今の現実はあなたに必要なものを教えてくれる

あなたのパートナーの浮気が発覚した時。
あなたのパートナーから突然離婚を突き付けられた時。
あなたが職場でどうも人間関係に壁を感じてしまう時。
あなたが突然リストラされてしまった時。
あなたのお子さんが不登校になった時。

「なんでこんなことが

「どうしよう

目の前の現実にうろたえてしまうのではないでしょうか?

「なんで私にこんな現実がおこるわけ
「なんで人生って上手く行かないの

そんな気持ちに襲われるかもしれません。

私が過去カウンセリングをした方達が私にこう言ってくれることがあります。

「沼田さん。私、最初はなんでこんな酷いことが私に振りかかってきたのだろう?
って思ってました。
でもね、この出来事がなければ、夫婦関係を見つめ直すなんてことはしなかった
と思います。
夫がどんな気持ちだったのか・・・っと彼の立場で考えることなど、これっぽちも
心に浮かんできたことはありませんでした。
もしも夫がまた家族のもとに帰ってきてくれたら、今までとは全く違う夫婦関係を作れる
自信、あります。」

「子供がなぜ学校に行かないのか、正直焦りました。
今学校に行かなければ、この子の一生は修正がきかないものになってしまう!
そんなの困る!
そんな気持ちでした。
でも、今は違います。
あの不登校があったから、息子と私との関わり、夫と息子との関わりを考えるように
なりました。
そして、あの子の人生はあの子のもの。
私達はレールに乗せて引っ張るのではなく、あの子の生き方に耳を傾け、
そして見守って助けを求められたらいつでも助けるよ!という目線で
いつも待機してあげることが大切だと気が付きました。
ずっと私は息子に私が思う理想の生き方をこんなにも押し付けてきた・・
と今になって気が付きました。」

このような事をおっしゃり始める時期は、カウンセリングを始めて3カ月を過ぎる頃
らが私のクライアントさん達には多いものです。
でも、ここまで行きつくまでにも、クライアントの方達は葛藤に苦しんだりするんです。
「なぜこんな目に?私が全部悪いの?あの人が悪いんじゃないの?」
「なぜ苦しんでいる私が変わらなきゃならないのよ!?」
このような葛藤はきっと必要。
みんな簡単にいい子ちゃん的な対応なんてできないのが当たり前。
私に悲しみをぶつけてくる人。
45分ずっと泣き続ける人。
私に怒りをぶつけてくる人。
クライアントさんの数だけ、葛藤の仕方も様々。

最初は現実に起こった問題に驚く。
受け入れることに最初は戸惑います。
けれども、その後に私と一緒に問題に向き合い、
クライアントさんの心に向き合うことで、次第に
「この問題は私に今、必要なことを教えてくれている」
と言うことに気が付いていきます。
気が付くと人は行動を変えて行きます。
行動を変えると現実が変わっていきます。

本当に現実が変わっていくのですよ
私がカウンでリングをしていて、その事例をいくつか見ています。
本当にクライアントさんの力の大きさに、私、びっくりします。

あなたの現実に起こっていることには、必ず意味があります。
メッセージがあります。

そのメッセージを受け取ると、あなたは考え方をきっと変えて行きます。
もっと生きやすくなるでしょう。
あなたがもっと幸せに生きるために、今、必要なメッセージだからです。

今日もブログを読んで頂き、ありがとうございます。
良い週末をお過ごしくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる