妻「『今日はご飯いらない』と連絡してよ!」~人は愛したい生き物なのですね~

※今回も沼田家のブラックミエポンが登場するお話です~!

あ~、仕事で帰宅が遅くなっちゃった。
急いで夕飯の買い物しなくっちゃ!

もう20時近いし、今から作る時間はないからお刺身盛り合わせを買っていこう。
お刺身がメインになるからちょっと多めに買っていく。

お野菜ゆでて、とりあえず白和えを作る。
後はお味噌汁。お漬物にお刺身。
よし、これで何とか形になった!

しかし待てど暮らせど連絡なし。
次男と2人で先に夕飯をすます。

するとかなり遅くに夫と長男がばらばらに帰宅する。
「ごめーん、ご飯外で済ませてきちゃった」という2人。

「なんでもっと早く言えない?お刺身は鮮度が大事なのに!
もっと早くいってくれたら、2人前のお刺身で済んだのに!4人分買っちゃったよ!もうっ!」

とこんなやり取りがあったのが先々週。

そしてこの前の週末。

土曜日の仕事を終えて急いで帰宅。
またしても夕飯を速攻で作らねばならない時間。

よし、今日はハンバーグとパエリアだ!週末だし、ワインに合う料理にしよう。

っと張り切って作ったけれど、ゴルフから一向に帰宅しない夫と、
バイトなのか、どこに行っているのかわからない長男。

またしても次男と2人で夕飯を食べていると、なんだか涙が出てきてしまいました。

次男「ママ!?どうしたの?」
私 「なんかさ、みんなママが嫌いなのかな?」
次男「なんでそうなるの?皆それだけ外で友達がいたり、活躍してるってことじゃん。」
私 「時間がない中一生懸命作ったのに、誰もママのお料理食べてくれない、、」

その日は一人でグイグイワインを飲み、早くにふて寝、、。

ベッドで横になった直後、夫が帰宅。
「ごめん、遅くなった。ゴルフの後皆で食べて帰ろうということに、、。
あれ?ママは?」と次男にきいているのが聞こえてくる。

もう知らんわ、、。と私はそのまま寝てしまいました。

翌日日曜も朝早くから仕事だったので、早朝から洗濯物を干していると次男が起きてきました。
「ママ、手伝うよ」というありがたい申し出。

きっと私が昨夜ふて寝をしたのを気にしてくれているのでしょう。
(子供って親をよく見ていますねぇ、、)

急いで洗濯物干して家を出ました。電車内で携帯を見ると、
長男からは昨夜23時半ごろに「友達の家に泊まるから」とラインが入っていました。
「連絡遅いし(怒!)」と思いながら「ちっ!夕飯の前に送って欲しいのに!」とこころの中で小さく舌打ち。(笑)

お昼には、「ハンバーグ完食!」とラインが。
InkedScreenshot_2018-03-27-08-18-17_LI

きっと次男が昨夜私が泣いてふて寝をしたことを、夫と長男に伝えたのでしょう。
「ママのご飯、食べてあげなよ!」っと。

こんなやり取りで、「あ~、ご飯という私の『愛』を受け取ってもらえないことに私悲しいんだなぁ~」と再実感しました。

そして夫は「愛を受け取ったよ!」と伝えたかったのでしょう。
私は「何をいまさら!遅いっ!」と怒りのラインを打ちそうになるのをこらえ、
イエーイ!!というスタンプをとりあえず押すのが精いっぱい。

その日は日付が変わる頃に私は仕事から帰ったのですが、皆がまだ起きていて、「ママ、お帰り~!」
とリビングでお出迎えしてくれました。

きっと私を気にかけてくれていたのでしょう。
「今日のお昼に食べたハンバーグとパエリア、あっという間に完食だったよ!本当にみえぽんの料理はおいしいよ!」とわざわざ伝えてくれました。

よっぽど次男が「ママが落ち込んでいた!」と長男と夫に声を大にして伝えてくれたみたいです。

本当はここで「そういってくれると、嬉しいわ~!(≧▽≦)」と言えたら完璧なのでしょうが、
あぁ~、私はカウンセラーである前に、器の小さい女性になっちゃっていたのか、

「あ、そっ!もう私、今後はご飯作らないし!」とツンツンして言放ってしまいました(◎_◎;)
(きゃー、言ってもうた、、と心の声)
ブラックミエポン、登場です。

そうは言っても、昨日の月曜も今朝の火曜もちゃんとご飯を作りましたけれどねぇ、、(笑)
(昨夜は長男も夫もめちゃめちゃ帰宅が早かったです。男性は罪悪感を感じやすいと言いますが、
ほんとですね。)

私たちは「愛されない事よりも、愛を受け取ってもらえない事」に悲しみを感じやすいと言われています。

それほど愛したいのが人間なのでしょうね。
あなたが愛したい人は誰でしょうか?
その人を、どう愛してあげたいでしょうか?

どうすればあなたの愛はうまく伝わるのか、(ノウハウ)
それを素直に表現する心をどう作るか、(自己肯定感を育てる)
そして何よりもそのあなたの愛に、自分がどう繋がるか、、。(心の在り方)

カウンセリングで扱うのはそこなのですよ。

いずれにしてもあなたの中には、与えたいほど『愛』をいっぱい持っている、という事実があるということですね。

===
※おかげさまで5/20開催のコラボワークショップは1部2部共に満席となりました。沢山の方のお申込み、本当にありがとうございました。2か月ほど先の講座ですのでキャンセルが出る可能性があります。ご興味のある方は是非キャンセル待ちにお申込みをしてみてくださいね。

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART2  
「オトコが惹きつけられるオンナが持っている2つの要素を教えます!」

2018-03-05_164503

第1部「オトコがずっと一緒にいたいと思うオンナになるための4時間
日時: 2018/5/20(日) 13:30~17:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:5400円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介

>>講座の詳細はこちら<<
>>キャンセル待ちフォームはこちら<<

第2部「オトコがドキッ!とするオンナになるための2時間」

日時: 2018/5/20(日) 18:30~20:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:3240円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介

>>講座の詳細はこちら<<
>>キャンセル待ちフォームはこちら<<

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる