【Q&A】性的な目線で見られるのが嫌!!

昨日の恋愛心理学講座「恋愛がうまく行かない理由と改善法徹底解説!」にご参加の皆様、本当にどうもありがとうございました。

講座内でチャットでご質問を頂きましたので、ブログ上でお答えしていきますね。
多くの悩める女子達の、どうかお役に立ちますように。

いつもありがとうございます、カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

目次

「性的な目線」を悪とする心理とは?

質問お願い致します♡
男性と出会うと性的な目線で見られることが比較的多いです。自分ではしっかりと人間関係を構築したいと思っているのですが、どうしたら良いのでしょうか?

今回のご質問者さんを、「夏空さん」としますね。
今日も抜けるような青い空と真っ白な雲が浮かんでいる、私の大好きな夏空が広がっています。

まずは大切な夏空さんが「性的な目線」で見られるとしたら、

「おめでとうございます!!」

と、お伝えしたいですね〜。なぜなら

「とっても女性として魅力的ですよ〜」

と、とってもわかりやすい男性陣からのメッセージだからです。

夏空さんは、めっちゃ女性としての魅力が満載の方なんですよ。
まずは、そこをちゃんと押さえていきましょう♡

ご質問の最初の出だしにも、

質問お願い致します♡

と、♡が使われているところからも、とても女性的な方なんじゃないかと推察できます。

さてさて。

アニメや映画の名作、ルパン三世の峰不二子という女性は、もうお色気ムンムンを魅力としているキャラ設定で、この魅力で登場人物の男性達を翻弄させる設定となっています。

作者もモンキーパンチさん(本名:加藤一彦さん)という男性ですし、峰不二子は男性の一つの理想の形なのかもしれませんね。

でも夏空さんが、この目線が嫌だ!と捉えるとしたならば。

自分ではしっかりと人間関係を構築したい

この言葉に、夏空さんの思いが隠されていると思いました。

「女としての私」ではなく、「一人の人間としての私」を理解して、受け入れて、できたら好きになってほしい、愛してほしい。

そんな思いがあるような気がしました。

逆にいうと、「一人の人間としての私」を見ているのではなく、「セックスの対象としてまずは見られているのでは?」という怖れや疑いがあるのかもしれませんね。

そこには、「性への嫌悪感」がある可能性があります。

お母さんが、学生時代に彼氏との交際に反対していたとか。
お母さんが、お父さんと仲があまり良くなかったとか。

そんなことから、「性への嫌悪感」は生まれてきます。

夏空さん、どうかな。性への嫌悪感はあるでしょうか?
ここは今一度チェックポイントです。

男性に対する思い込みはどんなもの?

夏空さんがもしも、

男はみんなヤリモク(やるのが目的、つまりセックスが目的で近づいてくる)
本当の私には興味はなく、女の私に興味があるのよね。

という思い込みが男性に対して、あるとしたら。

その先もっと心の深い部分にいくと、

「素の一人の人間としての私には魅力がない、価値がない」

という思い込みがありませんか?と問いたくなります。

私は、「女性が性的に見られる」ということは、そこまで悪いこととは思わないのです。
むしろ、先ほども書きましたが、「女性としてめっちゃ魅力的でっせー!」という男性からのメッセージだと思うから。

でもここでもう一つ、押さえておきたいことは、お父さんとの関係です。

お父さんとの心の距離が遠いと、どうしても男性に嫌悪感が出てきますから。

パートナーシップでは、男といえば、もうセックスですからねー。
どうしてもここは切り離せないかな、なぜならセックスは、男女の深い深いコミュニケーションですから。

少なくとも私はそう思っています。

そのセックスに嫌悪感はありませんか?

講座内でもお話しましたが、セックスほど自分の生き方を露呈するものはありません。

裸になって人と向き合う

それはすなわち、裸の自分と向き合うことだから。

野生的な、自分でも知らなかった自分に出会う体験ですからね。

どうしたらいいのか

結論をお伝えすると。

① まずは夏空さんの女性としての魅力にOKを出しましょう。絶対にあなたは女性として魅力満載なはず。「性的な目で見られること」これ自体は悪いことではありませんよ!

② 夏空さんの人間としての魅力をもっと知りましょう。あなたは女性という枠を超えても、たくさんの魅力や才能があるから心配しないでね。

③ 男性に対する思い込みはどんなものか、今一度確認しましょう(セックスしか興味ない、とか、女を食い物にする、のような思い込みはありませんか?)

④ これが一番大事!夏空さん自身がもっと夏空さんを認めてあげましょう!(自分へのダメ出しはしていないかな?って私は心配だよー!)

夏空さん、本当に素敵なご相談ありがとうございました。
素敵な、と表現したのは、人として当たり前に悩むことでしょうし、多くの人が同じように悩んでいるはず。

その悩み解決の先陣を切ってくださったから。

本当に感謝しています。

夏空さんをはじめとする、一人でも多くの方がどうか幸せなパートナーシップが築けますように。

夏空さん、真っ先にチャットでご質問を書いて下さいましたよね。
私は夏空さんに直接講座内で「本当にありがとう〜!!」って言いたかったです。
書き込むこと、本当に勇気がいることでしょうから。

どうか夏空さんの未来が素敵なものでありますように。

このブログ読者の方にも、どうか役に立ちますように。

みんなで幸せになろう!!

今日も読んでくださってありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる