「ありがとう」よりも「やって当たり前でしょ?」と思ってしまう。

コメント頂きました!

彼の良いところにありがとうという…のは頭ではわかっているのですが、
共働きで自分自身も仕事で疲れている中で家事を行い、
彼がなにか手伝ってくれたことに対してお互い様という気持ちを抱いてしまいます。

ありがとうと素直にいえるときもあるのですが、

「いやいや当たり前でしょ!」

普通って思ってしまう自分がいます。
こういうのよくないなぁと思いながら、気持ちがついてこないときは、
このありがとうという視点を意識するのがつらく、
自分への重荷になってしまいます。。

素直にありがとうって言えないとき、どんな風にしたら相手も嫌な気持ちにならずに、
また自分自身の気持ちに折り合いをつけれるか、
なにかアドバイスがあれば教えてくださいm(_ _)m2016-10-11_152748

~~~~~~~~~~

お名前がなかったので、ポテトさんとしますね。
(目の前にマクドナルドのチラシがあって、フライポテトが
おいしそうなんです~)

ポテトさんと同じように感じる方が多いように思うので、
お答えさせていただきますね。

ポテトさん、コメントありがとうございます。

さてさて。

人は「困っている時に助けてもらえた」というときに

「助かったよ~!ありがとう!!」

と素直に思えると思うのです。

でも、もしも
「私ばっかりががんばっている。
割に合わない気がする」
という気持ち、つまり「犠牲」をしていると普段から
感じていると、

相手の方が楽してて、
私ばっかりが苦しい思いをしているのではないか?

と思ってしまうのではないか?と思うのです。

犠牲という感情からは不満しか生まれません。
感謝は生まれないのです。

そしてね、いつもいつも感謝の気持ちが出てこないのも、
「あり」
だと思いますよ。

人間ですから。

時には
「家事分担はあったりまえ!」
と思うこともありますよ。

思っていいのですよ。

問題なのは
「毎度毎度不満ばかりで、感謝の言葉がゼロ!」
という場合。

相手のできていないところばかりを見つけては

「なんでできないのよ!」
「なんでやってくれないのよ!」

と責めてばかりいる場合。
こんな行動がパートナーシップの破たんを招くことは多いのですよ。

でも、心に余裕があるときには
「今日はありがとうって言ってみる自分になろうかな」
と挑戦してみる。

毎日毎日

「ありがとうっていわなきゃ!
本当はお互いさまじゃんって思っているけれど、ありがとうって言えってブログに書いてあったし!
いわなきゃ、いわなきゃ!
いいたかぁないけれど、言わなきゃいけない!」

なんて犠牲的にやっていたら、いつか
「こんなにありがとうって言ってやってるのに、
あなたは私の気持ちなんて全然わかってくれないじゃない!
私の頑張り認めてくれたこと、今まで一度だってあった~!???」

っとどっか~~~んと不満が大爆発しかねません。

それこそ、破たんへの道まっしぐら、ですよ。

今日はとてもじゃないけれど、ありがとうなんて言える気分じゃない!
そう思ったら、今日はやめにしていいのですよ。

明日、言ってみようかな?
明日が無理なら、その次の日に言える自分でいられるよう、
今日は自分の機嫌のよくなること、やることに自分に許そう・・。

我慢してたケーキ食べちゃおうかな~。
それとも、美容院でカラーリングしてもらおうかなぁ~。
それとも、飲みたかったちょっと高いワイン、開けちゃおうかなぁ~(あ、このパターンは私だ!)

で、機嫌がよくなったら
「いつも家事手伝ってくれて、ありがとうね~」
っと声をかけてみてくださいな。

そんな状態でも、

毎回毎回責めてばかりの関係

より、ずっとずっとうまくいくものですよ。
パートナーシップが壊れて、ジ、エンドにはなりにくいと思います。

   東京感謝祭2016/11/6(日)   

沼田みえ子講演 10:40~11:10

「愛され体質を作る方法~愛されやすい人と愛されにくい人の違いはこれ!~」


 恋愛がなんだかうまくいかない方
 婚活を頑張っている方
 夫婦関係もう一度やり直そうとお考えの方 
 特にパートナーと大きな問題はないけれど、もっとラブラブになれたらいいなぁ~、

  と思っている方そんな方にお届けしたい講演です。

東京感謝祭申し込みや詳細はコチラ>>>


カウンセリングサービス東京感謝祭2016

講演・ミニカウンセリング体験・クイズ大会他、イベント盛りだくさん♪
日時:2016/11/6(日) 10:00~19:00(*開場/受付9:30~)
会場:三田・機械工具会館 6階ホール
料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス制。打ち上げ参加費は別途。)
東京感謝祭の詳細は>>>こちら
お申し込みは>>>こちら
Facebook東京感謝祭2016は>>>こちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる