子供の力を発揮させるには

夏休み、子供たちと長い時間過ごされる方も多いかと思います。

親にとって、子供は大きく期待をしてしまう存在ではないかな、と思のですが、
皆様はどうでしょうか。

元気に生まれていてくれたらそれでいい。

おなかに赤ちゃんができたときは、そう思っていたはずなのに。

クラスでトップの成績でいてほしい。
進学校に進んでほしい。
生徒会などの役員をやってほしい。
友達から人気のある子になってほしい。

大きくなれば、
有名企業に勤めてほしい。
気の利くお嫁さんと結婚してほしい。
娘は、きちんとした会社の、誠実な人と結婚してほしい。
などなど・・・。

期待が大きくなって、ついつい口を出したくなっちゃいませんか?

宿題、ちゃんとやってるの?(夏休みになると、ついつい言いたくなっちゃいますよね(*´Д`*)
もっとしっかりしたら?
いい人いるの?早く見つけなさいよ。(お年頃になると、親はやいやい言ってきます、、)

子供が聞いたら、うんざりしそうなセリフばっかり、ですけれどね~。

子育てに正解はそうそうないのですが、こんなメールをいただきました。


沼田先生 お世話なっております。 
●●です! 

いつも長男の事で相談に乗って頂いてます。 

この度、長男が ☆☆に選ばれました! 

とても嬉しかったのと、いつも 長男の事で相談させて頂いてるので沼田先生に報告を!と思いまして(笑) 

まだまだ、不安な事とかありますが また先生に 相談させて頂きます。 

お引っ越し大変でしたよね。 
無理をしないよう暑いので お体 ご自愛なさって下さい。 

9月の電話カウンセリング 楽しみに待っております。 
――――――――――――――――――――――――

個人が特定されないように、途中省略させていただきましたが、
将来、テレビに出ちゃうかも?の可能性を秘めたお子様です。

お母様の喜びがとても伝わってきましたし、私も本当にうれしかったです。

でも以前は、お母様悩まれていました。
「うちの子、自分の将来をちゃんと考えているのだろうか?」って。

私がお伝えしたのは、
「彼のそのままを受け入れて、応援してあげましょうよ!」
ということでした。

私たちが子供のころを振り返ると、きっと実感されると思うのですが、
私たちが小学生であっても、中学生であっても、
「自分の考え」ってちゃんとあったと思うのです。

当時の大人は
「子供のくせに」
とか
「まだどうせ小さいのだから」
と私たちを扱ってきたこともありましたが、

自分のことを受け入れてくれるのか、
否定しているのか、

なんとなく、肌で分かっていたと思うのです。

人は
信頼に、応援に、
応えようとします。

私事ですがおかげさまで次男坊も、
1校に絞ったピンポイントの編入試験に合格でき、
9月から志望校に通うことになりました。

私がしたことは、
「きっと君ならできるよ。大丈夫。」
と伝え続けたこと。

アメリカ生活の最後の1か月半、ほとんど親子で家に籠っての受験対策でしたが、
いやはや努力が実ってよかったです~。(‘▽’*)♪

アメリカ残りの生活、
思いっきり友達と遊ばせたり、
マイアミの空の下、大好きなテニスをさせなくて、
ずっと家の中で勉強でいいのか~?っと正直、葛藤ありましたもの。

今回のクライアント様からのメールや、次男の受験で、
改めて「信頼、応援の大切さ」を実感しました。

これは子育てだけではなく、パートナーにも当てはまりますよ!

信頼と応援のパワーのお話はこちらもどうぞ>>

子育てとあげまん、共通点は満載という話>>

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

年間有料電話カウンセリング指名本数で、2位を1回3位を4回弊社で表彰された実績を持つ。

目次
閉じる