないタチでした。

だから占いは、全くというくらい信じない人間でした。

でも、カウンセラーになって、心の世界って不思議なことも多く、プロセスを信頼することって大切なんだな〜と思い知らされました。

だからこのブログを読んでくれるあなたに声を大にして言いますね。

「あなたは大丈夫!」
「あなたは守られていますよ!」
「だからあなたのプロセスを信頼してくださいね」

あなたの望む幸せが、どうかどうかあなたの世界にやってきますように。

こちらの記事でも、きっと元気が湧いてきますよ♡
よかったら読んでみてください。元気は幸せになるために、本当に大事!!

沼田みえ子のONLINE恋愛心理学講座
「男性性・女性性を味方につけて恋愛を成功させる」


日時:2021/6/13(日)19:00~20:50

料金:一般 4,400円
神戸メンタルサービス会員 3,300円


申し込み締め切り:2021/6/12(土)15時

>>講座概要はこちら<<

>>お申し込みはこちら<<


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる