上司とうまが合わないクライアントさまが、なぜ状況を変えることが出来たのか?

今回は人間関係にお悩みの方、必見です!

沼田みえ子さま

昨日●日深夜0時からの初回無料カウンセリングありがとうございました。

緊張しながらでしたが、あたたかい声とまとまらないこちらの話を的確に聞き出していただき、
受け入れていただき、方向を教えていただき、すとんと楽になりました。
ぐっすり眠れました。

昨日は仕事を休んで、部長に「わかってくれ~」攻撃をしてしまいましたが、
本日は楽な気持ちで出勤できました。

出勤したところ、部長より
「昨日会議で、他部署へ伝え共有しています。私から問題の方に、
他の勤め先はどうかの件伝えます。
また、その後施設長からも、伝えます。」
と。

また、朝から施設長に呼び出され、
「身体が辛くなるほど一人で抱えなくていいから。共有できたから。
今まで抱えさせてわるかった」と!

???
この急展開はなんなんだ???となりましたが、
こちらの意識を変えようとすると、周りも動いていくのかなあ、と思いました。

また、新人や部長の背景も想像してみること、を教えていただき、
ほんの少ししてみたところ、
部長がこちらの問いかけに対しキレるのは、ほぼ私にだけ、
ということに気がつきびっくりでした。

部長は、男性女性老若男女問わず、理不尽な相手にでも比較的冷静に対応しているのに、
私には強い口調になることがあります。

私が部長の触れられたくないところをつっつくのか、
何かを思い出させるのか、興味深く観察してみます。
(そういえば、部長をキレさせてしまったあと、物事がすすんでいたり、
解決していることにも気がつきました。)

沼田さんから後半に伝えていただいた、自分いじめをやめる、ということ、
そういう考え方ができるんだなあ、できるようになりたいなあと思いました。

いつも素敵なあたたかいブログを読んでいて、
いつかは沼田さんとお話ししてみたいなあ、と思っていたのですが、
こんなに素敵でいろんなことをかなえている方は私にはもったいない、と、
いつも本当に欲しいもの、1番やりたいこと、を避けてきたことにも気がつきました。

そのため、沼田さんの初回無料空いています、と電話で教えていただいた時に、
え、まさか私がいいのだろうか、と声がうわずってしまっていました。

またどうぞよろしくお願い致します。
本当にありがとうございました。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Tさん、カウンセリングの感想をありがとうございました。
ふふ、声がうわずってしまったなんて・・・。
かなり、嬉しいですヾ(=^▽^=)ノ

この方は新人2年目の方を含めた、数人のグループのリーダーの方だったのですが、
この新人2年目の方は、仕事のやり方は横柄、Tさんがお仕事のやり方に
「こうしたほうがいい」と指示すると、逆切れをする。

そのくせ、部長はその新人2年目の方をかばう。

「なんで??私は一生懸命仕事をしているのに!」
その新人2年目の方、部長の両方にイライラを募らせ、
とうとうTさんは体調を崩してしまい、お休みをしてしまいました。

ところがカウンセリングの翌日、上記のような大変化を目の当たりにしました。

おそるべし、心の力!
 
といいますか、Tさんの「絶対何とかしたい!」という「腹をくくる力」の賜物
なんですねー。

カウンセリング中、そしてカウンセリングの後。
本当に沢山のことに気がついてくださいました。

これが重要なんです。
「意識を変える」ということ。

人は自分の感じるように世の中を見ていますから。

今回の件では、そんなに仕事を教えても、逆切れする人だとしたら、
今までも
「この人、感じ悪い!」
「出来ることなら、一緒に仕事したくないな」
と思われていて、きっと生きにくい世の中だと、
この新人2年目さんは感じていたことだと思うのです。

あ、この新人2年目さんは、新卒の新人ではなく、色々と転職をしてきての
今の職場では新人・・という状態。

さぞかし本人もうんざりで、
「どうせ自分の味方なんかいないよ。
今までだっていなかったんだから。」
という目線でTさんに接していたことでしょう。

だから扱いにくい態度をとる。

部長さんもしかり。

Tさんが改善点を伝えると、部長が切れる。
でも、その後に、必ず状況が進んでいたり、解決したりする。

ということは。

まるでTさんがお母さんで、部長さんが子供。
お母さんが「宿題やったの?ゲームばっかしてないで、早くかたずけ
ちゃいなさいよ!」
と言うと、
「うるさいなぁーー!ごちゃごちゃ言われるとむかつくんだよ!」
と口答えするも、宿題に取り掛かる。

そんな様子みたい。

すると、この部長さん、もしかしたらこのTさんとお母さんを重ねてみているかも。
お母さんと問題があった方かもしれませんよ。

そう部長さんの背景を考えて、もう一度部長さんの事、
行動など考えてみてはどうかな。

そんなご指摘をさせていただいた上での、上記の気づきだったのです。

この見方を素直に取り組んでくれたTさんだから、
きっと翌日から、状況ががらりと変わったのだと思います。

そして最後に。

本当に欲しいものに手を伸ばす。
1番やりたいことをやってみる。

その大切さに気がつかれたTさんは、これかどんどん加速して人生が
色鮮やかになっていくと思います。

これは、Tさんだけではありません。
皆さまにもそっくりそのまま、当てはまることなのですよ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる