【アメブロ「大人の恋愛術」より】「私って誰かを好きになれるのかなぁ?」

婚活してて、何人もデートする予定が重なると、
正直、誰が好きとかよくわからなくなる、、というお話、とても多いです。

隔週金曜のアメブロ、恋愛テクニック。
本日アップの記事です。

1238124039578[1]

雪だるま   雪だるま

婚活サイトで色々な男性と知り合って、
ほぼ毎週末はデートをしている。

今月も4人とデートをした。

皆、悪い人じゃないんだけれど、
「この人に決めた!」という思いになんだかならない。

会う前はそれなりに楽しみではあるんだけれど、
でもいつもいつも考えるくらい大好きか?と言えば、
別にそこまでドキドキもしていないし、、。

私、もう恋ができないのかな?
こんな私に好きな人ってできるのかな。

こんな私、ホントに結婚できるのかなぁ。

雪だるま   雪だるま

「あ~、超わかる、超わかる~!」
と大きくうなずきながら、これ、私のこと!?
と思っている方、結構いるんじゃないかな。

最近、婚活してとりあえずデートもしているんだけれど、
私、好きなのか何なのかよくわからないんです、、

というお話、カウンセリングで伺うことが本当に多いです。

このような方に共通していることは

「とにかく早く(結婚)相手を見つけなくっちゃ!」

と焦る気持ちがある。
過去に失恋した経験があって、実は恋に臆病になっている。

という点があげられるな、と感じています。

特に、「過去に大好きになった人にフラれた」経験がある人

にとっては

「もうあんなひどい思いはしたくない」
という怖れがこころの中に生まれますから、「好きになる」気持ちに無意識にブレーキをかけてしまうことがあります。

または「好き」な気持ちにふたをしちゃったり、
心を麻痺させてしまったり。

なので、カウンセリングでは
「生理的にこれは無理!という相手でなければ、

とりあえず関係を切らなくても良いのでは?」
とお伝えしています。

なぜならば、先ほどの「好きになる気持ち」にブレーキを

かけている場合、
関係を切ってから「やっぱり実は好きだった!」と気が付くことがあるからです。

雪だるま  雪だるま

また話は前後しますが、
「とにかく相手を見つけなければ!」と思っている場合、
「絶対に失敗はしたくない」
という怖れが隠れている場合が多いので、

「失敗しないために『減点法』で人を判断してしまう傾向がある」
ということを知っておくことも大事です。

「なんだかリーダーシップ力に欠けるんだよね」
「なんか外見がいまいちなんだよね」
「もうちょっと話を盛り上げてくれればいいのに、、」

などと、ここもダメ、あそこもダメ、、と
マイナス点をドンドンつけてはいませんか?

このマイナス探しをしてしまう方は、
自分の「短所」を見つけるのも得意であることが多いです。

私なんか全然ダメなんです。
かわいくないし、話もつまらないし、気が利かないし、、。

などと、自分のダメダメ探し、趣味にしていませんか?

実は惚れっぽい人は、「いい所探し」がめちゃめちゃ得意であることが多いです。

「あ~見えて、優しいところもあるんだよね」
「まぁ、いまいち頼りないんだけれど、話をよく聞いてくれるのよ~

みたいに。

こんな人は、自分のいいところもちゃんと見つけられる目を持っているから、
周りのいいところも見ることができるのですよね。

なので心を柔らかくするエクササイズを、カウンセリングでも

おススメしています。
「恋愛」は感情でするもので、
「この人を好きにならねば!」と頭で判断しても、感情は自由に動きませんよね?

感情は勝手に湧いてくるもので、コントロールができないものですから。

なので「あ、なんかいいかも!?」というプラスの感情を動かしやすくするためには
「いい所探し」ができる目を育てることは大事だと思います。

このお花のいい所ってどこかな?
この商品のいい所ってなんだ?

から

この店員さんのいい所ってどこかな?

ということまで。

あ~、言葉使いが丁寧だよなぁ。
お客様に話すとき、ちゃんと目線を合わせているよなぁ。
笑顔で話しているなぁ。
動きがテキパキしているよなぁ。

同僚のいい所ってどこかな?

いつも朝の挨拶が気持ちいいよな。
姿勢が良いよなぁ。
仕事頼むと、いつも気持ちよく引き受けてくれるよなぁ。

などと、気が付いたときに「いい所探し」をしてみると、
心が勝手に「いい所探し」をするようになってきますよ。

私達カウンセラーは毎日カウンセリングで「クライアント様のいい所探し」をしています。
もう毎日毎日、何人も。

だからか、勝手に「いい所」がすぐ目につきますし、
そんな意味ではカウンセラーはいつでもどこでも恋に落ちやすいかもしれません。(笑)

心の考え方の癖は、習慣化で変えていくことはできますよ。
是非、「好きになりやすい心」を育ててみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる