LINEで男性のエネルギーを奪っていませんか?【アメブロ「大人の恋愛術」より】

今回はLINE既読スルー!ラインの返事がない!

そんな女性たちの嘆きをどうにかしたい!という記事。

今日アップのアメブロ記事。
皆、恋愛、夫婦関係、頑張れ!
そんな思いで書きました!

1238124039578[1]

雪だるま  雪だるま

今回はかなりカウンセリングでもご相談の多い、LINEのお話。

LINEは基本、会えない時に使うコミュニケーションツールですが、使い方によっては、めちゃめちゃ愛される女性の印象を与えられるのですよね。

でも残念ながら、「メンドクサイ女」を印象付けるツールとして機能してる場面が多いのかな~~と思います。

なぜなら、そのご相談がカウンセリングであまりにも多すぎるから!

彼が既読スルーします。
返事がなかなかないんです。
ブロックされちゃいました。

そんなご相談がなんと多いことか!

今回は「LINEで恋愛をダメにしないで欲しい!」という沼田みえぽんの願いを込めて、ブログを書かせていただきます。

2016-07-28_234355

雪だるま  雪だるま

まずは私も女性だからよーーくわかるのですが、女性の皆さま、自分の気持ちを今一度よく知って欲しいのです。

まず、我々女性は「だらだら文句を垂れるのが好き」なんですよ。

(ここで、拒否の感情が出てくるかな?)

誰かへの不満や文句を話すことで、共感してもらい、お互いの繋がりを再確認していく、、、なんてことも女性の世界では日常的にあります。

だからね、どうしても「感情をわかって欲しい我々女性」は、感情をわかってもらいたい文章を書きたくなります。

例えば、、

「こんばんは!みえぽんです(あ、これ私のことです。沼田みえ子なんで、、)

ちょっと聞いてくれる~?今日ね、同じ課の後輩の鈴木さんがさー、いきなり私に口ごたえしてきたわけよ。

マジムカつく!だってさ、仕事ほとんどできないのよ?なのに、えらそうに、、。(怒!)

ねぇ、どう思う?もう辛すぎるわけよ。ほんと、消えて!って思う~!」

これ読んであなたはどう思いますか?

☆ 愚痴にどう反応していいか、わからない。っというか、LINEで文字数多く打つの、メンドクサイ!

俗にいう、「レシートライン」と呼ばれるもの。

女性に多いのですよね。ずら~~っと長々LINEしちゃうの。

私もよくやっちゃって、息子に「スマホの画面に入らないじゃん!」っと怒られます。何書いてるんだよ?なっげーっ!

と息子2人から総攻撃、、。(汗)

でも、結構ママ友のラインは、全部が全部ではないのですが割と「長い」。私はなんとも感じていませんが、男性たちは「なげーっ!」と思うようです。

なぜなら女性と男性の会話している文字数さえ、全然違う統計があるくらいですから!

私自身、クライアント様男性女性両方いますが、女性クライアント様だと、私が聞き役に徹する時間が長く、男性クライアント様だと、その逆!

話す量、女性のほうが3倍多いのだそうです。

それくらい、女性の話す情報量は3倍多く、女子会トークともなれば聞く量も3倍多い。

お昼下がりのファミレスにいくと、ママ友関係や子育てを終えたお歳の女性たちが4~6人くらいで話しているのを見ると、とってもにぎやかですよ~!

(私もその一員かな~?)

とにかく話す話す話す!

日常的に女性が求めているコミュニケーションは、感情的に共感して欲しい話と自分をわかって欲しい話。

でも男性は、本当にLINEは連絡ツールなんですよ。

夫は「PTAお父さんの会」というものに入っていて、まぁ外資系や起業家、医者から、サラリーマンなど色々な職種が混ざってる会なのですが、全員がおとーさん、つまり男性。

そのLINEときたら、ほとんどスタンプの応戦。なんだこれ?っと私が見たらボーゼンとするようLINEなのです。

それくらい、文章書くのが男性は苦手なんだなぁと実感するLINEです。

なのでレシートラインは読むだけで疲れ、さらに何を書けばいいの?と頭が混乱し、既読スルーとなるようです。

☆1度にやたら質問ばかりする。

「ねぇねぇ、次のデートどこに行く?ってうか、今の仕事、結構忙しいの?この前そんなこと言ってたじゃん!ほんと、オトコの人は大変だよね~。

そういえばこの前渡したプレゼント、どうどう、よかった?」

1つのLINEに複数の質問、、。

何をどう答えたらいいのやら、、。一体この人、何を聞きたいの?もう意味わからん、、。

となる可能性100%です!

となると既読スルー。(ちーん)

女性は、ばっちり順を追って答えますよねぇ。それはやはり、マルチタスクな脳の構造が女性にあり、男性脳はシングルタスクだから、ではないでしょうか?

例えば保育園に通う子供が朝発熱している事がわかったとき、ほとんどのお母さんはまず、

今日は小児科開いている日かどうか
母子手帳はどこにしまったかな
今日、もしも私が会社休んだら、どう段取りを伝えようか
メール?電話?
会議は何時からだっけ?
保育園に電話しないとな
夕飯の買い物いけないだろうから、冷蔵庫の中のもので何が作れる?

これを瞬時に一気に考えるんですよね。多分1分以内です。ホント。

テレビ見ながらアイロンがけをして、頭では夕飯の献立を考える、なんてことは日常にしていますしね。

というわけで、1つのラインには1つの質問が親切だと思います。女性と男性、そもそも脳が違うって知ったほうが良いよ~!じゃないと、イラついてしまうこと山ほど!だと思います。

(実体験)

☆ ざっくりとした情報しか渡さず、質問する。

「ねぇねぇ、都内でおススメのレストランってどこかある?」

というラインでの質問。

え?何人規模で行くの?
都内って渋谷?品川?東京駅近く?池袋辺り?
レストランって中華?イタリアン?和食?すし?

居酒屋的なところ?
予算は?

などといちいちラインを打って聞くのもメンドクサイ!!

僕の時間もエネルギーも奪わないでよ!になりそう、、。

で、既読スルー(ちーん)

雪だるま   雪だるま

そんなわけで、何人かの男性に伺ったところ、こういったやり取りは電話のほうが良いということ。

ラインはあくまでも連絡のツールとして使いたいんですよね。

男性は「恋愛よりも仕事など社会での成功」にエネルギーを費やしたいと思うので、どうしても「エネルギーを奪われること」を嫌う傾向があるな~と感じます。

(社会でできる男ほど、その傾向は本当に強い!!)

ではどうしたら、恋愛においてラインを使ったらいいのでしょうか?

我々女性はラインをどういったもので見ているかと言えば、愛されているかどうかのバロメーターにしているんですよね。これ、認識するの鬼大事!蛍光ペンで強調ものだよ!

絵文字にハートマークがついていれば愛されていると感じ、即レスなら愛されていると感じ、既読スルーだともう愛されていないのでは?と不安になる。

「愛」を確かめたくなるんですよね。「愛されていることを確認したい」のですよね。

愛がほしければ、どうしたらいい?

心理学では「欲しいものはまず先に与える」が鉄則。

あなたが彼に愛を与えましょうよ!それは「愛してる!」とラインするのではなく、

あなたならできるよ!
あなたは素敵だよ!
あなたのおかげ!
やっぱりすごいね、さすがだね!


承認で愛を伝えるんです。

(これも鬼大事、っというか、試験に出ますレベル!)

いつも僕を認めてくれる。
いつも僕を応援してくれる。

日々自信を失いがちな男性社会を生きる男性たちは、こんな言葉をかけてくれる存在を手放しませんよ!(これも立証済み!)

「会いたいな」と思わせる女になるためのツールにラインを使えたら、もっと幸せ感いっぱいのパートナーシップを楽しめますよ!

もしもそれができない!したくない!と思うなら、そこをカウンセリングで扱う所。

なんで男性を喜ばせたくないの?これはノウハウじゃないんですよ。
今こそ、あなたの感情を大切にしてあげましょう。

ただいま直近面談ご予約いただける枠は

2月24日(土) 10時  13時  16時  19時
2月25日(日) 10時  13時  16時  19時
2月28日(水) 10時  13時  16時  19時

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる