今までの恋愛、いつも彼が距離をとる~本当の私を表現できない怖れとは?~

今まで付き合ってきた彼氏達。
最初はマメに連絡もくれる。だけど、決まって彼の方から距離を開けだす。

前回の彼には「君が何を考えているのか、よくわからなかった。」と言われた。
正直、私もそんな時には「本当に私、この彼が好きなのかどうか、よくわからない」という心境だったのは事実。

私、この先結婚できるのかな?

こんにちは!カウンセリングサービスの沼田みえ子です。
今日もブログを読んで頂き、ありがとうございます。

● 心が無意識に禁止してしまうこと

私達の心は、過去にダメージを受けると、同じ痛みを感じないように「その時の行動を避ける」ということをします。

例えば、

お母さんがヒステリックでいつも怒っていた。
だから怒られにように、常に顔色をうかがってしまって、なかなか行動に移せない、とか。

お父さんがとても威圧的だったり、暴力的だったりすると、男性と無意識に親しくならないように行動をしてしまったり。

2019-04-02_094818

本人は「考えて行動」しているわけではなく、「知らないうちにそうしている」ことがほとんどなので、自覚することはなかなか出来ていないことが多いです。

● 本当の気持ちを伝えられないので、彼が距離をとる!?

あるクライアント様の例で解説しますね。(掲載許可を頂いてお伝えします)

30代前半のA子さんは、大手電機メーカーに勤める背の高い女性。
先月までお付き合いしていた彼から「君は本心を語ってくれなかったよね。いつも壁を感じていた」と言われ、彼からさよならをいわれてしまいました。

思い返せば、いつも似たようなことを言われて恋が終わってしまったと言います。

僕を信頼してくれていない気がした
本心を話さない
何を考えているのか、よくわからない
僕の事、本当に好きだったのか?

そんなことをいつも別れるときに告げられていたと。

お話を伺っていく中、確かに私も「なんだか本質を語ってくれていないなー。これが歴代の彼氏たちが感じていた感情かなー?」と感じていました。

時系列で出来事についてはちゃんと話してくれているのですが、A子さんがどう感じたのか、そこが今ひとつしっくり感じられない、と言いますか。何だかつかみどころがない気が私はずっとしていました。

こういう感覚を私自身が感じると、「なんか、引っかかるなー」とついつい引っかかりを掘っていきたくなるのです。私のここ掘れわんわんセンサー、が働くのですね~(笑)

2019-07-09_115003

お話を伺っていくと、A子さんは小さいころ、とっても元気のいい女の子だったとわかりました。
楽しくなると、家の中を走り回ったり、ソファーの上でジャンプするのが大好きだったそう。

でも、3歳下に生まれた弟とソファーでトランポリン遊びをしていた時、弟が床に落っこちて頭にけがをしてしまい、それ以降、家ではしゃぐとお母さんにものすごく怒られるようになったのです。

楽しい、嬉しいといったはしゃぎたくなるような感情を表現すると、お母さんに怒られる。

その出来事で、
「自分の感情を自由に表現すると、怒られる」
「自分の感情を思いっきり出して、それが結果、弟のけがに繋がった」
そんな気持ちを持っていることに気が付かれて行きました。

だから「彼が大好き~!」という気持ちを感じ始めると、「この気持ちを思いっきり表現すると、また怒られる」「誰かが傷つく」と警報機が作動し、A子さんは彼に気持ちを表現しなくなっていたのです。

好きという感情を感じないようにしていたので、「私も彼のことが好きかどうか、よくわからない」という感覚をA子さんも感じていたので、余計に「好き」を表現できなくなっていたのです。

だから彼もA子さんに壁や距離を感じていたようなのです。
そして、男性は「信頼されていない」という無力感を感じるので、別れを考えてしまう、、というパターンにハマっていたのですね。

なので、セラピーでは「本来の天真爛漫な感性豊かな子供のA子さんをもう一度復活させる」ことに取り組んで頂きました。

けがをさせてしまった弟君にゴメンナサイの気持ち、いっぱい感じていたね、、。
それだけ優しい女の子だったんだね。

その女の子が広い原っぱを駆け回っているとしたら。
どんな表情で走り回っている?その子に「A子~!あなたの好きなもの持ってきたよー!こっちにおいで~!」って両手を広げてしゃがんでみたら、どんな表情で駆け寄ってくる?

その子を思いっきり抱きしめてあげて!!

2019-11-25_102048

その日の面談カウンセリングを終えた後のA子さんは「自分の感情そのものが、両手からどばーっと流れ出てくる感じでした」と伝えてくれたのがとても印象的でした。

その後、しばらくしてから面談カウンセリングに来てくれたA子さんは「沼田さん、彼ができました。今度はちゃんと『好き』を伝えていきたいです。どうやったら彼を沢山喜ばせる事が出来ますか?」というカウンセリングに内容が変わっていきました。

● 天真爛漫さは女性性の軽やかなエネルギー

「感情」は本来、女性が感じることも得意分野で、表現もしやすいもの。

どちらかと言えば、男性は感情を感じることも表現することも苦手です。

パートナーシップはバランスをとります。
だからこそ、女性が感情を表現することができると、男性は安心感を感じます。
自分自身が感じられていない分を、相手のパートナーが感じてくれているから。

A子さんが小さな頃に、無意識に禁止してしまった

私、うれしいのー!
私、めっちゃたのしいなー!
これ、すっごくおいしいねー!

といった無邪気さ、天真爛漫な表現はどんどん出しちゃってくださいね。

あなたの「心のブロック」はなんでしょうか?
昔々のあなたに出会いに行くと、そのヒントは隠れていますよ。

幸せなパートナーシップを応援していますね☆

ダウン下記日程で女性性を味方につけるワークショップを来月開催します!

 沼田みえ子の心理学ワークショップ 

「潜在意識と女性性を味方につけてイキイキした女性になるプロセス、教えます!」

日時:2019年12月7日(土) 18:30~20:30
料金:3300円(税込み)
会場:TKP上野駅前ビジネスセンター(⇒MAP
交通:JR上野駅広小路駅口から徒歩2分、東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅2番、3番出口から徒歩1分。
参加条件:18歳以上の方。ただし1歳未満のお子様に限り同伴可能です。

>>お申し込みフォームはこちら<<

>>講座詳細はこちら<<

潜在意識と女性性の講座

● 11月の電話は28日(木) 13時 14時 15時に空きがあります。

直近面談カウンセリング予約可能枠
11/27(水) 16時 19時
11/29(金) 10時 13時 16時 19時
11/30(土) 13時 19時

11月&12月のカウンセリング面談と電話の全体スケジュール⇒こちら

土日は早くに面談ルームが満室になりますので、週末のご予約はお早めに。

  

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる