人間関係がうまく行く、オウム返し会話☆

よくカウンセリングでクライアント様に提案しているコミュニケーション法なのですが、
パートナーシップでも、
子育てでも、
ママ友との間でも、
どんなときにも使えます。

「ママ、もう今日の試験で疲れちゃったよ!」
「試験で疲れちゃったのねぇ」

「今日、雪でなかなか電車が出なくて、本当にイライラしたよ!」
「あー、電車が出なくてイライラしたんだ~」

「今日クレームの電話で、本当に落ち込んだ!」
「本当に落ち込んだのねぇ」

人はただ自分の発した言葉を繰り返してもらうだけで、
まるで自分の気持ちを汲んでくれたかのように感じます。 

2016-04-26_143722
カウンセリングでは、この手の話は
「離婚を言い渡された」
という場面でも使うことが多いです。

当然、離婚だ!と言われたら、拒絶反応しちゃいますよね!

「いやよ、絶対私は離婚なんかしないんだから!」

と言い返しちゃう。
それはごもっとも、ですよね。

言い返しちゃいますよね。

でもこれで、ずっと泥沼の様にする、しないで膠着状態になってしまったら。

「俺は離婚したいんだ!」
と言われたら、
「そうなんだ、離婚したいんだね。」
といったん、オウム返しをし、
「でも、私はまだ気持ちの整理が付けられないの」
と続けた方が、相手の受ける印象がちょっと変わってくるかもしれません。

人は、自分の気持ちを汲んでくれた人の声に耳を傾けようと
することがあります。

最初から拒否される人の声は、まずまず絶対聞こうなんて思いませんから。

なので、学校に行きたくない!という我が子を
「何言っちゃってるの?だめ!行きなさい!」
ではなく、

「そっかぁ、学校に行きたくないんだね」
とオウム返しをしてから、
「でもどうして行きたくないの?
ママは行った方が良いと思うんだけれどな。」

と続けた方が、きっと子供も心を開いてくれるのではないかなと
思うのです。

オウム返し会話。
この人、わかってくれるんだ~と思わせる技です。

簡単ですから是非試してみてはいかがでしょうか。
 
 

  沼田直近出没箇所     

 4月28日(木) 13:30~15:30  みずがきカウンセラーの心理学サロン ゲスト参加
                  >>詳しくはコチラ<<

 5月 7日(土)  10:50~11:20   東京カウンセラーズフェスタ講演
                「愛されるために今出来ること」  
                 >>詳しくはコチラ<<

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる