女ばかりが譲らないといけない訳!?【アメブロ「大人の恋愛術」より】

いつ女性が我慢してる気がするわ!
なんで男が歩み寄らないのよ?

こんな不満の声をきくことがあります。

隔週金曜日にアメブロ「大人の恋愛術」に記事を書いているのですが、
本日UPの記事です。

1238124039578[1]                                                     

今回はみえぽん、日々実体験なお話。
リアルですが、もしかしたら偏っているかもです、見方が。
カウンセラーの私が言うのも、変なのですが、
でも常々思っていることがあります。
「夫が浮気した!
苦しいです。
でも許さなきゃってわかっているんです。
修復をしたいんです。
でも責めたくなる。
だから苦しい。」
「なんで女ばかりが歩み寄らなくてはならないのでしょうか?
なんで女ばかりが我慢しなきゃならないの?」
そんな声ってよく聞こえてきます。
心理カウンセリングのクライアントさんは
男性に比べて、女性の方が圧倒的に多い気がします。
そうして、パートナーシップって
女性側が何とかしたい!
と行動に移す方がホントに多いよなぁ~と感心します。
男性が
「妻が浮気しちゃって、でも許そうと思うのですが、
許せなくて苦しいのです。」
という話をする方ってあまり聞かないのですよ。
もちろんいらっしゃるのでしょうが、
「もう許せん!」
とばっさり切り捨てる方が多いように思うのです。
許す、
もう一度受け入れる
心の勉強をして、パートナーシップをうまくいかせる
そういったパワーは女性の方が圧倒的にある気がするのです。
  
私の大好きなハウンドドッグの歌で
「ジェラスガイ」という歌があります。
その中の歌詞で
「男は気まぐれ 子供で
女はひたむき 大人さ」
という部分があります。
まぁ、男の勝手な都合のいい言い分だなぁ
とも思うのですが、
そうだよなぁ・・
と納得もしちゃうんですよ。
夫を見てても、
18や14の息子を見てても、
他のパパ友(ってあるんか?子供の学校関係者などです)
を見ていても、
外の世界でがんばっている分、
はぁ?っと呆れるくらい子供か??と感じるところが
見え隠れします。
それが40代だろうが50代だろうが。
  
昔の私はこの部分にキレまくっていたなぁ・・と思い出しました。
なんで私ばっかり大変なんだよ!
なんであなたたちは、私に大変なことを押し付けるんだよ?
  
なんで自分勝手なんだよ?
  
なんで私の大変さをわかってくれないんだよ?
  
なんで私の頑張りをわかってくれないんだよ?
  
なんで私の気持ちを受け止めてくれないんだよ?
   
そう、言いたいことは
「私の気持ちをわかってよ!
大変なことも、
がんばっていることも、
全部全部!

ぜんぶーーーっ!」
それを子供な「男性たち」はわかってはくれず、
私は苦しかったのです、その昔。
今は、これをわかってもらっているなぁ~と納得しているから、
だから
「はいはい、男は子供ちゃんなのね。
私が大人になればいいのねぇ~」
と我慢じゃなく、本心から思えるので、
「私ばっかり、なんで我慢なのよ!」
という気持ちにならなくなり、
心が平和ーなんです。
  
じゃあ、これを私は全部夫にわかってもらっていて、
超出来のいい夫かといえば、そうでもなく、
いたってふつーーーのオトーサンなんですよ。
夜のカウンセリングを終えて、やれやれと思って
キッチンに行くと、流しに山積みになっている食器たち。
「おーまいがっ!」
 
と一瞬、イラッとします。
なぜ洗っておかんのじゃ?って。
せめて食器、水につけておこーよ!
そうも思います。
週末私が朝早く洗濯して、家族の朝ご飯を作って、
カウンセリングに出ていきます。
で、夕方18時半に戻ると、
「今日のご飯は何?」
ときたもんだ。
君は仕事休みで、私は仕事してきたの。
でも、今から私がご飯作るんだね?って。
そうも思ったりします。
で、ここまでくると笑っちゃうのですよ。
ではなぜ、イラッとして
怒り心頭に昔のようにならないのか?


これ、じっくり考えてみました。
これは、「わかってもらっている」という実感が大きいのだなぁと知りました。
私は同僚が当たり前ですが、カウンセラーです。
だから、
「みえぽん、わかるよー」
と言ってもらえる環境なんですよね。
たった、この言葉
「みえぽん、わかるよー」
だけなのですよ、かけられてる言葉は。
でも、うれしいのですよね。
誰かが自分をわかってくれてる。
大変さも
つらさも
頑張ってる日常も。
騙されたと思ってください。
そんなことで、そんな一言で人生変わるのかよ?って。
あなたばかりが譲る必要はないのですよ。
受け入れてもらう実感があったら、
「全くしゃーないかぁ~」
っと
「男は気まぐれ、子供さ」
という言葉が受け入れられるかもしれません。
受け入れられると、本当に楽ですよ。
人生が。

 いよいよ明日開催! 
 

  沼田みえ子 スぺシャルワークショップ  

講 師: 沼田みえ子
テーマ: 自己肯定感からの贈り物~モテ☆オーラの磨き方~
日 時: 2016年6月4日(土) 16:00 ~18:00
料金: 2本以上参加される方には、通常1本あたり3,240円のところ割引料金を適用させて頂きます。
    (1本・・・¥3,240-  2本・・・¥5,940-  3本・・・¥8,640-)
会 場: 機械工具会館 

交 通: JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
ゲストカウンセラー:  樋掛豪カウンセラー  土肥幸司カウンセラー  大みぞなおみカウンセラー

*参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお
子様は無料です。

※料金について※

スペシャルワークショップは、下記3本のワークショップを1日で開催します。

13:30~15:30(1)やなぎあこ「心を満たしてラクに生きよう」

16:00~18:00(2)沼田みえ子「自己肯定感からの贈り物~モテ☆オーラの磨き方~」

18:30~20:30(3)大野愛子「頑張るジブンを応援する~自己肯定力養成講座~」

2本以上参加される方には、通常1本あたり3,240円のところ割引料金を適用させて頂きます。

(1本・・・¥3,240-  2本・・・¥5,940-  3本・・・¥8,640-)

※お申し込みについて※

通常のお申し込みフォーム より、ご希望のワークショップを1本ずつお申し込みください。
*当日飛び込み参加もOKですが、できるだけお申し込み頂けると助かります。
※受付について※
受講料は当日現金にてお支払いください。
その際、どのワークショップを受講されるのかを受付でお伝えください。

>>>お申込みはこちらから<<

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる