重たい女を卒業したい!

私は彼ができると、いつも24時間ずっと彼のことが頭から離れなくなる。

いつもいつも「彼、どうしているかなぁ」と考えちゃう。

だからいつも会いたい気持ちを感じちゃうし。

毎日声を聞きたくなる。

でも、こんな気持ちを彼に伝えちゃうと「重たい女」って思われて、嫌われちゃう気がして怖くて伝えられないでいる。

前に付き合っていた彼にも言われたことがある。

「会いたい、会いたいばかり言われると、本当に重いんだよね」って。

それが原因で別れちゃたし。

重い女って思われたくないんだけれど、でも会いたくてたまらない気持ちもある。

ぐるぐる考える毎日、もううんざり!

もう、本当にこんな自分が自分で嫌になる!!

重たい女、卒業したい!!

XX

こんな思いを抱えている女性、いませんか?

いつもありがとうございます、カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

目次

パートナーに会いたくなるのは当たり前!

恋愛って、相手に興味を持って好きになって始まるものだと思うのです。

だから会えたら嬉しいし、一緒に笑い合えたら楽しいし、抱きしめられたら愛されているなーってドキドキするし、そして安心もします。

だからデートが終わってバイバイしたら、また声聞きたくなるし、また早くあの「嬉しい!楽しい!愛されてる〜!」を感じたくなりますよね。

息子2人にもカノジョがいますが、カノジョが「会いたい」とか「声聞きたい」と言ってきてくれたら純粋に嬉しいそうです。

「自分のこと、好いてくれているんだな、」「必要としてくれているんだな」、って実感できるから、だそう。

だから「会いたい」「寂しい」という感情自体は重くはないのです。

でも、ここで嫌われたくないから我慢しなきゃ!

私が追いかけているって思われたくないから、言わないでおこう!

などと我慢したり、駆け引きしたり、犠牲をしたりすると、多くの場合「要求」がくっついて来ちゃいます。

この場合の要求とは、

「言わなくても、私の本当の気持ちを察して欲しい」

「私と同じように”会いたい”って思って欲しい」

というものです。

でも、多くの場合、これらの「欲しい」は満たされることはありません。察するなんて、エスパーじゃないし、、無理ですよねぇ。

でも私たちって、これをついついやっちゃうのです。「察して欲しい!」「私と同じをあなたも感じて欲しい!」って感情をぶつけたくなっちゃう。

いやー、私は昔よくやっていましたわぁ。

で、要求が満たされなければ、「不満」が溜まっていきます。

「なんで会ってくれないの?」

「私の寂しさがわからないの?」

「あなたは私に会いたくないの?」

これらが

「会ってよ!」

「声聞かせてよ!」

「私の気持ち、わかりなさいよ!」

に変わっていき、「不満の混ざった要求」になるのです。

この「不満の混ざった要求」が、相手に「おもっ!」と感じさせるわけです。

あなたの純粋な「会いたい」「寂しい」「声聞きたい」が、「重たい」わけではありません。

この「不満の混ざった要求」が重いのだと、しっかり理解をしてくださいね。

あなたの感情を重くしないワザ

でも、「会いたい」「声聞きたい」「寂しい」「うぎゃー」という気持ちはなくならないわけで、この気持ちをどう調理したら良いのやら、、に私たち女性は悩むわけです。

先ほど、

”我慢したり、駆け引きしたり、犠牲をしたりすると、多くの場合「要求」がくっついて来ちゃいます。”

とお伝えしました。

我慢や犠牲 ←→ 素直

そう、我慢や犠牲の反対、素直にまず変換することが大事。

犠牲や我慢に、重たいと思われる諸悪の根源「要求」がくっついて来るわけなので、まずは「要求」を外すことが大事なのですね。

「なんでこんなに私、不安でいっぱいなんだろう?」

    ↓

「そっか、会いたいのに会えていないからだ」

    ↓

「なんでこんなに会いたいって思うんだろう?」

    ↓

「会っていると楽しいし、嬉しい気持ちでいっぱいになるし、幸せな感覚で満たされるからだな」

    ↓

「なんで幸せな気持ちで満たされるんだろう?」

    ↓

「そっか、彼のことが大好きだからだなぁ」

一番下の「そっか、彼のことが大好きだからだなぁ」に行き着いた時、もう「要求」まみれじゃなく、ピッカピッカのあなたの「愛」そのものの感情に出会うわけです。

「要求」ではなく、この「愛」をくっつけて、相手に伝えることができたら、「おもっ!」と思われる確率は限りなくゼロに近づけますよ。

要求じゃなく、お願い

さぁ、最後の仕上げ。

あなたの「会いたい」「声を聞きたい」の気持ちを彼に「重い」と思われずに、どう届けるか?

ここで大事になってくるのは、「私は」「私が」を主語に持ってくる、アイメッセージです。

「あなた」を主語に持ってくると、大抵、

「あなたがXXしてくれないから!」と不満をぶつけることになったり

「あなたがXXしなさいよ!」と命令になってしまうことが多いのです。

だからこそ、このアイメッセージが大事になってきます。

例えば、、、

✅「私はあなたのことが大好きなんだ。だから会いたい気持ちがムクムク出てきちゃう。どこかで会える時間作ってもらえると嬉しいんだけれどな」

✅「私、あなたと一緒にいると安心感でいっぱいになるの。だって好きだから。だから忙しいかもしれないけれど、ちょっとでも会えたら嬉しいんだけど」

✅「あなたが大好きだから、声聞くと元気が出る!ちょっとだけ声聞きたいってお願いしてもいい?」

もちろんすぐに彼が反応するとも限りません、残念ながら。

「あー、寂しがらせちゃってるな、俺」

「全然時間作れてなくてごめん」

のように、罪悪感にハマりやすいですから、男性って。

だからその分、「責められてる?」って感じやすいのですよ。

でも、何度でも根気よく伝えていくうちに、「責められているわけではない」と理解してくれる、、と信じましょう!

相手がどう捉えるか、は最後は相手が決めること。

私たちには、相手の全ての心を把握できませんし、それこそコントロールが入ってしまい、相手に「うざっ!」「おもっ!」という感情を引出しかねませんから。

自分の気持ちを押し付けず、ただ伝える。

ここが難しいけれど、でも大事なポイント。

あなたの気持ちはあなたのもの。相手の気持ちは相手のものですから。

「わかってよ!」とあなたの気持ちを押し付けることは、「不満の混ざった要求」になってしまいます。

ここを理解できると、本当に大人のパートナーシップが育めるようになりますよ。

私も今でも修行中!

一緒に成長していきましょうね♡

↓本音を言えず、ついつい強がっちゃうあなたに是非読んで欲しい関連記事!

↓ もう一つ「重たい女」シリーズ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる