彼や夫を男として見られない

結婚当初は夫のことが大好きなはずだったのに、、。

いつからか夫が男性として見られなくなっていった。
今じゃ、正直触られるとめちゃめちゃ嫌悪感を感じる。

もちろん家族のために働いてくれていることには「ありがたい」と思う。
でも、もうそういういわゆる男女の関係はしたくないし。
ただの同居人、、という感覚に近いかな。

なんだかこれで良いのかな~と感じたり、
このまんま女性として終わっていくのも、なんだかな~とも思うのだけれど、、。
2016-03-17_163708

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

こんなご相談、結構多いのですよ。

これ、旦那様が「メタボになった!」「髪の毛がうすーくなっちゃったから、、」
という外見がおじちゃんになっちゃったから、、という理由よりも、もっと別のところに理由があることが多いです。

それは、、

夫に怒っていませんか?

ってこと。

大抵、怒りが心の底にあることがほとんど。

「子どもが小さい時、育児手伝ってくれなかったじゃん!」
「私が寂しかった時、その気持ちをわかってくれなかったじゃん!」
「私が辛かった時、寄り添ってくれなかったじゃん!」

などなど、もう怒りがどんどん蓄積されて、その怒りさえもう自覚ができないくらい、長い年月、その気持ちを抱えてきたとき、この

夫を男として見られない

現象が起こるのですよ。
嫌いになって、関係性に諦めを持たないと「わかってくれない」悲しみを感じてしまうから。
そんな悲しみを無意識に回避しようと、心が防衛してくれているのですね、、。

こんなご相談には、まずセラピーなどを用いて、怒りを手放していくことに取り組んでいきます。
色々ありますが、その一つをご紹介すると、、

昔々に怒りを感じてきた瞬間瞬間のあなたに出会い、旦那様に伝えたかった想い、わかって欲しかった感情を拾っていきます。

そしてその気持ちを大事に大事に扱ってあげる。
両手で受け取って、綺麗な箱に一つずつ丁寧に入れていってあげる。
そしてそれを大いになる力の象徴(神様だったり)に受け取ってもらう。

そんなことをして、あなたの怒りを手放していきます。

こころの中に怒りが大きくなっていると、愛を感じにくくなっちゃうのですよ。
わかってくれなかった悲しみが、大きすぎるから。

でも、怒りをドンドン手放すことができると、もう一度ロマンスが手に入ります。

私達夫婦が今、とってもラブ☆な関係でいるのは、その過程を経てきたから。
そして同じように幸せになって行かれたクライアント様も何人も見てきました。

だいじょうぶ、だいじょうぶ、
あなたにもラブラブなパートナーシップ、取り組んだ分だけ手に入りますよ。
自信もってね。

年内のご予約できる面談枠は

19日(水)13時 19時
22日(土)10時 13時 16時 19時
23日(日)10時 16時 19時

のみとなりました。この後2週間の冬休みを頂き、間があいてしまうので是非年内の上記枠をご利用くださいませ。 


↓ 満席となりました下記の講座、ただいまキャンセル待ちを絶賛受付中!!
まだ開催1か月以上先の講座ですので、キャンセルも出る可能性が十分あります。

是非ご興味のある方、下のキャンセル待ちフォームよりお申し込みくださいね~。

>>講座の詳細はこちら<<

>>キャンセル待ちフォームはこちら<<

 沼田みえ子の心理学ワークショップ 

「年齢なんか怖くない!いくつになっても素敵なあなたでいるヒミツ、教えます☆」

日時:2019年1月19日(土) 13:30~15:30
料金:3240円
会場:TKP上野駅前ビジネスセンター(⇒MAP
交通:JR上野駅広小路駅口から徒歩2分、東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅2番、3番出口から徒歩1分。
参加条件:18歳以上の方。ただし2歳未満のお子様に限り同伴可能です。

>>キャンセル待ちフォームはこちら<<

vOrMPkg_clL6iFi1541976647_1541979012

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

沼田みえ子のアバター 沼田みえ子 心理カウンセラー

1968年4月横浜生まれ。夫婦関係、恋愛問題が得意。

JAL国際線CAとして世界中の空を飛んだあと横浜ー大阪と2年半遠距離恋愛だった彼と1994年に結婚。離婚の危機にあった夫と夫婦再構築の時に心理学を知る。2012年よりカウンセリング活動を開始。カウンセリングだけではなく、講演、心理学ワークショップの講師など精力的に活動しています。

目次
閉じる