なぜ最後は私が追いかけて、いつもいつもフラれるの?【アメブロ「大人の恋愛術」より】

最初は言われて始まる恋。
でも、そのうち彼がさめてきたように感じちゃって、
不安になって私が追いかけるかたちに、、。

そして、、、撃沈。

なんでこのパターンを繰り返してしまうの?

今日アップされたアメブロの恋愛テクニック。
こちらでもご紹介!
1238124039578[1]

チャコモリフクロウ モネちゃん     チャコモリフクロウ モネちゃん

私の恋愛は大抵、彼から言われて始まるんです。

初めの3か月はすっごく幸せで、
私、愛されているんだ~って毎日思えて、
本当に出逢えてよかった~って本当に心から思っているんです。

でも、いつのころからでしょうか。
突然不安感に教われる瞬間がやってくるんです。

そういえば、なんかラインの回数が減ったかも。
そういえば、私からばっかりラインしているかも。

こんな素敵な彼を失いたくないって思う。

だって、心のどこかで「結婚するかも!?」って思っていたし。
だって、こんなに好きになれる人、もう人生絶対最後だし。

この彼を逃したくないし。
別れるなんて絶対に嫌!

でも彼の行動がすべて私を不安にさせる。
もう嫌いになったのかも。
他に好きな人ができたのかも。

そんな気持ちを心の中で打ち消そうとすればするほど、
どんどん不安感が大きくなっていくんです。

なんだかこちらからラインもできない。
もしかしたらウザいって思っているかも?と不安だから。

「誰か好きな人ができちゃったの?」
なんてきくこともできない。
「そうだよ」なんて言われたら、もう立ち直れないから。

どうしよう、どうしよう。
不安だよ、、。
そんな気持ちに襲われます。

でもある日やってしまいました。

不安感が爆発して

「もう私たち、別れたほうが良いいのかな。
こんな私、いやだよね?本当は他に好きな人が

できたんじゃないの?
そうなんでしょ?ハッキリ言いなさいよ!そうなんでしょっ!」

と泣きながらまくし立ててしまったんです。

彼が言いました。
「ごめん、もう一緒にいないほうが良い気がする」
「君には他にもっと合う人がいると思うんだ」

そういわれて、今さっき放心状態で家に戻ってきたところ。
私の恋愛って、いつも最後には選ばれないんです。
いつもうまくいかないんだって知ってるんですよね。

いつもいつも私が追いかけてしまって終わっちゃうんだもん。
なんでこうなるんだろう、、、。
本当に苦しい恋愛ばっかりなんですよ。

チャコモリフクロウ モネちゃん     チャコモリフクロウ モネちゃん

っとカウンセリングでお話を伺うこと、何度もあります。

言われて恋が始まって、
最初はいいんだけれど、そのうちいつの間にか状態は逆転し、
私の方が好きになって、

追いかけて
追いかけて

撃沈、、、。

ちーん。
(あ、なんかギャグっぽくなってしまった、、)

という方、結構多いのですよね。
しかも圧倒的に女性に多い気がします。

これは男性と女性の心理パターンの違いと言いますか、
「恋愛」の男女のとらえ方が違うことが理由の一つに

なっている気がします。

男性は恋愛が始まるまでは、もうテンション200%くらいな勢いで、
彼女をどうやって口説こうか、
どうやって自分の彼女にできるか、
考えて考えて、脳内は彼女のことでいっぱい。

めでたく恋愛が始まってからも、

どこにデート連れて行こうかな
毎日ラインしたくてたまらない
毎日声を聴きたい

と、彼女中心でいられますが、
3か月ほどで、この勢いは下がり始めます。

男性の人生での最大のミッションは
「社会での成功」「仕事の成功」
であることが多いので、その本来のミッションに戻る感じ。

一方、女性はパートナーシップは人生最大のミッションなので、
恋愛感情は男性ほど下がることがないのですよね。

男性テンション200:女性テンション100

だったのが、

男性テンション40:女性テンション100

という状態で、女性のテンションは変わらないのですが
男性のほうが一方的に下がっているので、60の差の分、
どうしても女性が追いかける構図になりがちなんです。

なので男性のテンションが通常業務の40に下がった時点で、
女性は不安になっちゃうことが多くなります。

「もう冷めた?」
「ほかに好きな人ができた?」って。

本当は男性がさめたわけでも、ほかに好きな人が

できたわけでもなく、
ただ「通常業務」「平常運転」に戻っただけなのですけれどね。

もう一つの男女の心理の違いとしては、こんなこともあります。

女性は常に「恋愛」が人生の中心ですし、
仕事しながらでも、常に彼のことを考えることができますよね。

だから仕事の合間にラインを打つことなんて朝飯前ですし、
それが当たり前にできちゃう。

でも男性は我々女性からすると、7不思議の一つに

思えるくらいなのですが、
仕事の合間にラインを打つ、なんてなかなかできない。

仕事モードの時は、「SHI,   GO,   TO」しか頭になくなって

しまって、彼女のことは脳の裏側に飛んで行ってしまうん

ですよね。

よく恋愛の男女の心の違いについては、

部屋に例えられることが多いです。

男性の心の部屋は沢山の個室に分かれています。

音楽が流れる部屋
絵が飾ってある部屋
仕事をする部屋

のように。

でも女性の心の部屋は1つの部屋しか存在しません。

その部屋には、音楽が流れ、
壁には絵がかけられ、その空間で仕事もする。

全てが同時に進行できるのですよね。

だからお昼に打ったラインが、
深夜まで未読の状態だと

「もう嫌いになった?」
「ほかに好きな人がいる!?」

と不安になってしまう。
なぜなら自分ならすぐに返事が返すことができるから。

でも男性はたとえ朝打ったラインが未読だとしても
「あ、忙しいのかな?そのうち返事来るかな?」
と、不安に襲われることは女性よりも格段に少ないです。

なぜなら、自分も仕事中に返事を打たないから、
相手もそうなんだろう、、くらいにしか感じないからです。

人の心理として、
「自分がそう思うから、相手もそう思うだろう」
「自分がそう行動するから、相手もそう行動するだろう」
という、投影の考え方で相手の行動をとらえる傾向があります

女性は「恋愛」が人生最大のミッションなので、
「私のことを好きならば、ラインは長い文章で返すはず」
「私のこと好きならば、頻繁に会ってくれるはず」
「私のこと好きならば、毎日私の声を聞いたいはず」

と、自分を好きだったらこんなことを思うはず!

に当てはめて、彼の行動に一喜一憂してしまいがち。

だからこそ、恋愛が最大のミッションだという自分のとらえ方で、
相手の行動を判断するので、

「もう冷めたのでは?」
と不安になることが女性は圧倒的に多くなるのですね。

この不安感は疑心暗鬼の目を育て、
相手を試す行動に出やすくなるので、
どうしても関係性を壊しかねない行動に、女性が出がちなんです。

あ~~、モッタイナイ!><

一方の男性は
なぜ彼女がイライラして自分を責めてくるのか、
試すような行動に出るのか、
突然泣き出すのか、

不安感から、とはわからないので困惑し
「自分では役不足なのか?」
「自分では幸せにできないのか?」
と、自分の不甲斐なさから別れたほうが良いのかな?

と思い始め

「君にはもっと良い人がいるよ。僕じゃないんだ」

とお別れ宣言をしてしまうことも多々起こります。

男女間の感情が、このように行き違って、
上手くいかなくなってしまうこと、本当に多いなぁ、、、と
カウンセリングをしていると感じるんです。

チャコモリフクロウ モネちゃん    チャコモリフクロウ モネちゃん

だって不安になっちゃうんだもん。
自動的に。
無意識に。

「いやいやいや、私の勝手な妄想だし!」
と思おうと頑張っても

「やっぱり嫌いになったんじゃ、、?」
「やっぱり不安だし、、」

という思いが勝手に湧き上がってきてしまうのですよね~。

これには頭と心と、両面で攻略していくしかありません

頭では知識として、こういった「男女の恋愛観の違い」を理解する。
これは結構クリアできるんですよね。

ブログ記事を読めば、「ふむふむなるほど~」と頭に入ってきますから。

で、厄介なのは心のほうですよね。
「自信」がない分だけ、不安感がじゃんじゃか襲ってきますから。

なぜ「自分は愛されない」「選ばれない」と思ってしまうのか。
この心の癖ができたのは、過去に「選ばれなかった!」という傷があるケースがほとんどです。

だからもう一度あの悲しみは味わいたくない!

と心が身構えてしまう。
たった一度でも心が傷つくと、また悪夢再来なんじゃ!?本当に怖くなる。

なので傷ついた過去の自分自身を癒してあげることは

大事なんですよね。
ころんじゃったちっちゃい自分を、

抱き起こしてくれて
「痛かったねぇ、どれお膝見せてごらん」
「あ~、よしよし、もう大丈夫だよ~」
と絆創膏をママに貼ってもらう感じ。

そんなイメージで、傷ついた過去の自分を
「悲しかったよね。一生懸命頑張ったのは知ってるよ!
よくやってたよ。うん、ほんとーによく頑張った!」
と励まして、慰めて、労わってあげること。

何度も何度も。

そうして、褒めてあげること。
「よくやったよね、私!」って。

こう文字にすると、「ふーん」と思うかもしれませんが
「よく頑張ったよね!よしよし!」
と慰めてくれるもう一人の私を育ててあげることは、
とっても大事なことなのですよ。

このもう一人の自分を育てることが、心の器を育てることに繋がりますからね。

皆様のパートナーシップ、幸せなものになりますように。
応援していますよ!

ところであなたは恋愛上手な人が実践している3つのこと、知りたくないですか?
知りたい方は、是非こちらに!笑いあり、でも超納得できる対談式(漫才式!?)
レクチャー満載の講座ですよ!
  ↓           ↓

20171029Numata_Morikawa2

 沼田&森川スペシャルコラボワークショップ 

◆第1部 「恋愛カウンセラーがみつけた、恋愛上手な女性が実践している3つのこと」
日時: 2017/10/29(日)13:30~17:30
会場: 機械工具会館3F 
交通: JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金: 5400円 (昼夜2部通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師: 沼田みえ子&森川陽介

>>お申し込みはこちら<<
>>講座の詳細内容はこちら<<

お陰様で昼、夜の部共にこの講座は満席となりました。
キャンセル待ちエントリーの方は、下記のキャンセル待ちフォームで
キャンセル待ちをお申し込みくださいませ。
お席ができ次第、個別にてご連絡差し上げます。(2017/9/21 18:00)

>>キャンセル待ちフォーム<<

第1部の昼の部のおススメな人は、、、

 恋愛がなぜだかうまくいかない人
 男性心理をもっともっと知りたい人
 モテル女性と自分はいったい何が違うのか知りたい人
 近いうちに絶対結婚を決めたい人
 恋愛サイトを読みこんでいるのに、どう実践にもっていけばいいのかよくわからない人
 恋愛あるある対談をライブで見たい人

どれか1つでもあてはまる方は、昼の4時間のワークショップに是非!

◆第2部 「女性の幸せをすべて手に入れる方法~ヒーローメーカーのよろこびを知る~」
日時:  2017/10/29(日) 18:30~ 20:30
会場: 機械工具会館3F 
交通: JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金: 3240円 (昼夜2部通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師: 沼田みえ子&森川陽介

>>お申し込みはこちら<<  
>>講座の詳細内容はこちら<<

お陰様で昼、夜の部共にこの講座は満席となりました。
キャンセル待ちエントリーの方は、下記のキャンセル待ちフォームで
キャンセル待ちをお申し込みくださいませ。
お席ができ次第、個別にてご連絡差し上げます。(2017/9/21 18:00)

>>キャンセル待ちフォーム<<

第2部の夜の部におススメな人は、、、

 褒めテクや甘えるテクは頭でわかっているけれど、実践できない人
 正直パートナーに怒りを感じている人
 パートナーからめちゃめちゃ愛されたい人
 女性としての価値を上げたい人
 女性として幸せになりたい人
 パートナーを成功させたい人
 あげまんに興味がある人
 女性は損だと思ってしまう人

このどれかに当てはまる方は、夜の2時間のワークショップに是非!

* 参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り同伴可能です。
* 妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。
  (詳しくは>>>こちらのページでご確認ください。)

【お願い】
今回のワークショップでも、1部2部共に前回大好評だった「対談形式レクチャー」を行います。
今後も継続する「沼田X森川恋愛あるある対談」の記事、そしてワークショップ内で
扱ってほしい「恋愛あるある」にまつわる、
「男性心理、ここがわからない!」
「なぜオトコはこんな行動をとるの?」
などなど、質問を受け付けております。

こちらのフォームから質問事項をお知らせください。
>>お問い合わせフォーム<<

森川カウンセラーと共に、皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる