私からばっかりメールしてる!(≧ヘ≦) ムゥ【アメブロ「大人の恋愛術」より】

メールの返事が彼から来ない!
イライラする。
ソワソワする。

もしかしたら飽きられちゃったの?
もしかしたらもう気持ちがなくなっちゃったの?
なんで返事くれないの?

不安感がどんどん募って

「なんで返事くれないの?」
「もう嫌いになっちゃったの?」

なんて責めちゃうことはありませんか?

隔週金曜日に執筆中のアメブロ、大人の恋愛術。
本日UPの記事です!

   1238124039578[1]

社内の先輩でいいなぁ~っと想っている男性がいる。
なんとかメールアドレスを交換できた。
これで連絡を取るツールをゲット。
 

2016-04-21_120920

「○○さん、こんばんは。
今何していますか?
 
ちょっと聞いてくださいよ~☆
実は、今日上司の無茶ぶりの要求があって、
パワーポイントで資料を今日中に作れって
言われちゃって、私、ランチの時間も返上して
作る羽目になっちゃったんです。
 
もう勘弁~~って感じです。
 
でね、午後なんておなかなりまくりで、フラフラなんです~。
 
○○さんはこんなことってありませんか?
 
で、結局夜も残業で、でも流石におなか減っちゃったから、
コンビニに買い出し行っちゃいましたよー。
 
(まだ続く)」
女子同士なら、
 
「うんうん、わかるよ~。
本当にお疲れさまぁ。
 
えー、その上司ももっと前に言ってくれたら
よかったよねぇ~
 
(まだ続く)」
とまぁ、こんな返事が返ってきて、気持ちもスッキリかも、ですね。
メール、ラインは本当に女子のためにあるんじゃないの?
と思うくらい、私達女性は連絡ツールとして日常に欠かせないものに
なっていますよね。
私もやってしまうのですが、ママ友とのラインなんて、
スマホの画面いっぱいになるくらい、ずらずら~~っと
長いラインメールを書いたり。
またそのお返事も結構長いんですよね。
でも、それが当たり前という感じで、
全く違和感がありません。
ところが、脇で息子に、
「ママ、ながっ!
何書いているんだよ?信じられない。」
と言われちゃいました。

 

女性にとってはメールは感情を伝えあったり、
感情を共有する場であったりします。

 

一方男性は、要件を伝える手段として
とらえています。
なので、冒頭に書いたようなメールには
「何が言いたいのか、意味が分からない」
     ↓
「質問事項が書かれているが、答える必要性が
あるのかどうか曖昧。」
     ↓
「そもそも、長いメールって書くの面倒」
     ↓
なので、放置。
となることが多々、あるのではないでしょうか?
  

 

男性は「用件がなければ、基本メールはしない」
と考えている方が圧倒的に多いように思います。
また、女性側からメールを送っても
「了解」
「OK]
以上!のような返事であることって多くはありませんか?
でも女性側って、
「みじかっ!」
「私のこと、感心がないの?」
「もしかして、メールの返事を書く時間を作るほどの存在価値がないってこと?」
と、勝手にどんどん悪い方に妄想が膨らんだり・・。 
なかなか返事が来ないと、
「他に気になる子がいるの?」
「もう私のこと、嫌いになった?」
と焦りだし、
「なんで返事くれないの?」
なんて送ってしまいがち。
このようなメールをもらうと
「うわっ!責められてる」
と感じてしまうかもしれませんし、
「だって用件がないんだもの」
と男性は思うかもしれません。
送った側は
「早く返事来ないかなー」
とついつい返事を期待しちゃって、
「いつまで待たせるのよ!」
怒りに変わってきて、
「なんで返事くれないのよ~~」
とどっかーんと爆発しちゃうのですよね。
でも男性って女性ほどコミュニケーション能力に長けていないのですよ。
(男性の皆さま、ゴメンナサイ!)
平日のファミレスや、ホテルのレストランに行ってみてください。
もうママ友やら、
おばさまたちのおしゃべりサロンと化しております。
しかも皆、しゃべるしゃべる!
2時間、3時間は当たり前です。(笑)
それほど女性は感情を表現して、
共感して、
繋がる。
ということが得意なのですよね。

メールやラインも女性にとっては感情を伝えたり、わかってもらう、

という手段という点ではファミレスおしゃべりと同じだったります。
でも男性は違うみたい。

このことを知っているだけでも
「あー、私のことないがしろにしてる!?」
「あー、私のこともう好きじゃなくなった?」
と勝手に妄想して、
「好きじゃなくなったの?」
「なんで返事くれないのよ!」
と何通も送って、結果自爆するようなことは避けられたら
いいなぁと思っています。
思い込みから関係性を壊しちゃうのは、本当にモッタイナイですから。
  沼田直近出没箇所     

 4月28日(木) 13:30~15:30  みずがきカウンセラーの心理学サロン ゲスト参加
                  >>詳しくはコチラ<<

 5月 7日(土)  10:50~11:20   東京カウンセラーズフェスタ講演
                「愛されるために今出来ること」  
                 >>詳しくはコチラ<<

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる