旦那さまにイラッときたら【アメブロ「恋と仕事の心理学」より】

つい彼や夫の言葉に「イラッ」となることはありませんか?

そして時には大きな喧嘩に発展したり・・。
別れにつながってしまったり。

本当はケンカをしたいのではないはず。
じゃぁどうしたかったのでしょうか?

隔週木曜に執筆しております、アメブロ「もっとラブラブに」。
今日の記事はコチラ!

恋と仕事の心理学

  

こんなことってないですか

結婚したけれど、私は仕事を続けている。
だから家事は旦那さんと半分づつやると決めた。
だけど、結局いつも夕飯作るの私だし。
食事作っている間に洗濯もしてるし。

私「ねぇ、なんかいっつも私がご飯作っているんですけど。
  なんでルール守れないの?
  どうして出来ないの?

「ぼくもやらなきゃって思っているんだけれど、仕事で
  帰ってくるの遅くなっちゃうんだ。
  しょうがないじゃん。」

「なにそれ?
  ひらきなおり??
  じゃぁ、いいよ!ごはんは自分の分だけ作るから。
  あなたはひとりで外で食べてくれば?

「は?なんだよ、それ。
  わかったよ。そうすりゃーいいんだろ
  あー、してやるよ。」

っと喧嘩に発展していったり。

  

明日は久しぶりのデート。

すると携帯にメールが。
「ごめん、急で悪いんだけれど、
明日ダメになったわ。
仕事終わらなくて・・。ホントごめん!」

私はブチ切れて電話。

「ちょっと、どういうこと!?
  明日のデートって前々から決まっていたことでしょう
  なんで段取り良くできなかったのよ!
  本当は明日のこと、どうでもいいって思っていたんでしょう
  きっとそうよね。
  そうじゃなきゃ、こんなひどいこと出来ない!」


「ごめんって謝ってるじゃん。 
  しょーがないだろ。会社クビになったらそっちだって嫌だろ?」

もういいよっとブチっと電話を切っちゃった。

その後、彼から連絡が来ない。
どうしよう。
別れるって言われたら嫌なんだけれど・・。

   

こういう会話ってその昔、私、当たり前にやっていたんです。
イラっとくると弾丸のように彼や旦那さんを責め立てる。

「どうして週末ゴルフなの?
  育児で疲れてる私をみて、何とも思わないの?
  いたわろうってどうして思えないのよ?
  もういいわよ!あんたなんかアテにしないから!!
  ゴルフでも何でも行けばいいじゃない!」(ムッキー!

っと言うと、夫はゴルフに行っちゃう。
それでまた私はブチ切れる、、の悪循環でした。

最初のご夫婦の例では、

「なんでルールを守れないの?」
「どうして出来ないの?」

って責めちゃっている。怒っちゃってる。

でも本当は
「家事を半分助けてほしい。」
が心から伝えたかったこと。

そして結果は、「夫はこれから外で食べちゃって、
家では食べない。」
と望んでいない結果が手に入っちゃう。

ふたつ目のデートの前日の、ドタキャンの場面では、
彼の事を責め立ててスッキリしたいのではなく、

「明日のデートがキャンセルされて悲しい。」
「すごくデートに行きたかったんだよ。」

の気持ちを理解してほしかったのではないかなぁ・・と思うんです。

でも、それが彼からその後連絡が無く、「別れの危機!?」なんて
欲しくもない現実を突き付けられちゃう。

   

どうしてわざわざ関係を壊すようなことにつながる、
「怒って責める」
ってしちゃうんでしょうかね?

ひとつは「大変さの競争」を相方としている時かな~と私は思います。
私の方が大変なんだから、あなたももっと大変になりなさいよ!
みたいな意識です

私もこの感情を以前とても感じていました。
振り返った今なら見えるのですが、
この瞬間、ふたりの間に「愛」は存在していないのですよね。

「あいて」は競争相手でしかなくなっちゃっていますから

もう一つの理由。

「私との約束をキャンセルされた」

これって、私の事をないがしろにしているってこと?
私をちっちゃく扱っているんだ。
私ってそれくらいの存在なんだ。

って自信のなさを刺激されちゃうからかなーと私は思うんです。
その自信のなさを感じたくないから「怒り」にすり替える。

「怒り」はパワーが強いですから、本来の感情を覆い隠すことが可能です。

もしも彼氏や旦那さまの間で「イラ!」となったら。
競争意識はある?」
「本当に感じている感情って何?」
「本当の伝えたい気持ちは?」

と自分に問いかけをしてみたらいいかもしれません。

関係性、壊すことなんて誰も望んでいないですものね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる