嫉妬の感情、なんとかならない?【アメブロ「大人の恋愛術」より】

パートナーが私以外の人に心を奪われたら!!
私以外の人が、私よりも優先されてしまったら!!

嫉妬の気持ちはこの怖れから生まれる感情。

アメブロに連載中の恋愛テクニック「大人の恋愛術」。
こちらでもご紹介しますね。

1238124039578[1]

チャコモリフクロウ   チャコモリフクロウ

好きな彼がいるんだけれど、
別の女の子もこの彼を狙っているの、知っている。

彼女はかわいいし、よく気が付くし、
結構強敵。
むしろ、私が負けている気がする。

彼女が彼と楽しそうに話しているのを見ると、ものすごくイライラする。

なんであんな子がいるんだろう・・。
どこか遠いところに転勤になればいいのに!って思っちゃう。

どうしよう、彼も実は彼女のこと好きだったら・・・。

チャコモリフクロウ   チャコモリフクロウ

うちの夫、今不倫しているみたい。
確証はないけれど、限りなく黒に近いグレーゾーン。

最近、機嫌よく夜遅くに帰宅することも多くなったし。
何より身なりを気にするようになった。

前はネクタイなんて、いっつも同じのばっかり使っていたくせに・・・。

この前レシートみて知ったけれど、
私とは絶対行かないようなお店で、ご飯を食べていたみたい。

相手はいったいどんな女なのよ!

チャコモリフクロウ   チャコモリフクロウ

パートナーシップを彼や夫と作るとき、
もれなく「嫉妬」という感情も引っ付いてくることがあります。

この嫉妬という感情、ホント嫌ですよねぇ~。
きっと取られちゃう!と落ち込んだり・・・
なんで彼に近づくのよ!と怒りが出てきたり・・。

ホント、できたら感じたくないものですよね。

この嫉妬の対象、他の女性に限らず、
趣味や仕事、男友達にすり替わることもあります。

いずれにしても、
「自分はきっと愛されない」
「競争相手のほう(ほかの女性、仕事、趣味など)が私よりも大切なんだ」
という気持ちがあり、

その根底には、自信のなさ、が大きくかかわっています。
じゃあなぜ自信がないのでしょう?
なんで「私はどうせ愛されないし!」と決めつけちゃう

のでしょうか?

これは、やはりというか、またここか!と怒られそう

なのですが、、、。
やっぱり親子関係のなかで、

「私は愛されない」
「私は選ばれない」

といった思い込みができている可能性、本当に大きいのです。

妹や弟が生まれて、ママはそっちばっかりかわいがる。
兄弟げんかすれば「お姉ちゃんが我慢しないでどうするの?

あなたが悪いんじゃないの?」
と責められる私・・。

下の妹や弟ばっかりかわいがられる・・。

そんな経験をしながら成長すると
「私は愛されるはずがない」
という思い込みができ、

パートナーができると、「愛されるはずがない」現実を作るべく、
妹や弟になる対象を探して、配置していきます。

そうして「妹や弟になる対象」にたいして、嫉妬心を抱いて、
「きぃ~~!」とイライラする現実を作っていくのですねぇ・・。

本当に怖い怖い・・。

チャコモリフクロウ   チャコモリフクロウ

例えば公園で、小さな幼稚園くらいの女の子が
「あたち、このお兄さんがちゅき!」
とあなたの彼の手をぎゅっと握っても、きっとあなたは嫉妬心を感じないと思うのです。

なぜなら、この幼稚園の女の子より自分が劣っていると思わないから、ですよね?

あらあらかわいい女の子ねぇ~、よちよち。
なんて頭なでなでしてしまうくらい、ではないでしょうか?

余裕があるわけですよね。
つまり自信が持てているわけです。

嫉妬はこの「自信」を手に入れることが何よりも大切。

自己価値を受け取る、つまり自分の良さを知って自分で認めていく、ということをすることが一番効果的でわかりやすいかと

思うのですが、是非周りの人に
「私の良さって何?」ときいてほしいのです。

きく人が思い当たらない時は、ぜひカウンセラーにきいて

ほしいです。

パートナーがいる方は、パートナーは自分のどこを好きに

なってくれたのか、もう一度振り返ることも大事。

そうして自分自身が何をパートナーに与えてきたのか、
どれだけのことを与えてきたのか、
自分の頑張りを知ることも、「私ってなかなかすごいじゃん!」

と自信を手に入れることに繋がります。

もう一つ大事なことは、人に対して嫉妬している場合に限りますが、その人のどんな部分に嫉妬しているか、は、
今後あなたがどんな部分で成長できるか?

を見せてくれるありがたい存在でもあるのですよね。

彼女はかわいい、としたら・・

どんなしぐさをしてる?
どんな表情をしてる?
どんな話し方をしてる?
どんな甘え方をしてる?
どんな言葉を使っている?
どんな服装をしてる?

あなたがバージョンアップするチャンスとしてみることが

できたら、そのチャンス、是非生かしてほしいな~と思います。

嫉妬心は本当に嫌な感情で、
イライラするし
悲しくもなるし、
怒りも出てくるし・・。

でも、だからこそ、チャンスに変えてほしいです。
嫌な気持ち、感じ損はモッタイナイですから。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる