できない世界からできる世界に変わるには

最近、海外在住のお客さまのカウンセリングが増えてきました。
ちょうど今の季節は「Back to school」という季節がちょっとすぎて、
新学期の慌ただしさがひと段落する頃。

子供たちが学校生活がだんだんと軌道に乗り始め、特にお母さんに疲れが
出始める時期でもあるんですよね。

※海外在住の方に限り、「スカイプ」でカウンセリングが受けられますよ!
>>>スカイプカウンセリング詳細はコチラ

2017-09-25_093208

私が2年前まで住んでいたフロリダは、日本と13時間時差があって、昼夜真逆。
カウンセリングサービスの事務所に電話をかけるには、深夜まで頑張って起きているか、
または早朝5時前に起きて、
電話をかけるしかありませんでした。朝はお弁当を作って学校まで高速飛ばして、
息子を送迎しなければならなかったから。その前に起きて電話、だったのですね~。

「なんでこんなに時差があるのよっ!」

と、どうしようもないけれど、そんな小さなこと(?)にもイライラしたり。
ツイてないな~っと自分の人生を悲しんだり。

日本時間とあまりに時差が大きく、日本にいたように沢山カウンセリングもできず、
面談カウンセリングは2年間ほとんどできず、心理学講座も講演もできず、、、。
できないことばっかりに目が行ってしまって、
自分がずーーーっと足踏みしているみたいで、なんだかやるせない気持ちを感じて
いましたねぇ。

そういえばドイツにいた時には、あまりにど田舎で、駐在員の心のよりどころの
日本食材店がなく、「薄切り肉」が手に入らない状態でした。
(ドイツでもデュッセルドルフやフランクフルトなど駐在員がわんさかいる所では
大きな日本食スーパーがあって問題ないみたいです)

でも、日本食って基本、薄切り肉を使うものですよね?
(日本にいると当たり前すぎて、わざわざ考えたこともないかも?)

ドイツではハムの種類が豊富で、お肉屋さんではもれなく沢山の種類のハムを
置いているんです。
ハムを薄く切れるということは、豚肉や牛肉も切れるはず・・。

なので、お肉屋さんに個人的にしょっちゅう交渉しに行っていました。
「この肉を売ったら、きっとアジア人がこの店をごひいきにしてくれるよ!」って。

でもある日、いつものように薄切りに肉を買いに行ったら、
おつりと一緒に渡されたレシートに「手数料 3.5ユーロ」と書かれていました。
これって470円くらいの金額なのですが、
薄切りににする手間賃がとられていたんですねぇ・・。

その都市には4年半住んでいたのですが、手間賃をとられない肉屋さんにあたるまで、
4,5件渡り歩きました。

台所を預かる主婦としては、遠い異国の地でちょっとでも
日本食を食べて、なんちゃって日本を体験してもらって、元気でまた学校や職場で
家族が頑張ってほしかったんですよね。

XXXX

冒頭のフロリダでの電話カウンセリング。
日本時間の深夜23時、24時枠、午前10時枠でしか活動していなかったのですが、
(フロリダ時間の昼間って、日本の夜中2時3時なんです)
わざわざ地球の裏側でポツンとひっそりとカウンセリング活動している私に
ご予約を入れてくださる方がいたのですね・・。

ありがたかったですよ・・。

でもその方たちの深層心理では「自分と心の距離感が近い人には
怖れを無意識に感じるから、あえて遠い人と繋がる」という心理が
働いていたのですね、心理学的にみると。

今でも当時からのクライアント様が何名かごひいきにしてくださっていますが、
あれから2年が過ぎ、それぞれのプロセスが進んで
「心の距離感が近くなっても受け入れられる」までに心の器が成長したのですね・・。

だから私が日本に今は住んでいても、カウンセリングを受けてくださる。

あの時、少ない時間での待機枠でしたが、
地球の真裏の遠い私までご連絡をくださる方は、確実いたのですね。

ドイツの田舎では、日本食をなかなか作るには厳しい環境でしたが、
でも何とか手に入った中国で作られている賞味期限切れのお醤油と、
毎度お願いしないと手に入らない薄切り肉で、何とか作ったささやかな日本食。

「100%満足はできないけれど、でも、その時にできることを何とかやってると、
どうにかこうにかなるもので、結果は後からついてくるのではないかな~

思っていたことを、最近の海外からのお客様のご予約表を見ながら感じます。

そういえば、ロシアに住んでいた時は
「冷えた生の牛乳」が手に入らなかったのですよ。

流通上の理由なのか何なのか?
だから常温で1年半くらい保存できる常温牛乳を買っていました。

あの時は、新鮮な牛乳が本当に飲みたかったですねぇ~。
今じゃ子供たちがゴクゴク毎日1本は飲んじゃいます。
日本の牛乳は新鮮で美味しい~!

そんな意味では、日本は住んでいるだけでもうけもの!!
の世界だと感じます。

そんな目を持てると、きっと実はできること、
いっぱいな世界に見えるんじゃないかな~。

XXX

ところであなたは恋愛上手な人が実践している3つのこと、知りたくないですか?
知りたい方は、是非こちらに!笑いあり、でも超納得できる対談式(漫才式!?)
レクチャー満載の講座ですよ!※キャンセル待ちの方、随時ご案内中です!
参加ご希望の方は
>>キャンセル待ちフォーム<<からエントリーしてみてくださいね。
  ↓           ↓

20171029Numata_Morikawa2

 沼田&森川スペシャルコラボワークショップ 

◆第1部 「恋愛カウンセラーがみつけた、恋愛上手な女性が実践している3つのこと」
日時: 2017/10/29(日)13:30~17:30
会場: 機械工具会館3F 
交通: JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金: 5400円 (昼夜2部通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師: 沼田みえ子&森川陽介

>>お申し込みはこちら<<
>>講座の詳細内容はこちら<<

お陰様で昼、夜の部共にこの講座は満席となりました。
キャンセル待ちエントリーの方は、下記のキャンセル待ちフォームで
キャンセル待ちをお申し込みくださいませ。
お席ができ次第、個別にてご連絡差し上げます。(2017/9/21 18:00)

>>キャンセル待ちフォーム<<

第1部の昼の部のおススメな人は、、、

 恋愛がなぜだかうまくいかない人
 男性心理をもっともっと知りたい人
 モテル女性と自分はいったい何が違うのか知りたい人
 近いうちに絶対結婚を決めたい人
 恋愛サイトを読みこんでいるのに、どう実践にもっていけばいいのかよくわからない人
 恋愛あるある対談をライブで見たい人

どれか1つでもあてはまる方は、昼の4時間のワークショップに是非!

◆第2部 「女性の幸せをすべて手に入れる方法~ヒーローメーカーのよろこびを知る~」
日時:  2017/10/29(日) 18:30~ 20:30
会場: 機械工具会館3F 
交通: JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金: 3240円 (昼夜2部通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師: 沼田みえ子&森川陽介

>>お申し込みはこちら<<  
>>講座の詳細内容はこちら<<

お陰様で昼、夜の部共にこの講座は満席となりました。
キャンセル待ちエントリーの方は、下記のキャンセル待ちフォームで
キャンセル待ちをお申し込みくださいませ。
お席ができ次第、個別にてご連絡差し上げます。(2017/9/21 18:00)

>>キャンセル待ちフォーム<<

第2部の夜の部におススメな人は、、、

 褒めテクや甘えるテクは頭でわかっているけれど、実践できない人
 正直パートナーに怒りを感じている人
 パートナーからめちゃめちゃ愛されたい人
 女性としての価値を上げたい人
 女性として幸せになりたい人
 パートナーを成功させたい人
 あげまんに興味がある人
 女性は損だと思ってしまう人

このどれかに当てはまる方は、夜の2時間のワークショップに是非!

* 参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り同伴可能です。
* 妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。
  (詳しくは>>>こちらのページでご確認ください。)

【お願い】
今回のワークショップでも、1部2部共に前回大好評だった「対談形式レクチャー」を行います。
今後も継続する「沼田X森川恋愛あるある対談」の記事、そしてワークショップ内で
扱ってほしい「恋愛あるある」にまつわる、
「男性心理、ここがわからない!」
「なぜオトコはこんな行動をとるの?」
などなど、質問を受け付けております。

こちらのフォームから質問事項をお知らせください。
>>お問い合わせフォーム<<

森川カウンセラーと共に、皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる