嫌われないように頑張るあなたへ【アメブロ「恋と仕事の心理学」より】

嫌われないようにしなくちゃ。
怒らせないようにしなくちゃ。
振られないようにがんばらなくっちゃ。

こんな「怖れ」が行動の動機だと、どこかで疲れてきませんか?
「愛されてる!幸せ!」と実感ができますか?

隔週木曜に執筆中のアメーバーブログ「もっとラブラブに」。
本日UPしました記事をこちらでもご紹介いたします。

恋と仕事の心理学

  

皆さまに最初にお知らせです。
8月20日まで南米に旅に出ております。
ネット環境がない場所に滞在予定のため、ブログをチェックすることが出来ません。
コメントなどへのお返事は20日以降に書かせていただきますね。
どうぞよろしくお願いいたします。

パートナーへのこんな想い。

「夫が帰ってきたくない家にしちゃうと、また浮気相手のところに行っちゃう
そうならないように、部屋をきれいにしておかなきゃ

「彼が太っている子は嫌だ!って言っていたからダイエットしなくちゃ。
彼に振られないようにがんばらなくっちゃ。」

「彼女はレストランの選択を誤ると、とたんに不機嫌になる。
どんなにこちらが謝っても、機嫌がなかなかなおらない。
そうなるとメールしても返事来ないし、電話にも出てくれなくなる。
結構毎回、顔色うかがって疲れちゃうよ。」

嫌われないように、怒らせないように・・・。
そんな動機で一生懸命パートナーのためにがんばる時。

「あ~、愛されているなぁ、幸せだ~・・ふふっ!

と思うことってあるのでしょうか?

とりあえずがんばって夫が部屋の汚れに気がつかないよう、
取り繕った。
夫が帰宅。
あ~、よかった。
今日は浮気相手の所に行かずにこっちに帰ってきてくれたんだ。
何とか今日はセーフ。やれやれ・・。

そんな感じに、
「とりあえず今は切り抜けた。
明日はどうだかわからないけれど、今日のところはOKかな。」
とは思えても、

「私ってとっても愛されてる!
私って幸せ~」

とは思えないのではないでしょうか?

   

同じ行動でもこちらはどうでしょう

夫は今日もお仕事がんばってきてくれた。
どうしたら夫は喜ぶだろう

例えばリラックス効果の高い、ラベンダーの香りのキャンドルを焚いてみようかな。
ビールはグラスもキンキンに冷やしておいた方がきっとおいしいよね。

片付いてるお部屋は風水的にも良いらしいし、
この際いらないものも一気に処分しちゃおうかな。

夫が喜ぶかどうかの以前の段階で、すでにこの人は
「幸せ感、わくわく感」を感じているのではないでしょうか?

ですが、この結果にもしも
「へぇ、今日はなんか部屋の香りがなんだか良いね。
「わー、グラス冷やしてくれていたんだ。ありがとう。
なんて帰宅して夫が言おうものなら
「喜んでくれた、良かった
と嬉しくなる感情が湧きおこってくるかもしれませんし、
「君が奥さんで良かったよ。」
なんて言われた日には、
「愛されてる~!」
と実感できるのではないでしょうか?

     

これは動機が
「愛」からなのか「怖れ」からなのか・・
の差があるからなのですが

「怖れ」つまり
嫌われないように、怒らせないように・・・
と、悪い事態を回避するために行動を起こす場合、

悪い結果が起こらなくてよかった、つまり

「嫌われなくてよかった。
怒られなくてよかった。」

と思うことで気持ちが完結します。

つまり「愛されている、幸せである」
という感情にはなかなか繋がっていかないのではないでしょうか?

    

人は過去に傷付いた経験がある場合、
自分を守るために、傷付いた経験を回避しようとします。

過去にパートナーに振られて、ひどく傷ついた経験をしている人は

もう二度と振られたたくない。
あんなみじめな気持ちはもう味わいたくない。
あんな寂しい気持ちはもう感じたくない。

と感じますので、
「振られないように」
と行動の動機を持ちやすくなります。

けれどもこの「怖れ」が動機だと、
「愛されている、幸せである」
の感情にはなかなか行きつかない。

ではどうしたらいいのでしょう

パートナーをどうやって愛そうかな、喜ばそうかなと、
「愛」を動機に出来れば一番いいのですが、
それがなかなかできないかもしれないんですよね。

なぜ?
過去の傷が癒えていないから、なのです。
ですから「怖れ」が動機になってしまうのでしょうね。

「傷を癒す」ということに取り組むには、
自分の傷に向き合う必要が出てきます。
一人で取り組むのに抵抗を感じる時。
一人でどうしたらいいの?とわからない時。

もしもよかったらカウンセラーに尋ねてみてくださいね。

傷が癒えた分だけ、「怖れ」の動機も「愛」の動機に変えていくことが
できるでしょうから。

皆さまのパートナーシップの参考になりましたら嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる