「やさしさ」や「愛」は人を感動させます

この前の週末に湯島天神に行ってきました。
ここは学問の神様として有名で、多くの受験生たちが毎年訪れる場所。

絵馬が沢山かかっていました。
みなさん志望校合格祈願をしていましたが、
結構目に付いたのが

「私のかわいい孫が、志望校に合格できますように」

「○○(息子君の名前の様です)が○○大学に無事合格しますように。」

「弟の○○が合格しますように。」

と、本人ではなく、家族だったり恋人(?)だったりが湯島天神までわざわざ足を運んで
合格祈願をしている絵馬。

大切な人のために祈る。

何だか尊いことだなぁ~っと感動して、涙ぐんじゃいました。(私の知り合いじゃないのですが)

乳がんの手術を無事に終えられた北斗晶さんのご主人の佐々木健介さんのブログに、

「これからチャコをもっと喜ばせたい❗️
チャコをたくさん笑わせたい❗️
笑わせて、少しでも不安な気持ちを無くさせたい❗️」

って書いてあったのを見て、北斗晶さんへの想いがホントにあふれている文章だなーって
またあったかい気持ちになって、感激しちゃいました。 

人の悪口や批判を読んだり聴いたりして感動することはないけれど、
愛が伝わる文章や言葉って、
やっぱり感動します。

人の心を動かすのって、
「脅し」や「批判」じゃなくって、
「やさしさ」や「愛情」からだよなぁっと実感した日でした。

夫婦関係も同じではないでしょうか。

大切にされている
愛されている

そう感じたら、きっとお返ししたくなっちゃうと思うのです。

そういう「愛がいっぱいあるよなぁ」という目で世の中を見てみると、
本当にあちこち、優しい人でいっぱいに見えます。(心理学の投影ですね)

優しくしていると、優しくされることがしょっちゅう。

本当にありがたい世界です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる