男性の効果的な褒め方♡

こんにちは!カウンセリングサービスの沼田みえ子です。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

先日、普段は仕事前の朝参加の私が19時半からのフィールサイクルに初めて参加してきました。
(フィールサイクルとは、うす暗闇の中で洋楽ヒット曲が結構な音量で流れる中、45分自転車をこぎながら腕立て伏せや腹筋をするフィットネスジムのことです)

2019-04-15_152005

割と普段はこのフィットネスジムは女性が多いのですが、さすが「きついトレーニングレベル」だったからなのか、珍しくも半数が男性でした。男性は自分の限界を知りたいですからね~。
私の隣も珍しく男性。お仕事帰りに来られたのでしょう。

このクラスは自転車をこぎながら、チューブと呼ばれる太いゴムバンドを使い、背筋と二の腕の筋肉を強化していくのですが、このゴムバンドを使って腕を横に広げるとき、隣の男性と手がぶつかってしまいました。

レッスン終了後、自転車の下の床に水たまりのように落ちた汗を拭きとるのですが、その時に私が話しかけました。

「先ほどは手が当たってしまい、大変失礼いたしました。」
「いいえ、僕の方こそ。」
「今日のプログラム、きつかったですよね。でも、最後までこぎ切ってさすがって思っていました。
ここまで汗だくになるってことは、手抜きをしなかったってことですね。さすがです!お疲れ様でした!」
「あ、お疲れ様でした!」

とスタジオを後にしたのですが、「手抜きをしなかったってことですね。さすがです!」とお伝えした時のあの、何とも言えない、はにかんだ表情!!

もう、どんだけ褒められたいのーーー、男子はーーーっ!っと思った瞬間です☆
ちなみに初めてお会いした方でしたので、「なんじゃ、このおばさん?」と思ったかもですが、気にしませーーん(笑)
褒める力は、日常で養われていきますから、ね^_−☆

●男性のほめポイントは?

男性を褒めてくださいね、と女性の皆様にはよくお伝えしていますが、
「どう褒めたらいいのか、いまいちよくわかりません」
と言われることがあります。

ほめポイントは「男性性」を褒めてください。
なので、「優しいね」「かわいいね」は私の経験上、あまり喜ばれないかな。
これは「女性性」の部分ですから。

やさしいね!は女性は「ほめ言葉」と思いがちだけれど、もっと男性性を褒めたほうが、男性は嬉しいようです。

例えば、先のフィールサイクルでの私のセリフ。

今日のプログラム、きつかったですよね。でも、最後までこぎ切ってさすがって思っていました。
ここまで汗だくになるってことは、手抜きをしなかったってことですね。さすがです!

は、きつい中を頑張ったあなたは力強い!

と、パワーを褒めています。つまり力強さ、筋肉力です。男らしさですよね。

2019-06-11_182021

●具体的にどう褒める?

男性性とは、リーダーシップ力、決断力、競争力、守る力、稼ぐ力、判断力、与える力なのです。

この力を褒めると、ドンピシャ、男性の心に響きます。

具体的には

あなたの声を聴くと、ものすごく元気がでる!(与える力)
あなたって本当に器の大きい男よね!(リーダーシップ力、守る力、与える力)
本当に頼りになるなって思うの!(守る力)
さすが、素晴らしい考え!(決断力、判断力)
あなたがいると安心感でいっぱいになるよ!(守る力 稼ぐ力)
あなたの声って、本当にオトコらしい!(守る力、与える力)
あなたの腕の中って、本当にドキドキしちゃう!(守る力)←ベッドタイムに是非☆

などなど、是非、男性性の部分を褒めてあげてくださいね。

褒め上手な女性は、間違いなく「モテます」!
夫婦関係がめっちゃ上手くいきます!

あなたの夫婦関係、なんだか上手くいっていないとしたら、「褒める」は即効性があります。
夫が浮気をしているとしたら、あなたは「褒める」をしていなかったかも?しれません。

もしかしたら、あなたに「男性を褒める」ことにブロックがあるのかもしれないね。
私が昔、あったように。

私も、昔、「オトコに負けたくない!」って気持ちが強くて、、。
だからほめベタでした。

だからフラれまくり、だったし。
以前は夫婦関係は上手くいっていなかったです。

あなたには同じ回り道はして欲しくないのです。
直球で、上手くいくパートナーシップを手に入れて欲しい。

だから、褒めることに抵抗があるとしたら、

「パートナーに競争意識がないか」
「あいつばっかりずるくない?と言う思いがないか」
「私はかわいそうな人、と被害者意識がないか」
「私なんかが言っても、なんか意味なくない?と無価値感がないか」

そんなブロックがないか、今一度チェックしてみて欲しいです。

そのブロックは、あなたが作り上げた「思い込み」なんだけれど、そう思わざる得ない過去があったと思うのです。

多くは悲しみ。

もしよかったら、その悲しみを聞かせてくださいね。
回り道は絶対にして欲しくないから。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる