小悪魔性を磨く(上)【アメブロ「恋と仕事の心理学」より】

隔週木曜にアメーバーブログ、「もっとラブラブに」を執筆しております。
その記事をこちらでも紹介させていただきますね。

今回の記事は「小悪魔性を磨く(上)」です。

恋と仕事の心理学


女性性のエネルギーには「女神性(母性とも言います)」と「小悪魔性」
があります。

女神性については、以前もブログでお話させていただきました。

あなたの中の女神性

を詳しくはご覧くださいね。

さて、「小悪魔」なんて言葉、男を手玉に取る、たぶらかす悪い女のような
イメージを感じる方もいるかもですが、ここでの小悪魔はそんな女性ではありません。
ちゃっかりしているけれど、どこか憎めないチャーミングさを持っていて、自分が
女性であることを100%認めて楽しんで、自分の魅力を存分に振りまいて
いるような
イメージ
を持って頂けるといいかなぁ・・と思います。

また、この小悪魔性を磨くということは、「若さを保つツール」にもなるように
思います。
杉本彩さんや、加賀まりこさんなんて、本当に年齢よりずっと若く見えますよね。
(アラフォーの私としては、こちらの理由も「小悪魔性」に興味がある
理由の一つです!)

恋愛初期にはこの「小悪魔性」が男ゴコロをそそっちゃったりします。
それはなぜでしょう?
答えは簡単。
なんと言っても「ワクワク感」があるからなんです。

この「ワクワク感」は男性が持っている「追いかけたい願望」に思いっきり火を
つけることが出来るんですね。

この「小悪魔性の磨き方」を今回と次回の2回に分けて考えていきたいと思います。

               

「小悪魔ちゃん」の特徴は当然ですが「男好き」であるということ。
男性と話すことも大好きならば、お出かけすることも大好き。
大好きなわけですから楽しそう話すことになりますし、楽しそうに男性との時間
を共有します。
一緒にいる男性は必然的に「僕といるときに楽しそう!こういうの、いいよなぁ。
と感じます。

そして、先の「追いかけたい願望」の心理作戦として、
「○○さんって本当におもしろ~い
「今度はゆっくり飲みに行きたいですよね。
とこちらから、ちょっとスキを見せてみても、こちらからメアドなど連絡先は
率先して教えない。
むしろ、「連絡先、教えてくれないかな?」と言わせることが効果的であったりし
ます。
それはなぜでしょうか?

「彼女がホイホイ連絡先を教えてくれた。」

よりは、

「僕が頼んで教えてもらった。」

としたほうが、男性には「追いかけたい願望」の達成感を味わうことができ、
苦労して手に入れたものは大事にしたいと思うもの。

私が結婚する前は携帯電話がなかった時代。
名刺交換して、その裏に相手の電話番号(それもイエ電の時代です)が書いて
あれば「やった!」と思い、書いてなければいかに誘ってもらえるか・・・
が勝負のような感じでした。

とにかくも「あなたと出かけたいかも・・・」という匂いを漂わせ、
後は「相手に最後のひと押し!」というところがありました。

ちょっと忍耐も必要ですねかお

そして、さらに付け加えたいのが、
「小悪魔ちゃんは華がある。」事が多い、ということ。

街で偶然芸能人に会った時。
「オーラが違う
と感じたことはありませんか?

芸能人の人たちって、どうしてあんなに「オーラ」が違うのでしょうか?

女性は「人目にさらされればさらされるほど、ドンドンきれいになる。」
ということがあげられます。
会社などの受付嬢もそうですし、コンパニオンのお姉さんもそうなのですが、
人の目を意識している人は、ドンドン女性として磨かれていきます。

人の目線は最高のエステと言われていますが、これは私も実感。

昔、私がCAをしていた時なのですが、入社してCAの訓練センターにいる頃は、
ちょっとやぼったい女の子だったりする人が、実際に飛行機に乗るようになって
先輩のCAや、沢山のお客さまの目線に毎日さらされるようになって、どんどん
きれいになっていく様を何度も見てきました。

人の目線シャワーを浴びるため、ドンドン外に人の集まる場所に出かけて
みると良いように思います。

さて、恋愛の現場において「親密感」はとても大事なキーワード。
相手との心理的距離感が近ければ、それだけ親近感を感じやすくなりますし、
「僕の事、もしかして好意的に思っているもしかしたらイケるか?」と男性も
声をかけやすくなるかもしれません。

この「親密感」をあっという間に構築してしまう方法に、

いきなり、あだ名で呼んでしまう。

というものがあります。

「○○ちゃん」や「○○ピー」などファーストネームにつけちゃったりすることが、
実は男性陣、「おいおい、なんだよその呼び方」などと嫌がってみたりするけれど、
結構内心喜んでいたり、「実は好感をもっている?」と意識してくれたり、効果は
テキメン。

私の知り合いの女性で「ひろしさん」のことをいきなり「ぴろし!」と呼んだ人
がいます。
彼は、最初とても堅い感じの方でしたが、その「ぴろし!」と呼ばれることが
きっかけで、とても打ち解けた感じになり、ハートをオープンにしてくれた感じ
になりました。

あだ名もそうですが、この「ファーストネームをアレンジした呼び方」は
インパクトがあるようです。おっけー

今、私も思い返すと「のぶりん」「まさぴょん」「しょうちゃん」「きょうたん」
など、それはそれは色々とファーストネームの文末に何かしらをくっつ
けて呼んでいましたね。ニコ

心理的な側面から見ると、このあだ名というのは、「○○さん」という公的な呼び
方とは真逆の、とても個人的なものであるからだといえ、心の深い部分で

「自分個人を呼んでくれている。」

という意識が生まれるからだと言えます。

さて、まだまだ「小悪魔性を磨くテクニック」を書きたいのですが、この続きは
次回のアメブロまでお待ちくださいね。

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます。
皆さまにとって良い一日でありますように

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる