自己嫌悪をありがとうに変えると、世界は広がる〜昨夜のライブ配信体験で学んだこと〜

昨日は初の「ニコ生ライブ動画配信」の経験をさせて頂きました。

ご視聴頂きましたみなさま、本当にありがとうございました。

沢山のコメント、ご質問も本当にありがたかったです。

でも、昨日は終了してから「あ〜、もっとゆっくり話せばよかった、、」「最初の出だし、フライングしてしまった、、」(平学長の「では沼田さん、どーぞー!」のGoサインの前に、ペラペラ勝手に話し出そうとしてしまった(滝汗))などと独り反省会にハマっていました。

でもここで止まってしまうと、せっかくの成長が止まってしまいがち。それはそれはモッタイナイ!

しかしながら私たち、つい「自己攻撃のドツボ」にはまってしまいやすいのですね〜。あなたはどうですか?

いつもありがとうございます、カウンセリングサービスの沼田みえ子です。

目次

自己嫌悪と罪悪感

私たちは「あ〜、自分サイアク!!」と思ってしまう自己嫌悪と、「またこんなことをしでかしてしまった!ヤバイぞ、まずいぞ!!」という罪悪感を感じること、日常で結構な確率で感じるのではないでしょうか?

この気持ち、感じたくはない気持ちですが、実は「頑張り屋さん」が感じやすい感情なのです。

「もっと上手にやりたいのに」

「最高のものを提供したいのに」

「もっと役に立ちたいのに」

「もっと楽しんでもらいたいのに」

これらのセリフの後に、できなかったー!!が続くと、罪悪感や自己嫌悪を感じちゃうのですよね。

上記のセリフの「のに」を消すと

「もっと上手にやりたいのに

「もっと最高のものを提供したいのに

「もっと役に立ちたいのに

「もっと楽しんでもらいたいのに

と、例えば「最高のものを提供したい」、つまり「愛」が残るのです。

あなたは「愛」が大きいからこそ、自己嫌悪や罪悪感を抱いてしまったのかもしれませんね。

「愛」が大きいことは素晴らしいことなのですよ〜!

自分ではなく、外に目を向けると愛が見える

そうは言っても、昨夜のライブ配信が終わって、私はちょっとの時間だけ自分にしょんぼりしていました。

「あぁ、平社長に言葉を被せてしまった、、」

「私のあの一言は余計だったかも、、」

「Q&Aの私の答えの説明が長すぎたなぁ、、。もっと簡潔にズバッと言えばよかった、、」

などとぐるぐる考えていたのですが、もう一度配信を見直してみると、平社長は、私の取りこぼした言葉をちゃんと拾ってくれていたり。

私の余計な一言にも、ちゃんとリアクションしてくれていることを発見。

配信冒頭で私が勝手に話し出そうとしたのを優しく「今じゃないよ」と伝えてくれ、改めて「ではみえぽん張り切ってどうぞー!」と愛を込めてアクションしてくれたシーン。優しいね、社長!!

動画生配信時間内には、なかなかコメントに目を通す余裕が取れなかったのですが、放送終了後に改めてコメントを見直すと、みなさま色々と書き込みをしてくださっていたのですね、、。

事務所スタッフのコメントの中にも「クスッ!」と笑えるリアクションが書き込まれていたり。

多くの人に支えていただいているんだなぁ、、と改めて周りにある「愛」に気づけて、すぐに復活できました。

ありがとう、おかげさまで、世界は広がる

自己反省の「内側に目を向ける世界」だけだと、恐れでいっぱいになり、もう一度挑戦することが怖くなって現状維持を選びたくなります。

でも、「外の世界」つまり周りの人の愛に気がつけると、恐れはスッと無くなっていくのですよ。本当に不思議なくらい。

なので、またこういった新しい未知の分野のお仕事があったら、また是非挑戦してみたいな〜と思いました。

「人は成功からは学べない。失敗からしか学べない。」

という言葉をどこかで聞いたことがありますが、まさにそうだよな〜と感じます。

縁談と仕事は、人が持ってくる、と言われています。

仕事の世界、パートナーシップの世界はどれも人を介して広がりを見せます。

是非是非周りの人たちの愛を「ありがとう」「おかげさまで」と受け取って、恐れることなく世界を広げていけたらいいな〜と私は思っています。

あなたもそんな世界で生きてみたいと思いませんか?

きっととっても生きやすい世界だと、私は思いますよ。

沼田みえ子のOnLine恋愛心理学講座
「セックスのお話」


日時:2021/2/27(土) 19:00〜20:50

料金:一般 4,400円
   神戸メンタルサービス会員 3,300円


申込期限:2021/2/26(金) 15時まで

>>講座内容はこちら<<


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる