私は職場の後輩にバカにされているのか?

昨日の記事にコメントを頂きました。

こんにちは。この記事って仕事でも同じことが言えますか?
後輩に仕事を教えているんですが、すべて受け身でわからないことも
うんともうすんとも言わないですし、立場上、
仕事を教えてもお礼の言葉もなにもないし、後輩ができていなかったこと
などをこちらがカバーしてもありがとうの一言もなにもない。

完全に後輩に対して話したくもないし、怒りしかないんです。。
でもこの記事を読むと、こんなに仕事を教えてあげた私にお礼もないの?
って期待してるってことですよね?

頭ではわかりつつも、すごい負けた気がしますね。。。
後輩に常に馬鹿にされている気がします。2016-08-20_083314

お名前がなかったので、ひまわりさんと呼ばせていただきますね。
(ひまわりが大好きなんですよー)

ひまわりさん、コメントどうもありがとうございます。

パートナーシップと職場での関係はちょっと見方が違ってくるかな?
と思います。

というのは、パートナーシップは完全に対等な関係(相互依存)を
目指すのですが、会社など組織での関係の場合、上下関係が生まれますし、
競争意識も生まれやすい環境です。

ここで、ひまわりさんは後輩ちゃんに対して

「負けた気がする」
「馬鹿にされた気がする」

と感じていますが、教えてあげたことに対して何の感謝、
リアクションもないことに対して、例えば

「常識がない後輩だなぁ。
これじゃあ周りの人を不快にして、
さぞかし今までも人間関係大変だったんじゃないかな?」
や、
「もう感謝もできない人には助け舟を出さないぞ!」
とも思えたりします。

「ったく親の顔が見たいぜ!」

「もう知らんがな」

など色々なリアクションが取れる中、
ひまわりさんはなぜ

「負けた」
「馬鹿にされた」

ととらえたのか?を見ていくことが大切かな~と感じました。

よく心理学サイトでは
「投影」という話が出てきますよね。

簡単に言うと、ひまわりさんの「心のメガネ」で世界を見ていますよ!ということ。

ひまわりさんが
「大切に扱われない」
「尊敬されたいのに、普段から尊敬されているように思えない」
といった感情をもしもお持ちだとしたら、

または、この部分に過去、心に傷を受けているとしたら、
後輩ちゃんのこのリアクションのなさに、
自分がバカにされている!
と過去の心の傷に触れているかも?
ととらえることもできるのです。

私としては、確かに職場でフォローしたり、指導したら
「ありがとうございます」
の言葉は欲しいのが普通かなぁ?と思いますよ。

ただ「負けた!」「馬鹿にされた!」
という感情に結び付けるのはなぜか?
をちょっと向き合っていただけたら、何か見えてくるかもしれませんね。
 
 沼田みえ子 心理学ワークショップ 

いわゆる「あげまん力」を育てて、豊かさを得られるパートナーにしませんか?
(詳細は下記タイトルをクリックしてくださいね)

「パートナーを育てて成功に導く方法 ~与える力で豊かさを手に入れる~」

講 師: 沼田みえ子
日 時: 2016年9月17日(土) 13:30~15:30
会 場: 機械工具会館(田町・三田駅徒歩7分) 
ゲストカウンセラー:
大野愛子樋掛豪源やすこ
 

>>>申し込みはこちらから<<<
 
ゲストカウンセラーの大野カウンセラーがこのワークショップを
鋭い見解で書いてくれています。
「なるほど~~!」の記事はこちらから>>>>

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる