彼があなたと距離を置く本当の理由

あなたの彼が、なかなかデートの日程を決めてくれなくなった。

LINEをしても、なかなか返事をくれなくなった。

夫が飲み歩いているのか、帰宅が明け方になる。

もう、このパートナーシップはダメなのかな?えー、もうパートナーシップで悩むのこれ以上嫌なんですけど、、。

私のどこが彼は気に入らないのだろう?
いつもどうしてこうなっちゃうんだろう?

そんな気持ちでモヤモヤしている人はいませんか??

もうねー、こういうのって「一体男って何考えているの?意味わかんない!」ともうイライラするやら、悲しいやら、寂しいやら、、で辛いですよねーーーーーーっ!

いつもありがとうございます、カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

目次

私たちはすぐに自分がダメだから?と思っちゃうけれど

彼にあなたと距離を開けられちゃうと、「私が悪いから?」「私がダメだから?」と思ってしまうこと、結構多いのでは?と思います。

なんでちゃんとできないの?もっと私、しっかりしてよ!!

もちろん、私たち女性側の対応に問題があるケースも事実あります。

「ふつー、彼氏なら毎日連絡くれるはずだよね?」と一般論で迫ったり。

「こんなこともできないの?」と相手を否定したり。

「夫なんだからやってくれるの当たり前じゃん、むしろもっとやれ!」と感謝をしていないケースだったり。

これはやっぱり、私個人の見解ですが、女性側が改める方がうまくいくかな、、とカウンセリングをしていて感じているのは事実。

でもあなたのせいではなく、相手の心情によるケースもとても多いのです。

その場合は、あなたに落ち度はなく、しかしながら次の点を知らないと、どうしたら良いのか対応を間違ってしまう場合があるので、是非知っておいてほしいことです。

男性は大切な人を幸せにできないのが辛い

私の知り合いで、こんな男性がいました。(本人の許可を得て掲載しています)

彼はある会社でサラリーマンをしていました。

2人の子供がいる、ごくごく一般的な4人家族のお父さん。

食べることには困らない生活でしたが、海外旅行に出かける余裕もないし、子供に大学まで出す余裕のない収入でした。

なので奥様から「稼ぎが少ないだめ亭主」の烙印を押され、毎晩帰宅すると、収入を責められる毎日。

そこで彼は、「自分には妻も子供も幸せにできる力がない、情けない男」という現実を毎日のように突きつけられるような気持ちに陥りました。

そんな彼は、最寄り駅に降りたつも、真っ直ぐ家に足が向かず。

最初はコンビニで缶チューハイを買って駐車場で一杯飲んで帰宅する日々でしたが。

段々と漫画喫茶で明け方まで時間を潰すようになっていきました。

自分の存在が、家族にとって「いけない存在」に思えて、家族のいる家に帰りにくく感じたそうです。

女性の怒り

一方、旦那様が毎晩帰宅が遅くなれば、そりゃー妻は

「誰かと浮気してるんじゃ?」

と疑い、夫が帰宅すれば

「なんでこんなに遅いの?」

「外で何やってるのよ?」

「浮気してるんじゃないの?」

「ふざけるな!」

と、これまた逆上されたそうです。当たり前と言えば当たり前だと、女性の私から見たら、「だよねー」と奥様の気持ちもわかりますが。

でも、この妻の怒りが怖くて、さらに家に帰りにくくなり、とうとうその男性は、本当に浮気をしてしまいました。

職場で若い後輩が、心配してくれて、つい、、、というパターンでした。

彼は役に立てないジレンマを抱えていることを知ろう

ちょっとお恥ずかしいお話を一つ。

実は先週の金曜日の夜、「金曜の夜だー!」と羽目を外して缶チューハイを飲みながら夕飯の料理をしていたら、うっかり小指をざっくりと切ってしまいました。

いやー、思いの外「ざっくり」だったようで。結構な出血、、。

1時間近く、左手を心臓より上にあげ、アイスノンを使いながら圧迫止血をし、なんとか止血に成功。(よかったー)

そんな左手をリビングであげている状態で、23歳の長男が帰宅。

私のひどい有様を見て、その日の晩御飯、翌日の昼夜、その翌日の夜ご飯を作ってくれました。(昼は夫が作ってくれました)

「ママ、絶対に無理して自分でご飯作るなよ!僕が作るから、絶対に作るな!」

と言ってくれました。

実際水に触ると、途端にガーゼに血が滲むのです。
だから台所仕事には立ち会えない状況になりました。

(シャワーも難儀!)

今までは、相手は子供だからってママが頑張らなきゃって、頑張っていました。

でも、一度怒られた経緯があります。

フィールサイクルで頑張ったせいなのか、肩を痛め、腕が上がらないことありました。
でも無理して、ご飯を作ったり、掃除をしたり、

でもどこか、歩き方がおかしかったのかな。「なんで頼らないの!」っと酷く怒られました。
いや、それは私のわがまま、ですから!って思いましたが。マジで違うみたい。

それくらい、男の人って大切なひとの役に立ちたいみたいです。

だとしたら、、。

役に立てない、という思いがよぎることほど、辛いことはないでしょう。

生きている意味を見出せないくらい、辛いことですから。
女性の私たちが想像する以上に。

だからね。

彼の価値を伝えてあげることが、大切なケースは確かに存在します。

彼が勝手に「自分といては大切な人を不幸にしてしまう。役に立てない自分だから。」と思っているケースも、結構多いものです。

このケースに当てはまる男性かどうか、見極めるには?ですが。

過去に失敗体験があるかどうか、を見てみてください。

受験に失敗した

就職に失敗した

結婚に失敗した(離婚経験がある)

仕事で失敗した

などなど。

そんな心の傷があるとしたら。
彼が自分の存在意義を見失ってしまっているケースはありうる、と知ってくださいね。

そんな時は、「私がダメだから彼が私を見限っている」と思うのではなく、彼の傷をどう癒そうか?に目を向けるとうまくいくケースが少なくないです。

このブログを読んでくださる方、みんなが幸せでありますように。

いつもありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる