あなたの思い込みがパートナーシップの邪魔をするとしたら【アメブロ「大人の恋愛術より】

今回は思い込みを数式で表す挑戦をしてみましたよ~。

あなたの思い込みは、、何でしょうか?

隔週金曜日に執筆中のアメブロ記事「恋愛テクニック」。
今日の記事をライブドアブログでも紹介させてください。

1238124039578[1]

クリスマスツリー   クリスマスツリー

あなたはこんな思い込みはありませんか?

オトコは浮気するものだ。
オトコは怖い。
オトコは自分勝手。
オトコはずるい。
オトコって何考えているのか、理解できない。

オンナは面倒くさい。
オンナは怖い。
オンナは何考えているのか、わかりにくい。
オンナはすぐ怒る。
オンナは不満しか言わない。

こんな思い込みがあると、、、

過去の彼、どういうわけか浮気する人ばっかり。
これまで付き合った彼、なぜかすぐ怒鳴るし、暴力的。
私と関係を持つ男性、自己中で自分勝手な人ばかり。

過去の彼女、本当にぎゃあぎゃあうるさくて、メンドクサイ女ばっかり。
歴代の彼女たち、すぐ怒る女性ばかり。
自分とつながりのある女性、皆愚痴っぽい。

こんな現象が起こるんですよね。

なぜなんでしょう?

例えば、
オトコは浮気するものだ、という意味で
オトコ=浮気する人

という式がこころの中にあると、

浮気する人=オトコ

という思い込みができ、浮気しない人には
「君は男として認定しますよ!」
と、認定マークを「ぽんっ!」と押せなくなっちゃうんですよね。

わかりやすい例で言うと、

浮気するような危なっかしい男性にしか、心が奪われないパターン。

または

付き合った男性にも
「どうせあなたも浮気するんでしょ!」
という接し方をしてしまい、

スマホを常にいじっている⇒「あ、浮気してるんだ!」
帰宅が遅い⇒「あ、きっと浮気だ!」
ラインの返事も遅い⇒「あ、絶対浮気だ!」

と疑い、決めつけて、責めて、追いつめて、結果浮気される、、、

というパターンが少なからずあります。

この思い込みは、
お父さんが浮気していた

または

最初に付き合った男性に浮気された

といった状況で作られることが多いです。

オンナは怖い、という思い込みは多くはお母さんがヒステリックだった、
いつもイライラしていた、という場合が多いです。

クリスマスツリー   クリスマスツリー

ここで算数の問題です。(いきなりですね~)

1+1=2
という式は
2=1+1

でもありますよね。

でも、
2=2+0
2=3-1
2=2×1

など何通りも実は答えが2になる数式は存在します。

先ほどの

オトコ=浮気する人

も、本来ならば

オトコ=頼れる人
オトコ=力強い人
オトコ=おおらかな人
オトコ=リーダーシップ力旺盛な人
オトコ=優しくて包容力のある人

などなど色々と存在するのですよね。

こんなことはきっと
「そんなの当たり前です、わかっていますよ~」
と感じるでしょうね。

でも、無意識ではどうかな?というところが大事なところなのです。

無意識に決めつけはしてはいませんか?
どうせオトコは(オンナは)こういうものだ。

そんな決めつけはないでしょうか?

もしも過去のパートナーシップが

例えば
浮気する人ばかり
暴力的な人ばかり
自己中な人ばかり
理不尽に感じる人ばかり

怒りんぼばかり
愚痴っぽい人ばかり

などなど、偏りがあるなぁ?と思うようなら
是非思い込みを今一度チェックしてみてくださいね。

実際にカウンセリングで、思い込みをどう書き換えていくか?

と言えば、

なぜお父さんは浮気に走ったのか?という行動動機を見ていき、
男性だから浮気に走ったわけではない、という理解から
思い込みを書き換えたり、

優しい男性やら頼れる男性の存在を、実例で理解を深めていったり、

セラピー(心理療法)で心に落とし込んでいくこともあります。

大事なことは、自分の思い込みをまずは知ることです。
そこからいくらでも手を打つことはできますから。

知らないと、手を打つ、ということにも発想がつながりませんから。

皆様のパートナーシップ、応援しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる