なかなか変われない私の意見をきいてください!

沼田先生のブログは好きですが、なかなか変われないタイプの
クライアントさんから反感を買いやすい文章が多いなと感じてます。

やはり、外国語を覚えるのもお得意だしもともと素直でらっしゃるので、
愛されワールドへの移行がスムーズに出来た方なんだと思うんですよね。

そうすると、重症?のクライアントさんの扱いは難しいんじゃないかなあと。
先輩カウンセラーさんのアドバイスを受けてらっしゃって、ブログに書いても
いいことがあれば書いてくださったら参考になります。

「前回のブログにコメント頂きました。
お名前がありませんでしたので、どんぐりさん(秋ですね~)と呼ばせてくださいね。

「よくぞ、書いてくれました!」

と思った方もいらっしゃることでしょう。
どんぐりさんは、そんな方達に「ひかり」を与えた存在ではないでしょうか?
私だけが思っていたわけじゃないんだ~、と思われた方もいらっしゃるのでは
ないかと思います。

本当にコメントありがとうございます。

とくにお心遣いありがとうございます。
一見、批判的なコメント。
書くことに躊躇があったかもしれません。

>でも、沼田先生のブログは好きですが、
>もともと素直でいらっしゃる、

など、一生懸命傷つけないようにお言葉を選んでくださっていますよね。
嬉しかったです。

さて、ここからが本題です。

2,6,2の法則、耳にしたことあるかもしれませんね。

人が集団になった時、
2割が優秀で力を発揮するひと、
6割が可もなく不可もない普通の人、
残り2割が仕事ができない人、
という組織の割合を表した割合の法則のことです。

これを人間関係にあてはめる説もありまして、
2割の人に好かれ、
6割は特に何も感じていない人、
残り2割には嫌われる、
という人間関係の割合の法則のようです。

ブログも同じかなぁ・・と感じています。
全員、万人に受け入れられるブログを書くのは、ほぼ不可能、と私は思っています。
どうしても「反感を感じる2割の方」はいらっしゃるでしょう。
どんな記事を書いても。

そして
全員に受け入れられる記事=無難過ぎて心に響かない内容

だと思うところも私にはあります。

では、どんぐりさんの言葉をかりれば、「重症」の方、をバッサリと切り捨てているか、
といえば、私はそんなつもりはありません。

バッサリ切り捨てるつもりがあれば、どんぐりさんのコメントをここで紹介することは
いたしませんよ。

(今回は応援メールや励ましメールを載せずに、
こちらコメントを取り上げさせていただきました。
コメントを送ってくださった皆さま、本当に本当にありがとうございます
嬉しかったですよ!)

人が新しい思考を取り入れて、実際に行動に移していくこと。
とてもハードルが高いことです。
そう簡単に出来ないことの方が多いでしょう、きっと。

時間がかかるかもしれないこと、私は重々承知しています。
私も年単位かかりましたから。
いや、今も変化の途中ですけれど。(;´Д`)

本当に反感しか感じない方は、私のブログは2度と読まないでしょう。
「受け入れられない、この人!」って。

それはその人の選択ですから、私は無理やりひきとめることはできません。

でも、何だか「心に引っかかるな、このブログ」と思ってくだされば、
きっとまた読みに来てくれる。
だから私は伝える、何度も、何度も。


こんな考え方はどうでしょうか?
こんな考え方もありますよ。

って。

それは「信頼」をしているからです。
きっとこの人は「変わりたい」と思ってくれている。
きっとこの考え方で、この人は幸せをつかんでくれる。
今の私がつかんだように、って。

やるかやらないかは、その人にゆだねるしかありませんけれど。

私は自分の経験でうまく行ったことしか、伝えられないのです。
心理学の本を丸うつしして、
「このやり方は素晴らしい」とはとてもじゃないけれど書けない。
なぜならうまく行くのかどうか、自分で納得していないから。

納得していないもの、人にはお勧めできません。
美味しいかどうかわからないアイスを、「食べてみてよ!」とは勧められないのと同じ。

文章は一方通行でありますし、読み手の状況で受け取り方は様々。
同じ文章でも
「すごい!」と感じる人もいれば「ダメだ!」と感じる人もいます。

でも、「ダメだ!」と感じた人が「ダメな人」なのかといえば、そうじゃないんです。
ダメと感じる、大いに結構なこと。
そこにあなたの自我があることは、本当に大切なことです。

何にダメと感じているのか。
なぜここにダメと感じているのか。

自分にダメと感じているのか。
誰かを「ダメなやつ」と決めつけて、自分は「かわいそうな被害者」で
いようとしているのか。

だとしたら、それはなぜなのか。

それらを見て行くことがとても大事なことだと思うのです。

そこには心のパターンが隠れていることが多いから。
それを知るヒントがいっぱい隠されています。

そこには「どうせ自分は愛されるはずなんかないから、人生変わりっこないよ。」
という「心の傷」があるのかもしれない。

思い込みがあるのかもしれない

私はカウンセリングの時間、「ご予約を入れてくれたクライアントさまの
人生の大切ないただいた時間」だと思っています。

だから全身全霊でお話しをきかせていただく。

先輩カウンセラーの方のアドバイス、と書くとしたら、
この点ではないかと思います。

まるで小さな子供が「ママ、あのね、こんなことがあったの」
と言っているのを、
一生懸命お母さんが
「うん、うん、そうなの~」
ときくように。

それは本当ならば、あの時(子供時代)に感じて欲しかった
「あなたは生まれてきてくれただけで、愛されているんだよ」という
メッセージを心から納得出来るように。

これからももしもよろしかったら、
このプロフィールブログにお越しくださいませ。

お待ちしております。

PS
なんと永瀬玲子カウンセラーが東京感謝祭で、「変わる」をテーマにした、
講演を行います。
「変わりたいと願うあなたに届けます~3つの大切なメッセージ」

永瀬カウンセラーは、今まで多くの講演、そしてワークショップを
開催しております。
皆さんのお気持ちにきっとお答えできるカウンセラーです。

私もひよっこカウンセラー時代、
とても助けて頂いた方です。

是非上記のブログもクリックしてご覧になってみてください。
色々なブログ、講演、ワークショップなどで、皆さまが幸せになるヒントが
みつかりますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる