心のシャッターをおろしてしまう時【アメブロ「恋と仕事の心理学」より】

誰かに愛されたい、大切にしてもらいたい。
そんな気持ちを感じる毎日。

「どうせ私のことなんか、わかってはもらえない。」
そんな気持ちから心のシャッターをおろしてしまったこと、過去にありませんでしたか

隔週木曜にアメーバーブログに執筆しております「もっとラブラブに」。
今日アップされた記事、こちらでもご紹介させてくださいね。

恋と仕事の心理学

                    

子供のいるお母さんのクライアントの方のお話を伺う時、
なぜパートナーである旦那さまと上手くいかなくなったのか、お話を進めて
いくと、

「子供が赤ちゃんだった時、自分のペースで生活が出来ない毎日が本当に
大変だった。毎日朝まで通して眠れない日々。
次女を抱っこして、長女の手を引いてスーパーで買い物する大変さ。
その大変さを全く夫は理解しようともしてくれない。
コイツに何を言っても無駄だわ。
アテにするだけ、期待するだけ自分が後でがっかりするだけ。
自分で何でもやらなくちゃ。
頼れるのは自分だけ。」

「夫は夜、飲みに行くのも週末に勝手に一人で出かけるのも、
「行ってもいいかな?」と私にきくことはしないのに、
私が夜や週末に出かけるのに、夫の都合をまずきかないといけない。
私には自由が夫と比べて極端に少ない気がする。
私ばっかりなんでも背負っている気がする。
でもこんな私の気持ちなんかどうせわかりっこない。」

と、夫に対して心のシャッターをガラガラと閉めてしまう。
夫に対して距離を取ってしまう。

このような話、結構多くききます。

結婚をしてない、まだお付き合い段階のパートナーの場合。
「いつも忙しい忙しいと、仕事が忙しいことを理由にデートの日程を
なかなか決めてくれない。
でも、そのくせフェイスブックを見ると友達数人と飲みに行ったりし
ているみたい。
その中には女の子もちらほらいることも知っている。

何で私との時間は作れないのに、友達との時間は作れるわけ
もうあんな奴、知らないんだから

と、彼に対して心のシャッターをガラガラと閉めてしまう。

このようなこと、ありませんか

                     

心のシャッターを閉めてしまう時。
そこには「大きな絶望感」が伴います。
そして「心に大きな傷」がついていることが多いもの。

私の大変さを、苦しさを、寂しさを理解してほしいのに。
本当はあの時、私は心の中で膝を抱えて泣いていたのに。
そのことを知ってほしかったのに。
膝を抱えて泣いていた私を、彼は受け入れてくれなかった。

がーーん!ショック。

↑このがーーん、!ショック。
を感じたくないから、心がシャッターを閉めてしまったのですよね。
あなたの心を守るために。
もうこれ以上、ショックを受けないように。

そしてシャッターの内側の世界、一人ぼっちの世界で生きていくことを誓ったの
では

自分に頼れば、私はショックを受けることはない。
自分は自分を裏切ることはしないはずだから。

でもね、ここでこんな感情が出てきませんか
「私、本当はそんなに強くなんかない。
一人ぼっちで生きていけるほど、本当は強くなんかないよ。
本当は私、寂しいかも。孤独かも。
私、誰かに愛されたいよ。」
こんな気持ちが。

                      

私は愛されたい。大切にされたい。
でもパートナーシップでそれが叶わない。

そんな切ないような、悲しいような気持ちに襲われているとき。
過去に「心のシャッターを閉めてしまった事実」をすっかり忘れてしまっている
場合があります。

それは「子育てに理解を示してくれない夫」の場合もあれば、
実はもっと昔々の事だったりします。
「お母さんは(お父さんのこともありますが、お母さんの場合が結構多いです)
私の事、わかってくれなかったよね。
本当はわかってほしかったのに。
もういいよ。私は一人で生きていくから
それくらい昔から、あなたは心のシャッターを閉めていたりはしていませんでし
たか

でもね、どうか気がついてください。
それは当時、あなたの心を守るために必要だった行為だったこと。
シャッターはきっと必要だったのです。
その時は。

でも、もしも今は
「でも愛されたい。大切にされたい。」
そんな想いで心がいっぱいな時。

もう一度シャッターを開ける時なのではないでしょうか

もちろん「怖さ」が出てきますよね。
また傷つくんじゃないか
やっぱりわかってもらえないんじゃないだろうか
と。

それは自然な心理ですよ。

                     

けれども、どうか気がついてください。
あなたにはあなたの味方がいます。
それは、心のシャッターを閉めてから今の今まで頑張ってきたあなた自身。
何ヶ月か、何年か、何十年かわからないけれど、
あなたはきっと一人で頑張ってきたはず。
その過去に頑張ってきたあなたの分身は、
心のシャッターの代わりに、あなたの心を守ってくれるはず。

その分身は時に「自信」という名前となったり、
「自己愛」という言葉になったりします。

心のシャッターを開けなければ、誰もあなたの心の内側を知る事は
できません。
「本当は愛されたい。大切にされたい。」
という気持ちにも気がつきません。

あなたが心のシャッターをおろしたのはいつだったか、
それはどうしておろしたのか、
ちょっと過去を振り返ってみてはいかがでしょうか

シャッターをおろしたことさえ本人が気がつかないと、
シャッターを開けることを試みることさえ出来ません。
シャッターをおろした事実が認識出来れば、
シャッターを開けることが出来ます。

それは「愛されたい、大切にされたい」という気持ちを
もう一度あなたの外に発信できるということに繋がります。
それが「愛される、大切にされるあなたへの一歩」に繋がると
私は確信しています。

今日もブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。
皆さまにとって良い一日でありますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる