夫や彼とうまくいっていない方、必見!です。

夫や彼とうまくいっていない方に、大きなヒントになるような感想をクライアント様から頂きました。

大きな気づきが書かれております。(全文掲載です)

沼田さん、いま、カウンセリングを終えました。長い時間ありがとうございました。 

終わっての感想は、頭の中がとてもクリアになっています。
寄り添うような、でも客観的な、カウンセリングをいつもありがとうございます。 


最後にちょっと話しました、映画シンデレラ
(実写版のです。ケイトブランシェットの意地悪ぶりが哀しくて愛しくて最高です)
から学んだことについてです。 


といっても、難しいことではなく、 

「王子様も、シンデレラを求めていたんだ」ということです。 

私は、これまでシンデレラのお話を、素敵な王子様を見つけて結婚する、
という女の子の視点からのみ見ていました。 


けれど、映画の中では、王子様の苦悩も少し描かれています。 

一国を担う重責、怖さ、不安。 

王子様も人間ですからね、やっぱりそれは大変なプレッシャーの中で暮らしているんですよね。 

だから、女の子が素敵な王子様を望むのと同じか、もしくはそれ以上に、
王子様のほうも、素晴らしい伴侶を求めているんだろうな、と気づいたのです。 

これは、家庭でも同じことだと思います。 

旦那さんは、多くの場合、世帯主であるし、自分が一家の長だという意識がある
だろうと思います。 

また、なにより、妻と子供を養う、というか、不自由させない、
妻と子供を喜ばせたいという気持ちが本能的にあるもの

沼田さんのカウンセリングから学んだことです。 

その、王子様(旦那さん)が望んでいるシンデレラに、わたしがなれていたのか?!と思いました。 

自分の気持ちを押し殺すのではなく、まずは、旦那さんもシンデレラを望んで
いるのだと気づくことがすごく大事ですね。 

現状認識。 

じゃあ、現代の40代のシンデレラ(^_^)は、どういうものかというと、 


やっぱり、映画のシンデレラのように、「勇気を持って、優しさを忘れず」
希望を与えるような存在だと思うのです。 

というのが、映画を観終わるとしみじみわかりました。 

でも、無理にシンデレラになる必要はなく、 

まずは自分を大事にして、自分をいとおしむと、女性はみんな、
自然とシンデレラになれる、
というか、なっちゃうんじゃないかなって思います
。 


それが難しいんですけどね。
ついつい、自分の感情を押し殺したり、自分さえ我慢すればいいやって思ったり、
私のように、自分を責めたり。 


そこは、沼田さんの力を時々借りながら、頭や感情の整理をしていけたらありがたいです。 

去年と同じことを言っているかもしれませんが、おかげさまで私は少しずつ、
薄紙をはがすようにですが、変わってきていますよ。

旦那が変わってきたのがその証ですね。
 


お引越し、海外の場合は本当に大変ですよね。どうか、
沼田さんご家族の引越しがスムーズにいきますように。
ゆっくりでいいので、日本の基盤を築いたら、またカウンセリングをお願い
できたらと思っています。 


ブログを拝読するだけでも、元気が出ますけどね。 

今回もカウンセリングをありがとうございました。 

この方に掲載許可をお願いしたところ、快く承諾してくださるお返事をいただいたのですが、
そこにも、うなってしまうことが書かれておりました。

ちなみに私、まだ実写版シンデレラ、見ていないのですよ(TДT)
今回の帰国フライトで上映されているので、見るのが楽しみになりました☆

お返事の内容は明日のブログでお伝えいたしますね。 

掲載許可を頂き、本当にありがとうございました。 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる