彼の行動になぜ落ち込んだり、イラつくのか【アメブロ「大人の恋愛術」より】

私が送ったライン、「既読」になっているのに、返事が来ない。
「もしかして、私、嫌われてる?」
「他に好きな人が出来て、そっちが大切になった??」
と不安感に襲われたり。

私ばかりが負担を強いられているようで、夫は好き勝手やっている
ように感じて、無性に腹が立つ!

なぜこんなに相手の行動で、私たちの心はかき乱されるのでしょうか?

隔週金曜にアメブロで執筆を、今日から始めました。
本日アップした記事はこちらです。

1238124039578[1]

  

あなたはお相手の、どのような部分にイライラしますか?

「こっちからばっかりメールしているじゃない!
なんで彼からメールくれないのよ!
もっとメールくれる彼に変わってよ!」

「友達とは出掛けるくせに、私とはデートはしてくれないの?
もっと私を大切にしてくれる彼に変わってよ!」

「夫はいつも平日は帰宅が遅い。
いつもいつも午前様。
週末は疲れて一日中家でゴロゴロ。
これじゃあ、平日も休日も私ばっかりが育児じゃない!?
もうちょっと協力的に何でなれないの?」

「共働きなのに、私ばかりに家の事を押し付けられるのが不満。
私だって働いているの。
なんで平等にできないの?
もっと家事も育児もやってよ!」

本当にイライラしちゃますよね。

もっと優しい彼になってよ!
もっと私を最優先する彼になってよ!

もっと私の気持ちを理解する夫になってよ!
もっと私の事を尊重する夫になってよ!

もっとこんな彼に変わってくれたらいいのに。
もっとこんな夫に変わってくれたらいいのに。

そんなお気持ちを感じるかもしれませんね。

  

実は心の中をひも解くと、

彼(夫)のせいで、あなたがイライラなど嫌~な気持ちを感じるのではなく、
実はあなたの心の傷が、嫌~な気持ちを感じさせているということ、

なのです。

例えば友達とは出掛けるのに、私とのデートに時間を作ってくれない彼。

この時、あなたが感じる嫌な感情は、

「私より友達優先??」
「私のこと、もう嫌いになった??」

というものではありませんか?

この気持ちを掘り下げてみると、

「自分は大事にされない」
「自分は選んでもらえない」
「自分は一番に扱ってもらえない」

という気持ちが元になっているのではないでしょうか?

そして、この気持ち、
彼に出会う前から感じていた気持ちではありませんでしたか?

以前の彼とのお付き合いの時や、
友達との関係の中でも、

「私は一番には扱ってもらえない」
と悲しい気持ちになっていたのでは?

このような心の傷は、幼少期に作られることがとても多いものです。

もしかしたら、お母さんは妹ばかり「えこひいき」をしていたのかも。
もしかしたら、お母さんは子供の事より仕事優先だったのかも。

もしかしたら、パパママは離婚しちゃって、どちらかが家を出て行っちゃったのかも。
ママはパパ以外の人を好きになって、家をあけることが多かったのかも。

色々な要因で、私たちが子供の頃って
「私は一番に扱ってもらえない。」
と思いこんでしまうのですね。

そしてその思い込みを、ずーーーっと長い間、心に抱えて成長していきます。

大人になったあなたは、めでたく彼と付き合うことに。
最近忙しさを理由に、会ってくれない彼。
ところが偶然フェイスブックで、友達と飲み会を開いていることを知ってしまった

なんで
友達より、私は優先順位が下だってわけ
どういうつもり

と、「私は一番に扱ってもらえない」の傷が疼(うず)くんです。

友達多くて、彼って人望あついんだなぁ~。
すごく楽しそう☆ 私も飲み会、企画してみようかな。
このお店、なかなか雰囲気よさそう!彼にどこのお店かきいてみよう。
次こそは私とデート時間、作ってもらうわよ~!

同じフェイスブックの写真を見ても、上のような気持ちの選択肢もあります。

でも、「あー、どうせ私なんか大切じゃないのね・・」(-_-メ)
という気持ちを選択しているとしたら・・。

もうひとつの例。

育児をあまりしてくれない夫や、
共働きなのに、家事を平等にしてくれない夫に不満感を感じまくり、だとしたら。

ご自身が育ったおうちでは、お母さんばっかり一人苦労をしているように見えた。
お父さんは外で浮気をし、好き勝手。
お母さんはパートもこなし、育児をし、おまけにお姑さんにも気を遣い、、、。

女って割に合わないんだ。
女って苦労しなきゃいけないんだ。

幸せそうに見えないお母さんの姿に、ちょっと心を痛めた子供時代。

そんな心の傷が原因で、夫の
「まるで全てを女に押し付けてくるように見えてしまう行動
に、

「女をないがしろにしている!」
「男っていつも好き勝手している」
「だから女はいつも損なのよ!」

という気持ちがムクムクと湧きあがって、つい夫と喧嘩になってしまっていたとしたら。

あなたの心に向き合う時かもしれませんよ。
彼の行動そのものではなく、あなたの心の傷に原因があるのかもしれないからです。

何が傷になっているのか、気がつくことが出来ると、
その傷を癒すことに取り組むことが出来、
結果、自分が感じる感情を自分で選択できるようになってきます。

すると、落ち込みやイライラが減る分、
ケンカなど衝突も減るので、
「幸せだなぁ~☆」と思えるパートナーシップを築けやすくなりますよ。

「大人の恋愛」を通して自分の心に気がつくということは、本当に奥が深く、
でも一生をかけて取り組む価値、とてもあるなぁと心を学ぶたびに実感!です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる