男性が守りたくなる女性【アメブロ「恋と仕事の心理学」より】

隔週木曜日にアメーバーブログで書かせていただいています、「もっとラブラブに」をこちらでもご紹介いたしますね。

男性は「自分の大切な人」を守りたいと思う性(さが)を本能的に持っています。
女性がどのような考え方を持っていると、男性が「守りたいなぁ」と感じるのでしょうか?

今回の記事は「男性が守りたくなる女性」です。

恋と仕事の心理学

日曜の公園での昼下がり。
小さなあかちゃんがベビーカーの中で気持ちよさそうに眠っている。
その様子をみて、女性の皆さんは、
「あ~、かわいい赤ちゃんだなぁ・・
と感じる人が多いように思います。

小さなトイプードルがてこてこ歩いている。
そのわんちゃんが見上げた瞬間、目があった!
「きゃ~、かわいいぃぃ~!
と、女性は感じたりしますよね。

女性は小さきもの、愛らしい表情をした赤ちゃんなどに「かわいい~」と
感じる本能が備わっています。
これは、女性性の中の母性、「育む力、産み育てる力」がDNAの中に組み込まれて
いるからでしょう。

一方、男性は女性ほどこの「かわいいぃ~!」の反応はないようです。

けれども、男性が「かわいい!」と感じる人たちがいます。
それは自分のエリア内に存在する人、「俺のという形容詞がつく人たちです。

「俺の子供」「俺の女」「俺の愛車」←(これは人ではなかったですね。)


女性性が「育む性」
であるとしたら、男性性は「自分のエリアにいるものを守る性」
であると言えます。
百獣の王ライオンも、オスが立派な鬣(たてがみ)をなびかせて、自分の群れを守り
ますよね。

心理学で
「自分で自分を扱うように、周りのひともあなたを扱う」
という言葉があります。

自分自身を大切に扱っている人は、周りの人をもきっと大切に扱っているでしょうし、
結果、周りの人もあなたを大切に扱ってくれます。

「私は彼に(夫に)守られているなぁ。」
と認識すると、彼の「大切な人を守りたい男の性(さが)」が反応します。
それは、あなた自身の無意識の言動に「彼に守られているな」という気持ちが顕著
に表れるからです。

これと真逆な考え方に「競争意識」があります。
人間誰しも競争している相手に「守ってあげたい」とは思わないですよね?

「女性と男性は対等なんだから、あなたが他の女の子と飲みに行くのなら、私も
男の子と飲みに行ってもいいはずよね

「あなたも私も同じ親なんだから、ゴルフなんかに行ってないで、あなたも子育
ての時間、半分持ってもいいはずよね

「男女対等なんだから、私にも主張する権利はあるよね

とっても言っていることは正論。
私も遠い過去、よく口をついて出てくる言葉でした。

そして、わが夫をドンドンげんなりさせていく言葉だったようです。
「守ってあげたい」気持ちのテンションが急降下だっただろうなぁ・・・と
今にして思えば納得です。

「他の女の子とのみに行くな」「休日ゴルフに行くな」と禁止をするのではなく、
「守られているな」と認識している女性なら、
「他の女の子とではなくて、私と一緒に飲みに行って欲しいよぉ。」
「ゴルフに行きたい気持ちも凄くわかる。(一旦共感)子育てもお願い。」
と行動の促しを自然に出来るようです。

これは男女関係ももちろんなのですが、人間関係全般にも言えること。
「禁止」されると反発したくなりますが「行動の促し」ですと反発はそれほど
感じずにすみます。

例えば、

「嘘つかないでよ」⇒「本当の事を言って欲しいな

「怒らないでよ」⇒「やさしく言って欲しいな

「時間に遅れないでよ」⇒「早めに来てくれるとうれしいな

「部屋を汚すな」⇒「お片づけしてくれるとうれしいな

「他の女を見るなよ」⇒「私をちゃんと見てね

こんな感じです。

             

我が家は息子が2人に夫と、男性3人に私女性が1人の構成。
旅行に行くと、だれーも私にスーツケースを持たせません。
荷物は力のある男性が持つもの。
女性のママは何も持たなくていい。
ありがたい、何とも頼もしい男性達です。

我が家が特別??と思いきや、
私は子供たちに英語を教える仕事もしているのですが、幼稚園生や小学生の男の子
達も、みえ子先生には重い椅子は運ばせないよ!っと小さな体で椅子を運んでくれたり
するのです。

男の子は小さなうちから「女性を守るもの」というDNAの声に従うのかな~っと
思わずにはいられません。

そしてこのような言葉を発していると、潜在意識にも「守られている女性」が刷り込
まれて、基本的な姿勢も変わり、男性が「かわいい女性だな」と感じやすくなてきます。
この男性から見た「かわいい女性」という感覚、男性が「守りたい!」という男性特有
の意識をくすぐる様です。

そして男性達の行動に
「本当の事を言ってくれてありがとう。
「私をちゃんと見てくれてありがとう。
っと感謝の気持ちは伝えると、さらに男性はこの意識を高めてくれ、お互いに良い
エネルギーが循環します。

男性が感じるこの感覚、是非女性が大切にしてみてはいかがでしょうか?

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。
良い一日になりますように            

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる