連休や週末などに孤独を感じる時

昨今の日本は昔と違って、カレンダーの祝日が年によって変わり、
連休になることが多くなりましたよね。

けれども誰かとデートの予定もないし・・。
ブックオフ等で立ち読みして、ブラ~っと買い物でもして・・。
なんとなーく一日が終わる。

普段は会社に行ったりして慌ただしく終わるのに、
週末は誰とも会話しないことだってある。

こんな状態、寂しい気持ちに襲われてしまったりしますよね。

私が結婚する前。
彼に振られて、1人ぼっちだった時。
出会いを求める・・・なんて下心を持って英会話学校に通ったことがあります。
当時はシフト勤務でしたので、平日休みも多く、平日の昼間ならば空いていて、
マンツーマンに近い快適なレッスンが受けられるにもかかわらず、
英会話学校の目的は当時別にあったので、わざわざ混んでいる夜に通ったりしていました。

けれども女性ばっかりで見事玉砕・・。
思惑が外れた事を今でも良く覚えています。

自分自身が孤独感に襲われている時。
自分以外の皆は楽しんでいるような錯覚を持ってしまいます。

自分だけがこの世界にポツンと1人で、
そのことにだれーも気が付いてくれていないような、
本当に孤独な感覚。

そんな気持ちになってはいませんか
以前の私がよく感じていた気持ちです。

私がカウンセラーになろうとカウンセリングサービスの母体になっている
神戸メンタルサービスのヒーリングワークに参加した時、
沢山の人達と繋がりを持つことが出来ました。

もちろん弊社のヒーリングワークに限らないのですが、
色々なセミナーに参加することって、意外と多くの人と繋がれ、
また深いお付き合いに発展(女子会的なものも含め)することは多いもの
だなぁ・・・と感じますし、本当に多くの人が「繋がり」を求めていることも
知ることが出来ます。

初めて、知らない人の中に飛び込むことは勇気がいりますよね。
きっと皆も同じです。ドキドキします。
ほんの一歩を踏み出す勇気が、あなたの世界を変えていくことになりますよ。

今日もブログを読んで頂き、ありがとうございます。
皆さまにとって良い一日でありますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる