幸せになれないあなたの思い込み【アメブロ「大人の恋愛術」より】

なかなか恋が上手くいかない、
なんでなのかなぁ・・?

それはあな たの‘ある思い込み‘が原因なのかもしれませんよ。

隔週金曜にUPしております、アメブロの大人の恋愛術。

本日UPの記事です。

1238124039578[1] 

 
    

どうせ自分の恋愛うまくいきっこない。
彼が出来ても、いっつも彼に他に好きな子が出来ちゃったり、
何だかぎくしゃくしちゃって上手くいかなくなる。
どうでもいい人からは告白されるのに、
自分がいいなぁって好意を持った人からは、好かれない。
なんで世の中うまくいかないんだろう。
こんな気持ちの方、少なくないんじゃないかなと思います。
なぜならカウンセリングで、この手のお話、本当に本当に多いから。
本当にもったいないなーって思うのですが、
私たち自分自身に原因があることが非常に多いです。
「え?
相手に原因があるのではなくて、私に原因?
やっぱり私じゃダメなんですね。
そうですよねー、私にその幸せになる資格なんかないですもんね。
そもそも、私に「幸せ」なんて別世界の話で、
まぁ、人生うまくいかないのが「あたりまえ」ですものね・・。」
そう、そこ!なんです。
私に「幸せ」なんて世界は別世界だし・・。
その資格ないし。
上手くいかないのが、ザ☆人生って思っている。
なんでそう思うのでしょうか?
いつから思ってるのでしょうか?
そこを見ていくこと、大事なんですよ。
   
 
●人は勝手な思い込みに縛られている。
例えばです。
あなたが友達と合コンに出かけた。
女子一番人気の男性から、
「メアド交換してもらってもいいですか?
今度メールを送りたいので。」
と言われた。
あなたはどんな感情を感じますか?
① え?私なんかでいいの?
 
② 他の人にもおんなじこと言ってるんじゃないの?
 
③ あ、この人見る目あるじゃない?
直感的にどの感情が一番自分の感情に近いでしょうか。
もしも①を選ばれたとしたら、
「自分は幸せになる資格なんかない」
「そんな世界は別世界」
という思い込みがある可能性大!です。
この思い込みは、大抵子供時代に作られることが本当に多いです。
ご両親から、何気なくかけられた言葉、
例えば、
あなたって本当に悪い子ねぇ
何をやってもグズよね
本当に出来の悪い子
という本人を否定する言葉や
世の中甘くない
社会は冷たい
人は本当は何を考えているのか、わからない
幸せは長くは続かない
良いことの後には悪いことがある
と、世の中人生はこうだ!
という親の主観のおしつけ。
ここから
「悪い子である私には幸せになる資格がない」
「世の中に幸せは無い」
という思い込みが心の中に作られます。
●人は思い込みのフィルターを通して世の中をとらえる
「おいしそうなケーキがそこにある」
という上の分読んだら、とっさにあなたはどんなケーキをイメージしますか?
ほとんどの人はイチゴのショートケーキだったのではないでしょうか?
日本人の生活の中で、
「イチゴショートケーキ」はケーキの代表格。
でも、私の住むここアメリカではイチゴショートなんてないんです。
アメリカのスーパーで並んでいるケーキは、どぎつい色のクリームだらけの
ケーキが多いです。
ケーキといえば、イチゴのショートケーキ。
そんな思い込みがあなたにあることがわかります。
では白い雪が沢山積もった道路を見てどう思うでしょうか?
 
スキー場みたい!ってワクワクする気持ちになるか。
運転怖いじゃん、ゲンナリ、なのか。
雪に対するとらえ方は、人によって様々だとわかりますよね。
もしも、
あなたは生まれてきてくれただけで、ママは本当にうれしかった。
あなたはラッキーの星の下に生まれてきたの。
だからラッキーなこと、一杯の人生になるよ!
そんな感じにいつもいつも言われて育った人は、
 
自分に起こることは、全てラッキーなこと。
私と結婚する人は私と一緒に幸せになれる、ホントラッキーな人なん
だよね~☆
なんて思えちゃうんですよ。(これ本当のお話)
なのでモテルことが多いですし、
実際このような人といると、男女問わず幸せな気持ちにさせてもらえます。
私の知り合いにもこんな方がおりますが、
何でもとらえ方が元気なので、一緒にいて本当に楽しいですし、
本当に魅力的に思えます。
もちろん、素敵な旦那さまとご結婚されております。
そうして、また会いたいなぁってつい思ってしまいます。
あなたの思い込み、是非チェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる