「会いたい!」って言っちゃう私は”重たい女”?【アメブロ「大人の恋愛術」より】

「重たい女」になりたくない!
だから、
「会いたい」
「メーの返事欲しい」

なんて絶対言えない!

でも伝えなければ、気持ちをわかってもらえない。
どうしたらいい?

隔週金曜に執筆しております、アメブロの「大人の恋愛術」。
本日の記事はこちらです。

1238124039578[1] 

    

「重たい女」になりたくないんです。
「重たい女」って彼が思ったら、絶対に彼が去って行く気がして
怖いんです。
だから会いたくなっても「会いたい」メールはしない。
どうしているかなって思っても、連絡はなるべく自分からはしない。
だってだって「重たい女」って思われたくないから。
以前カウンセリングで、このようなお話を伺ったことがありました。
「では会いたいって気持ちはどうするのですか?」
と伺うと、
「我慢します。
でも我慢すると、どんどん苦しくなっちゃうんですよ。
で、何で会ってくれないのよ!って責めちゃって、2人の仲が壊れること、
よくあるパターンなんです。」
きっと以前の恋愛で、
「君は重たい女だから、もううんざり。
別れてほしい」
なんて言われてしまい、だからこそ
「重たい女と思われないように、連絡も控えめにしておこう」
とされるのだと思うんです。
でも、お付き合いしている彼に
「会いたいな」
と思うのって、当たり前の感情だと思うのです。
なので、
会いたい気持ちを伝える女  =   重たい女
という考えは、どうかなぁ~と私は思います。
    
男性がどんな時に
「重たい女だなぁ」
と感じるかと言えば、
”自分の選択権が奪われている時”
だと思います。
「ラインしたら、すぐ返事してね」⇒返事するしないの選択権がない
「毎日お弁当を作ってあげる」  ⇒お弁当を断る選択権がない
「彼の部屋に毎日押し掛けて、部屋を掃除してあげる」
⇒お掃除を断る選択権がない
「週末は必ずデートする」  ⇒デートを断る選択権がない
ラインをしたら、すぐ返事が欲しい。
これはお付き合いしていたら、きっと当たり前に抱く気持ち。
でも、すぐに返事が出来ないのもありだよ~。
このように、
あなたに断る選択もあるよ。」
と相手が感じていたとしたら、
「重たい女だなぁ」と思われることは、ほとんどないと思いますよ。

 

   
なので、会いたいときには
「会いたいな」
と素直な気持ちを伝えることは、全く悪いことでも、
「重たい女」の看板を背負うことでもありません。

 

ただし、断る選択を与えてあげることが大事。
「連絡ほしいな」
「会いたいな」
「飲みに行きたいな」
「デートしたいな」
「そうしてもらえたら、嬉しいんだけれど
あなたの素直な気持ちを伝えることは、全然OKなこと。
むしろ、連絡ほしいのに、会いたいのに、
その気持ちを我慢して、押し殺して、ウツウツとした気持ち
をため込んで、後で彼の前で
「何で連絡くれないのよ~~!!」
とどっかーーーん!と大噴火することのほうが、
本当にもったいないお話。
(ああああ、これ、過去の私です(@_@;))

 

彼の前に、あなたの気持ちをポンと置いたら、
後はどうするか、彼に選択権を与えてあげてくださいね
そして、ここからはおまけですが・・。
もしも彼が
「ごめん、ちょっと今日は無理なんだ」
と断って来た時。
「そっか、残念だけれど仕方ないね。
またの機会に会えるといいな」
自分も相手も攻撃しないか。
「あ、それほど私が好きじゃないってこと?
私の優先順位、さがった?
私のこと、嫌いになった??」
と、自分の価値が下がったかのように感じたら。
自分はどうせ幸せになれない。
自分はどうせ上手くいかない。
自分はどうせ愛されない。
の「考え方のくせ」がないか、要チェックですぞ!
このお話は、また別の機会にお伝えできれば、と思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる